2006/4/22

能登鹿島駅  駅旅

撮影会の下見のあと、1日だけ休暇を取って駅訪問に出かけた。今回は、路線の大部分が廃止になってしまった、第三セクターの能登鉄道。その中に、名物になっている駅があるので、そこを目指すことにした。駅の名は
「能登鹿島駅(別名さくらの駅)」
その名の通り、駅のホームにはさくらが植えられ、さくらのトンネルの中を列車が進入してくる...。が、その雰囲気も木に取り付けられた提灯、駅前の露天商、そして物見遊山の客客客が崩してしまっている。これでは、写真的には、存在価値半減以下である。
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、ひとつ手前の「西岸駅」こちらの方が、私は好きである。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ