2020/10/28

秋の東北  駅旅

秋本番を迎えつつある東北へ、足早に出かけてきました!
今回は、岩手、秋田を走る3つの第三セクター鉄道を巡って来ました。
とはいえ、行程は4日間。そのうちに移動もあるので、かなり足早な行程になってしまいました。
しかも、天気にも振り回されっ放し。冬型に気圧配置となり流れる雲が気まぐれで、晴れたり曇ったり。満足のいく光線状態で撮影できたのがなかなかなく、ちょっと消化不良な4日間でした。

クリックすると元のサイズで表示します
三陸鉄道野田玉川駅。ホームから太平洋を望む駅です。ですが、列車とは一緒に撮りにくいのが難点。ちなみにこのあと列車が来たタイミングで雲が湧いてきてどん曇りに……。

クリックすると元のサイズで表示します
IGRいわて銀河鉄道の御堂駅。ご立派なサクラの紅葉に日が差してくれました!でもこの位置からでは列車は見えません……。

クリックすると元のサイズで表示します
秋田内陸縦貫鉄道の岩野目駅。待ちに待って一瞬だけ日が差してくれました! 昼間1〜2時間に一本程度ではなかなかタイミングはありません……。(反対側はこれだけ晴れていても私の背後には真っ黒な雲が控えているんです)

1

2020/10/22

ひのとりを  駅旅

今日は、いつもとは違ってどちらかと言うとらしくない写真です。
先日、三重に出かけた際に、近鉄の新型特急ひのとりを狙ったものの、なかなかいい場所が見つからず、とりあえずは形式的な写真を撮ろうと、榊原温泉口駅に行った際にホームから列車を狙いました。

ちょっとらしくないですがたまには...


クリックすると元のサイズで表示します
榊原温泉口駅。ポイントは、駅舎脇のイチョウなのですが、ちょっと離れすぎていて...残念。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは、鳥羽行きの特急をバックショットで...

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが特急ひのとり。実物を見るとなかなかの赤さで、運転手さんの白いマスクも目立つほど。
0

2020/10/20

雨の鶴見線  駅旅

雨でしっとりと濡れた鶴見線安善駅。
昔はもっともっとたくさんの列車があったこの駅も、最近はめっきり数が少なくなったのか、とても静かな雨の降る午後を迎えていました。

クリックすると元のサイズで表示します
かつて、都会の周辺には工場地帯がありました。
今もその一部が残るものの、最盛期と比べるとひっそりと静まりかえったこの雰囲気に、侘しさを感じずにはいられませんでした。
0
タグ: 安善駅 鶴見線 

2020/10/17

懐かしい雰囲気が残る駅  駅旅

日本民家園に撮影実習に出かけた帰り、天気も良くなったので小田急線の何駅かを訪ねました。そのうちの一つ、読売ランド前駅を紹介してみようと思います。

近年、橋上かされる駅舎が多い中で、いい意味で時計が止まったかのような雰囲気を残す、小田急小田原線の読売ランド前駅。ホームの脇に広い階段があり、そこに出口(駅舎)がある。よみうりランドへ向かうたくさんの人がここを使ったことがよく分かります。

その昔は西生田駅だったそうで、1964年の読売ランドの開業により名称を変更したそうです。
読売ランドは1968年によみうりランドと改名されていますが、開業当時の名残で駅のほうは「読売ランド」前なんですね...。

そして、駅を降りて目に付くのが、茅葺きの民家です。
新宿から25分足らずの所に、まだ、現役の茅葺きの建物があるとは驚きです。

クリックすると元のサイズで表示します
アーチ型の階段が目を引く読売ランド前駅。

クリックすると元のサイズで表示します
ホームのすぐ脇に茅葺きの民家があるなんて...
その前に実習で出かけていた日本民家園の続き???と思ってしまいました。
0

2020/10/15

トキ鉄で地形にときめき!  駅旅

今日は、自身9社目で訪ねたえちごトキめき鉄道を改めて紹介します!

「妙高はねうまライン」と「日本海ひすいライン」の2路線を運行する同鉄道は、北陸新幹線開業に伴って第三セクターとして生まれ変わった鉄道です。

山を行く「妙高はねうまライン」と海を行く「日本海ひすいライン」...と思いきや、実は、このあたりはフォッサマグナと呼ばれる、日本列島を大きく2分する地形的に言うと大きな裂け目(とはいえ山あり谷ありといった場所)です。
ということもあり、海沿いとは言っても山が海岸線まで迫り、山を行く妙高はねうまラインよりも、むしろ海を行く日本海ひすいラインの方がトンネルも多く、山のような雰囲気なのです。
筒石駅もそんな事情から地上から約40メートルも下にホームがある状況。

ですが、だからこそこの鉄道の沿線には名湯があったり、地形的に面白いところが直で見られたり、あるところでは海岸にヒスイが落ちていたり...。なかなか地形的には面白い鉄道なのです!

ということで、こちらの記事も見ていて下さい!
https://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/feature/CO047212/20201009-OYTAT50168/

クリックすると元のサイズで表示します
改めて、トキ鉄の鉄印!期間限定テーバーションだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
有間川駅辺りでは車窓にも日本海が見られます!

クリックすると元のサイズで表示します
一転して地上から約40メートル下にある筒石駅のホーム! 

0

2020/10/14

鉄印帳の旅〜15社目 くま川鉄道編です  駅旅

自身第14社目の北条鉄道の旅は、ちょっと飛ばしまして、改めてご案内します!

そして、今日は自身15社目の鉄印、「くま川鉄道」の紹介です!

くま川鉄道は、熊本県人吉市の人吉温泉駅と湯前町の湯前駅を結ぶローカル線です。
「くま川」と聞いて、ピン!ときた方もいるとは思いますが、先般の九州豪雨で球磨川が氾濫し浸水した人吉盆地を走る鉄道です。

その日、徐々に浸水する様子がネットで流れていてとても心配していましたが、現在も浸水被害で不通になっています。
私自身は、直近で、2019年春に、南阿蘇鉄道と共に訪ねた場所でもあり、なんともいたたまれない気持ちでいるところです。(南阿蘇鉄道も熊本地震からの復旧の取り組みをしているところ)

で、鉄印帳に話を戻すと、この「鉄印帳」の発案者こそ、同社の社長である永江友二さんなのです!これからというときに災害が起き、今はとても大変な状況。

そんな中ではありますが、ネット販売という形で鉄印の販売を行っています。
https://www.kumagawa-rail.com/%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/%E9%89%84%E5%8D%B0%E5%B8%B3%E4%BC%81%E7%94%BB/


ということで、今は列車に乗りに行くことは叶わないのですが、またいつか列車になれるようになることも願いつつ、15社目の鉄印としてGet致しました!本日郵送にて到着です!

鉄印帳に関してはこちらもぜひチェックしてください!
https://www.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/feature/CO047204/20201009-OYTAT50117/

クリックすると元のサイズで表示します
オリジナル定規+廃札硬券5枚セットを購入しました!
本来であれば実際に行きたかったのですが...


クリックすると元のサイズで表示します
同封されていた同鉄道の肥後西村駅の写真にちなんで!?私が2019年に撮影した肥後西村駅の写真です!

0

2020/10/14

鉄印帳〜井原鉄道の旅  駅旅

智頭急行を回った翌日は、井原鉄道へ。
これまで一度も訪ねたことがない鉄道の一つでもあったので、このタイミングで是非ともいっておきたかったのが理由です。

高架区間が多く、撮影には苦労する面もありますが、兎にも角にも全駅訪問して、走行写真も撮り、ハートマークの可愛い鉄印もゲットしました!

お知らせです!
鉄印帳事業に参加する40社の沿線の魅力を紹介するサイトが、読売オンライン上に出来たそうなので、旅に出る前にぜひ参考にしてみて下さい。
(こちらを見て、旅にいかれるのもいいと思います!)
https://www.yomiuri.co.jp/feature/titlelist/%E9%89%84%E5%8D%B0%E5%B8%B3/?=tile


ということで写真です
クリックすると元のサイズで表示します
効果を行く普通列車。この日は一日中雨やくもりでしたが、この前後数十分だけは少し日が差してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
駅的にはなかなか絵にしにくいカ所が多いのですが、この備中呉妹(くれせ)駅は、駅前が田んぼ、背後が山で、少しいい感じでした...。朝日が出たらもっとキレイなのに...

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、列車にも乗車して、先日紹介しましたがハートの鉄印ももらいました!


0

2020/10/11

鉄印12社目  駅旅

自身12社目の鉄印は、智頭急行です。若桜鉄道を訪れる行きと帰りに乗車しました。
智頭急行は、岡山・姫路方面と鳥取方面のバイパス的な路線であるため、JRからの乗り入れ特急が走っています。
今回は、行きも帰りもスーパーいなば。JR西日本が投入した制御付自然振り子装置を搭載したキハ187系が使われています。(187系に乗るのは初めてかもです)
高速化が目的であることもあり、智頭急行自体は高速走行に堪えうる軌道でできていることもあり思いのほか速く、智頭〜上郡間が約1時間でした。

沿線には、ピンク色をした「恋」が付く恋山形駅や人名がそのまま駅名になっている宮本武蔵駅などちょっと面白いところもあるのですが、今回は移動目的だったので、その辺りはパス!。

ということで、足早な智頭急行の旅です。

クリックすると元のサイズで表示します
智頭駅。背後になんだかいい雲があるのですが...。

クリックすると元のサイズで表示します
187系スーパーいなば。個人的にはこのデザイン嫌いではありません。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、上郡駅。この日は姫路を拠点に動かねばならなかったので、岡山行きのスーパーいなばではなくここからは普通電車での移動です。
0

2020/10/8

日本鉄道風景地図鑑  

今日は、新刊のお知らせです!
平凡社より「日本鉄道風景地図鑑」という本が発売されました!
人気鉄道写真家の中井精也さんと、ちょっと少なめですが私めが撮影した日本全国の美しい鉄道風景写真を全国の地形路線図とともに綴った1冊です。

少しづつではありますが、旅にも出られるようになってきました。
ぜひ、この本を参考に全国の鉄道を旅してもらえれば嬉しいです!

詳しい内容はこちらから↓
https://www.heibonsha.co.jp/book/b528601.html

Amazonからも購入できます!
https://amzn.to/2I0ELha

クリックすると元のサイズで表示します

絶景貨物鉄道カレンダーの方も引き続き販売中です! 

https://amzn.to/2F9E18o

宜しくお願い致します!

1

2020/10/7

煙もくもく  駅旅

締め切りモードに突入し、がんじがらめの1週間。毎月のこととは言え、これが結構辛い。どうしても旅に出たくなる。幸いなのは、あまり晴れていないこと。

ということで、晴れた日の若桜駅の写真を眺めて旅に出た気分に。
ちょうど良い感じで雲がなびいていたので、煙突から煙が出ているかのように狙ってみました!

クリックすると元のサイズで表示します
若桜鉄道若桜駅を訪ねたこの日は、爽快と呼ぶに相応しい快晴でした!(もっと時間が欲しかった〜)
2
タグ: 若桜駅 SL 鉄印帳



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ