2020/6/18

サツキツツジ  駅旅

少し自粛要請も緩和されたので、様子を見ながら岩手・秋田県の方面に2ヶ月半ぶりの本格撮影取材に出かけました。
目的は三つ。東北本線を北上しながらの撮影の続き、秋田県内で撮影を残していた奥羽本線の駅と男鹿線の撮影、そして見ごろを迎えたサツキツツジ絡みの撮影です。
この間福島に行ったとは言え、ロングランでの撮影は久しぶりと言うこともあって、やはり疲れました。

さて、東北新幹線水沢江刺駅の周辺は南部鉄器の産地で、駅前にもそれに関連するオブジェがあります。そして、サツキツツジの植え込みもキレイで満開。撮影には邪魔なタクシーたちはこれに隠れて頂いて、駅舎とともにサツキツツジの海に浮いてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/6/16

駅の住人  駅旅

駅にも、いろんなものや人が暮らしています。
JR男鹿線の脇本駅では「わるいごはいねげぁ〜」となまはげが乗客を待っていました!

クリックすると元のサイズで表示します
2か月半ぶりの遠出の取材は秋田県へ。秋田県の旅客駅すべてコンプリートしました!
3

2020/6/11

存在感  その他の写真

今回もお知らせから...

まず、読売カルチャー宇都宮で開講予定していました風景写真ステップアップ講座は、ちょうど緊急事態宣言などと重なり体験会を延期していました。
ようやく体験会からスタートと思っていたのですが、募集が思うようにできず、10月くらいを目処に改めて募集をして行くこととなりました。
既に応募いただいていた皆さま誠に申し訳ございませんでした。
改めてご案内したいと思います。

7月に開催予定でした栃木YPCの写真展セミナーですが、こちらは残念ながら写真展に開催中止に伴い、ご案内することができませんでした。

と、新しい生活様式とかなんだで、とにかく人の動きが今までとは変わってしまい、要らないところに人は集中し、本来人が動いて欲しいところには人の動きがなく(というか、色々と規制がまだまだ解けない感じで)、何だかなーといった感じです...。どう動いていいものかみんな悩んでいる感じなのでしょうか。地方では、列車や駅、宿泊施設などはガラガラです。

その一方で、以前はほとんど人のいなかった栃木の某観光地では車とバイク(自転車も含む)でいっぱい...。しかも、東京方面から。いったいどうなっちゃたんでしょう……。

で今回の一枚は、先日取材で乗った会津鉄道のカット。このときは、わずかですがほかにも旅行者らしき乗客もいましたが、それでも少ない感じでした。
取材では車窓風景を撮っていたのっですが、ちょっと引きすぎ、露出がアンダー過ぎて、妙に料金表が目立ってしまったカット……。(失敗とも言えないのですが、誌面では使えそうもないカット)

クリックすると元のサイズで表示します
ですが、この大きさだとあまり目立ちませんね...。
1

2020/6/9

いつもの直線  駅旅

今日は、お知らせから。
COVID-19感染拡大防止に伴い、私が担当する写真講座などが中止になっていましたが、
下記の日程で再開されることとなりました。

●よみうりカルチャー大森:6/22<鉄道のある風景写真講座を再開します>
●よみうりカルチャー宇都宮:6/16<延期になっていた体験講座を開催するそうです>
●大人の休日倶楽部「楽しく学ぶ写真講座」:6/25・26〜<特別講座を募集します>

残念ながら、新規の方への募集は、よみうりカルチャー宇都宮の写真講座のみとなってしまいます。
講座を受講して頂いた皆さまは、案内が行っていると思いますので、ぜひご参加いただければと思います。
新規の募集についても、今後、決まり次第ご案内できればと思っております。

さて、撮影にも出られるようになってきたわけですが、昨日は雑誌校了日ということで、いつもの直線へ。
JR東北本線は、たくさんの貨物列車が走っています。
ということで、その貨物列車を撮ろうと、雑誌の付録についていた機関車運用表から時刻を編み出して、最近撮影に行ってみてるのですが、やはりドンピシャ!とはいかず、きちんと貨物時刻表とかを買って調べないとと痛感しているわけです。

兎にも角にもEH500<金太郎>を撮影。しかし、その他を撮ることはできませんでした...。
(時間が違うのか、たまたま運用がなかったのか……)

ちょうど近くで栗の花が咲いていて、ヒロオビトンボエダシャクがたくさん飛んでいたので、結局、そっちを撮るのに夢中になってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
いつもの直線にてEH500金太郎を狙ったもの、撮れたのはこの1列車。

クリックすると元のサイズで表示します
栗の花にやって来るヒロオビトンボエダシャク。尺取り虫が幼虫の蛾の仲間です。なんとか唯一撮れた飛翔写真です。

1

2020/6/5

久しぶりの泊取材  駅旅

一昨日、昨日と、約2か月ぶりに県外取材に出かけてきました。
しかも、泊ありで取材に出かけるのは、今年はこれが3回目(異常に少ないです)。2月18日・19日以来なので、泊り取材に関しては実に3か月半ぶりと言うことになります。

COVID19によるさまざまな影響によって、急にいろいろなことが変化してしまい、以前の日常は取り戻すこと(戻ること)ができないのかな……と思い、そこにかなりのストレスを感じています。そんな中、以前と同じとはいきませんが、取材に出かけられたのはとても楽しく、ほんの少しだけですが気分が晴れた気がします。
しかし、たかが1泊2日の取材なのに肉体的な疲労はかなりのものです。(以前はこんなことなかったんですけどね)今日は完全にバテバテモードです。

で、今回の取材目的などは雑誌の発売時期に改めてご案内するとして、内容的には栃木・福島にある第三セクター鉄道を取材してきました。阿武隈急行、会津鉄道、そして、野岩鉄道です。

少し、天候の心配はしていたのですが、なんとか晴れ間もあり、一足早く「夏の旅」を味わってきました!
このまま、少しでもいいのでまた旅に出られることを願うばかりです!

クリックすると元のサイズで表示します
芦ノ牧温泉駅の駅舎。古い木造駅舎は「夏」にはとてもよく似合います!

クリックすると元のサイズで表示します
猫の駅員さんにはカメラは向けられないので、代役の猫ちゃんに登場してもらいました!
1

2020/6/1

地層  その他の写真

色々と積み上げてみたら、四層になりました。まるで地層みたい!

クリックすると元のサイズで表示します
一番上の層が現代です。
2

2020/5/30

まだまだ  その他の写真

引きの絵だけでは分かりませんでしたが、まだまだ状況は「家にいて」何ですよね……
不要不急の外出は、まだまだ自粛せねば……

クリックすると元のサイズで表示します
ラッピングと思いきや

クリックすると元のサイズで表示します
内容は「家にいて」でした。
1

2020/5/28

お知らせ諸々  駅旅

本日は、諸々お知らせです。
その1
旅行読売7月号が発売になりました。
今月号は、連載の駅舎のある風景でわたらせ渓谷鐵道の上神梅駅を紹介したほか、思い出のきっぷ旅の特集の記事、その他いくつか写真を掲載頂きました。
ぜひとも、お買い求め頂き、写真をご覧いただければ幸いです。



その2
写真講座再開について
私が担当しています写真講座ですが、6月下旬〜再開の予定です。
大人の休日倶楽部「楽しく学ぶ写真講座」、よみうりカルチャー大森「鉄道のある風景写真講座」は、6月下旬の日程にて再開する予定です。
とはいえ、まだまだ感染第2波への懸念も拭えませんので、状況は追々お知らせして参ります。
なんとか、再開できればいいのですが……。

そして、今回は久しぶり(1月半ぶり)の新規駅旅写真。
今回は、東武野田線の運河駅です。
これまで、2002年1月より続けている、毎月1カ所以上巡っている新しい駅への旅。今月途切れるかとも思っていたのですが、緊急事態宣言が解除され、仕事でのやむない外出の帰途、立ち寄ってきました。(先月に続いての東武野田線ですが)
今回は、運河駅と梅郷駅へ。
これはライフワークでもあるので、これからもなんとか続けていきたいと思っています。

ということで、運河の上を走る東武野田線と運河駅の写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
橋上タイプの運河駅。

クリックすると元のサイズで表示します
駅名の由来でもある運河の上を行く野田線の電車を流し撮り。
2

2020/5/26

懐かしい風景に  駅旅

なんだか、ここのところいろいろなことが急激に変わってしまった気がします。
これまで、たくさんの駅をみてきましたが、駅も大きく変わってきていてなんだか趣というものがなくなりつつあるような気がします。

京都の嵐電(嵐山電車)の北野線の終着の北野白梅町駅。この駅の周辺もこの春から新しく整備され、かつて終着駅といった雰囲気があった駅舎も姿を消してしまいました。
また一つ、雰囲気のある駅(舎)がなくなってしまったかと思うと、ちょっと寂しい気がします。

今回、さまざまな「自粛」や「新しい生活様式」とのもと、地方で営業を続けるローカル鉄道も大きな変革を迫られているのもその表れなのでしょうか。乗客に乗ってもらうより、オリジナルグッツの販売やネットショップの営業に力を入れざるを得ないというのは、鉄道会社の姿としてはちょっと悲しくなってしまいます……。

写真は、かつての北野白梅町駅です。

クリックすると元のサイズで表示します
小さいながらターミナル感があったホームですが、今はこの光景は見られなくなってしまいました。
1

2020/5/23

基準が分からない  駅旅

基準がよく分からない県境を越えてのお出かけの自粛。ということで、県境は越えないようにわたらせ渓谷鐵道へ撮影に行ってきました。約2ヶ月くらい、本格的な撮影はしていないので、少しリハビリの意味も兼ねて……です。

今年は、春のいい時期にまったく作品撮りができなかったこともあり、今後に向けては色々と心配なところですが、そうは言っても致し方ないので、まずはできることから再開です。
とはいえ、久しぶりに機材を持って出かけたら、メディアを忘れる始末。幸い、足尾に一軒だけあるコンビニにSDがあったからなんとかなりましたが……。

わたらせ渓谷鐵道は、四季を通じて美しい景色が見られますが、この時期はなんと言っても「緑」がとても目映いときです。
大正時代に建てられたという足尾駅。その風情は周囲の木々の緑にもとてもマッチします。緑の季節には撮れていませんでしたが、今回ようやく撮影です。

昨日は、残念ながら日の光がほとんどなかったので、のっぺらとした感じですが、それでもこの風格は何度撮ってもやみつきになります。

で、今日はおとなしく自宅で撮影。ユキヤナギの枝でベニカミキリが翅を乾かしていたので1枚。

クリックすると元のサイズで表示します
今は、県内にこれだけの場所があることに感謝感謝です。

クリックすると元のサイズで表示します
自宅周辺の自然観察は、相変わらずじみーーーーに続けています。
そして、じみーーーーーにホームページの更新も。
http://www.ekitabi.com/hane_sizen/photo/koutyuu0002.html
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ