2013/6/26

偶然であった!  

根府川の山中で出会ったヘビトンボ。アミメカゲロウというのの仲間で、いわばカゲロウだと思ってもらえばよいのだが、ビックリするのはその大きさ。約5センチ。飛んでいるときはいざ知らず、留まって見れば、知らなければ何という得体の知れない生きもののように見えてしまう。ちなみに、アリ地獄が成長するとウスバケゲロウとというのになるのだが、それと同じ仲間。さらにちなみに、ヘビトンボの幼虫は川の中に住んでいて、別名がカワムカデ。
で、さらに、この虫。別名が孫太郎虫といって、疳の虫(かんのむし)に効く漢方薬としてその昔は重宝されたんだとか。さらに調べてみると、長野のとある地域では幼虫をザザムシとかいって食用にするんだとか。
そう考えると、かわいそうな虫なんだな〜〜。

何度か飛んでいるところは見たことはあったが、写真で撮るのは初めてだ。

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ