2018/10/13

流し撮り  その他の写真

連続で大人の休日倶楽部写真講座の撮影実習へ。
テーマは水族館の写真。水族館ですが、自分が海の中で写真を撮っているかのような写真を戸いうことで、撮ってもらいました。

で、私の方はというと、流し撮りを敢行。
マグロ&東北新幹線を撮ってみました!

クリックすると元のサイズで表示します
朝、新幹線に乗ろうとホームに行くと、ちょうど先頭に並べたので、そこから動かず対面の通過電車を流してみる。


クリックすると元のサイズで表示します
マグロの動きがあまりにも速いので、すかさずスロー流しを敢行してみる。
1

2018/10/12

気持ちよすぎ!  駅旅

善福寺川緑地まで撮影実習で出かけ、かなりの距離を歩いたこともあり、足がパンパンです。今宵は、下町会議をしたため、1時間ほど前に家に着いた感じ。また明日も実習なので、早めに寝ないと...状態なのですが。

ブログの駅旅写真。今日は、南出羽駅の写真を。周辺は住宅地なのですが、駅前には病院があって、その周辺が公園として整備されたため、青空とのコラボがとてもキレイでした。と、そこにやって来た山形新幹線。そもそもなぜこのような塗装になったのか??そんな瞬間でした。

クリックすると元のサイズで表示します
新緑のような緑が美しいケヤキと青空、白い雲がいい風景を作ってくれました。
0

2018/10/10

駅雲コレクション  駅旅

ようやく、月例の仕事もあと1本を残すのみになりました。と思い、昨日は徹夜明けの昼寝のあと、少しだけ撮影に出かけましたが、さすがに用意周到とは行かず、何となく撮っただけになってしまいました。
夜は夜で、校了後の一杯ということで、近くの中華料理屋さんへ行ってしまい、そのまま就寝。今頃、最後の1本の原稿を書いているところです。

さてさて、駅旅の方は、左沢線の各駅を全部廻った後、今度は奥羽本線で廻っていなかった駅へ。
ちょうどこの日は、青空と夏を思わせる雲が湧き、それがとてもキレイだったので、コレクションしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
天童南駅。2007年開業の山形鉄道四季の郷駅に代わって、この駅が山形県内で一番新しい駅ですね...2015年開業。

クリックすると元のサイズで表示します
高擶駅。「たかたま」と読みます。なかなか読めませんよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
最後は漆山駅。
0

2018/10/8

県庁所在地がいっぱい  駅旅

山形への駅旅は天気予報があまり良くなかったので、あまり期待はしていなかったのですが、その予報は覆り、日中は夏を思わせる暑さと晴天に。
こちらは以前にも訪ねているのですが、羽前金沢駅を訪れたころは、まるで夏のようないい雰囲気で撮影することができました!

ちなみに、この駅の周囲は、比較的建物などが少ないので、撮影には最適!思いのほか時間を取られそうだったので、このあと、一端未訪の羽前山辺駅、東黄金駅へ。で、戻ってきてから走行シーンも狙いました!

クリックすると元のサイズで表示します
羽前高松駅。作品というより記録的写真です。
それにしても、左沢線には、長崎があったり、高松があったり、金沢があったり...県庁所在地がいっぱいです。

クリックすると元のサイズで表示します
羽前金沢駅近くを走るフルーツライナー。今年は夏雲絡みが撮れていなかったので、良かったです。

ちなみにあとの二つがこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
高松。

クリックすると元のサイズで表示します
長崎。

0

2018/10/6

山形県コンプリート目指して  駅旅

山形鉄道には一端別れを告げ、次に向かったのは左沢線です。
左沢線全11駅のうち、残していた4駅を撮影すべく寒河江に泊り(実のところその日は寒河江にしか手ごろなホテルがなかった...のです)、朝から撮影に廻りました。

ちなみにこの日は休日なので運用はなかったのですが、左沢線は平日の運用で6両編成というのがあるようです。
この左沢線だけで走る水色に塗られたキハ100系フルーツライナーが、6両で運転される姿はなかなか壮観ですよね...。今度はぜひ撮りたいと思った次第です。

ということで、とりあえず終着の左沢駅へ行き、羽前高松〜柴橋間で列車の走行写真(2両編成)を撮りました。


クリックすると元のサイズで表示します
大江町交流ステーション併設で、純粋な駅舎は右部分の平屋のところの左沢駅。絵的には普通の写真。

クリックすると元のサイズで表示します
フルーツライナーというだけあるので、何とかぶどう畑とか、リンゴ畑とかと探したのですが、結局見つからず、黄金の田んぼと一緒に撮影してみました。
1

2018/10/4

ウサギがいっぱい  駅旅

高畠駅で撮影した後は山形鉄道の方へひとっ飛び。今回、撮影したかったのは、黄金色の田んぼとウサギが描かれた白兎駅を撮ること。
ということで、向かったのは白兎駅です。

しかし、あいにくの天気で田んぼは輝かず、とりあえず、画像調整で対応。とは言っても納得できず、この後、寒河江で一泊して左沢線・奥羽本線を廻り、再び白兎駅へやって来るのですが……。

ところで、山形鉄道はウサギに縁があるのか、沿線の宮内駅では、駅長のもっちーと駅員のてん、ぴーたーが勤務!? 次の日の最後の方でギリギリで宮内駅も訪ねてみました。(時間の関係でウサギたちには会いませんでしたが)

クリックすると元のサイズで表示します
待合室にウサギの耳が描かれた白兎駅。白兎はこの一帯の地名です。

クリックすると元のサイズで表示します
ネコ駅長は各地にいますが、ウサギ駅長はこの山形鉄道だけでは……。宮内駅前にはウサギのオブジェも置かれてました。
0

2018/10/1

下野花岡駅  駅旅

台風一過の快晴。居ても立ってもいられず、午後から烏山線へ。しかし、夕暮れ時になって、いきなり雲がかかり始め・・・。ですが、今日は納得のカットが撮れたので、満足です。

クリックすると元のサイズで表示します
下野花岡駅を撮っていたところ、雲がドラマティックに…。でもそこそこだったので、未訪問駅の氏家と岡本駅へ寄って帰ってきました。栃木県コンプリートまであと「あしかがフラワーパーク駅」を残すのみ!
0

2018/9/30

お城のような  駅旅

今年の秋は気温差が大きく、アレルギー+喘息の症状が酷い状態です。だからではないですが、なかなか朝起きることができず、仕事もつまり気味。今も、少し「ヒーヒー」胸の音がしている状態です。

それはさておき、今日から10月ということで、ブログの方は9月の山形の駅旅写真へと。

今日紹介するのは、山形新幹線(奥羽本線)の高畠駅です。太陽館という建物になっていて、観光案内所などを兼ねているのですが、その外観はまるで西洋風のお城。ぶどうの産地で、ワインなども生産していることから、西洋風のお城なんですかね...

クリックすると元のサイズで表示します
こんな西洋風のお城、どこかで見たような...。

で、お城というと、旅行読売11月号はお城の特集ということで、駅舎のある風景も「お城」を意識した写真に。同じく山形県にある奥羽本線真室川駅を紹介しています。高畠駅同様、観光案内所や直売所を兼ねた建物で、屋根に金のシャチホコガ踊る、まるで城(こちらは日本風)のような外観です。ぜひ、ご購読下さい!
0

2018/9/26

さくら夙川駅  駅旅

今日の駅旅写真は、さくら夙川駅。西宮駅は雑風景だったので、そうそうに駅前だけ写真に収めて、このさくら夙川駅へ移動してきました。
というのも、この近くを流れる夙川沿いに桜並木があり、列車撮影のビューポイントになっているから。
ということで、夏風景の中を行く列車としばし戯れてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
デザインチックな造りのさくら夙川駅の駅舎。高架下にあるタイプ。

クリックすると元のサイズで表示します
夏なので桜とはいかず、サルスベリと一緒に列車を狙ってみました!
0

2018/9/25

夏が似合う  駅旅

撮影ツアーのロケハンの後、大阪に行った際に訪ねたのは、東海道本線の大阪より西側の各駅。俗称で神戸線と呼ばれる路線ですが本当は東海道本線で、東海道本線(東京駅〜神戸駅間・589.5km)の一部分になっているのです。
ということで、今、コンプリートに取りかかっている東海道本線の各駅巡りをしたというわけです。(現在、本線でいうと、東北本線、奥羽本線、羽越本線、東海道本線、山陰本線の5つの路線を重点的に廻っています)

とはいえ、やはり都会を走る鉄道線だけあって、個人的には絵にしにくい感じで、とにかく廻った感が満載でした。その中でも、絵になったのがJR甲子園口駅です。
甲子園球場への入口にあたり、ホームからは遠く六甲山が眺められ、夏らしい雰囲気と相性抜群。ホーム脇の桜の木もいい感じでしたので、ホームを走り行く列車と絡めてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
六甲山の上空に浮かんだ入道雲を間から列車がやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
改札の外から桜の木を見上げるようにハイキー調に撮ってみると、いかにも夏らしい雰囲気に。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ