2013/5/21

竹秋  駅旅

今日は昨日の雨上がりでよく晴れたので、午前中だけと思い、北近畿タンゴ鉄道へ。もともと京都地方は竹が多く植わっているのだが、ちょうど今頃になると、竹は黄色く色付き、緑の中でいっそう映えるのだ。俗に「竹秋」などとよばれている。
写真は、下天津駅。田植えが終わった後の田んぼに黄色の竹が美しく写り込んでいた。

ところで、今回の取材の最大の誤算は、名神高速の集中工事。行きは通行止め(大津〜吹田間が20:00以降通行止めになります!←行かれる方はご用心!)で、新名神→京滋バイパス経由になったし、今日は車線制限による渋滞を避けるため、若狭の方を経由して帰ってくるはめに...。おかげで家に着いたのは今さっき。

ちなみに、敦賀ICから長野(更埴JCT)経由で家に帰ろうとすると、北陸道経由も名神・中央道経由もほぼ互角の距離。岡谷ICから和田峠を経由して佐久へ抜けるのがショートカットで最短。ということで、敦賀から米原経由で小牧JCTへ。

もう一つおまけのちなみに、小牧JCTから最短で我が家まで385キロ!福知山から家までの今日のトータル運転距離は600キロちょい。
さらにちなみに小牧JCTから家まで東京を経由するより長野の峠を越えた方が60キロくらい近いのだ...。ちなみに更埴JCT経由だと東京周りととんとん。


クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ