2021/1/4

EOS R6で初撮り  駅旅

新年最初の撮影は、新規購入しましたEOS R6の慣らし撮影で、会津方面に少しだけ出かけてきました。
世間では出かけちゃいけないと言われていますが...、もちろん密集はありませんし、人との接触は最低限(コンビニの店員さんとホテルのフロントさんくらい)。

ミラーレス機自体はこれまでも使ってはいましたが、フルサイズ機は自身の機械として持つのは初めて。ちなみに、EOS R6に関しては、少しだけ触って、感触が良かったので導入してみました。それと、RF100〜500ミリF4.5-7.1 L IS USMがほしかったのも大きな理由。
今回、RF24〜105ミリF4-7.1 IS USMのキットとともに導入です。

で、その感触は……というと、今までとあまり変わらない!? 

強いて言うと、ボタン&ダイヤルの配置がかなり変わってまごついたことと、セッティング項目が多すぎることが気になりました。(これぞというセッティングにするのに1日かかってしまいました)
ともあれ、自分の撮影に合わせた形でカスタマイズができたので、2日目の昨日は、ボタン&ダイヤル操作(と、結局、まごついたのはアナログ的なこと)以外は、スムーズに撮影できました。

そしてEVF。これは個人的に前からナノですがEVF自体が見にくくて嫌い! 理由はいざというときにすぐにフレーミングできない(電気を入れないと表示されない、余計な表示が多すぎ、シュミレーションにしていると細かな部分まで確認できない、カクカクした動作、等々)
→頻繁に変えそうなのでマイメニューに「シュミレーション入切」と「明るさ調整」だけはを登録しました...。

良かった点は……、
バリアングルモニター...ですけど、これは前から使っているカメラにもあって、フルサイズ機として初というくらい...。

レベルが違うと感じているのはAF(実は、これを気に入って買ったといっても過言ではないです)。下の鳥の写真。何も考えずお任せAF(サーボ+追尾モード)で飛んでいるコガモにピントが合っているのだから驚きでした。

ということで、結局長々と書いてしまいました...。
初撮り時のカットです!

クリックすると元のサイズで表示します
JR只見線の会津高田駅でイルミネーションを撮影。夜、暗い中で撮影しているとボタンの配置でまごまご状態でした...。

クリックすると元のサイズで表示します
一番手前を飛んでいる小ガモにバリピン! 驚きの追尾AFです!
(ですが、鉄道を追いかけると、架線柱や駅の窓枠やらかなり冒険してくれます...→かなりカスタマイズしないとだめそう)
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ