2020/7/12

鉄印帳の旅  駅旅

7月10日より始まった全国40社の第三セクター鉄道による「鉄印帳」。
1日遅れとなりましたが、プライベートでもということで出かけてきました。
行った先は、地元の真岡鐵道と隣県の鹿島臨海鉄道。いずれも既に何度も乗車している路線ですが、昨日改めて区間乗車(久下田⇔真岡間と新鉾田⇔大洗間)し、鉄印も記帳(いずれも日付だけですが)してもらいました。

天気の方があいにくであまり撮影には向いていなかったこともあり、珍しくプライベートな乗り鉄モードで、のんびり列車に揺られてきました!

ちなみに注意点!

その一:鉄印帳の売り切れにご注意!
鉄印帳ですが、まず、最初に鉄印帳自体を購入しないといけないのですが、鹿島臨海鉄道の売店は既に売り切れのようです……。
売り切れだと、せっかく出かけたはいいけれど、鉄印帳が入手できず鉄印も押してもらえないなんてことに(昨日もそんな方がいらしゃいました)
大都市から比較的近い路線では、そこそこ売れているようで、伊勢鉄道でも既に売り切れとか。
行かれる方は、行く前に鉄印帳が残っているのか、確認してから出かけて下さい!
ちなみに私のものは記者発表の際の頂き物です。

その二:途中の無人駅から乗車すると乗車券がない問題
鉄印を押してもらうには同鉄道の乗車券が必要になります。無人駅から乗車(私の場合、久下田駅で乗車)していく場合、整理券を取って車内で精算(真岡駅で下車の際は精算は車内)してしまうと、乗車券がありません。この場合、先に降りて帰りのきっぷを買う(鉄印を押してもらえる駅は必ず有人なので)、もしくは下車するときに駅員などにその旨を伝えないといけなくなるのでご注意を!

クリックすると元のサイズで表示します
真岡鐵道の鉄印!

クリックすると元のサイズで表示します
鹿島臨海鉄道の鉄印!

クリックすると元のサイズで表示します
せっかく大洗まで行ったので大洗マリンタワーから鹿島臨海鉄道を俯瞰してきました!

1

2020/7/9

鉄印帳の記事を  駅旅

先日、お知らせしました鉄印帳事業が、いよいよ明日からスタート!
CAPA CAMERA WEBにて、紹介記事を書きましたので、ぜひクリック&いいね!お願いします。
https://capa.getnavi.jp/special/340482/

という私は、明日10日は、都内で仕事。そのため、最初の鉄印は、11日になってしまいそうです。
地元の真岡鐵道に行こうか、はたまた、少し遠出でわたらせ渓谷鐵道、鹿島臨海鉄道と悩み中です!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/7/6

渡駅  駅旅

球磨川流域の水害……。特にひどかった球磨村のあたりですが、その球磨村にある肥薩線の渡駅。ここは映像で見る限り完全に水に浸かっていました。
味のあるいい駅舎だったのですが……。
この近くを流れる小川の谷奥まで水かさが増したみたいです。(そこに報道されている特別養護老人ホームが)ちょっとゾッとします。

クリックすると元のサイズで表示します
この味のある駅舎、復旧してほしいとは思いつつ、ここで復旧してもいずれまた同じような災害が起こることも想定されなんとも複雑な心境です。
3
タグ: 肥薩線 渡駅 木造

2020/7/2

爽快でした!  駅旅

自粛期間中、なんだかんだと気が晴れない日々が続いていました。
ようやく、出かけられるようになって訪ねた八郎潟駅。
超快晴の空の下、緑とサツキツツジのピンクが映え、まさに爽快感でいっぱいでした!

クリックすると元のサイズで表示します
すかッと晴れた空の下。何も言うことありません!
2

2020/7/1

旅行読売8月号  駅旅

今日は、旅行読売8月号のお知らせです。

連載の駅舎がある風景では、日本で初めて鉄道として日本夜景遺産に認定された岳南電車の岳南原田駅を紹介しました。プラントの夜景をバックに雨で濡れた路面に反射したレトロな駅舎がとても目を引きます!

そして、7月10日〜スタートする全国の第三セクター鉄道をめぐり、御朱印ならぬ“鉄印”を集める「鉄印帳」事業の撮影を担当して、一足早く栃木・福島県の3路線(野岩鉄道・会津鉄道・阿武隈急行)を旅し、鉄印の雰囲気を味わってきました。

詳しくは、ぜひ本を手に取って頂ければと思います。
そんなわけで、その時撮影したカットをちょっとだけ紹介です。

クリックすると元のサイズで表示します
阿武隈川にかかる鉄橋を渡る阿武隈急行の列車内の車窓です!

クリックすると元のサイズで表示します
鉄印帳のイメージはこんな感じです。ちなみに会津鉄道では手書きの鉄印だそうです!

クリックすると元のサイズで表示します
鉄印がもらえる野岩鉄道の新藤原駅。浅草からの直通特急リバティで乗り換えなしで!

1

2020/6/30

そそられちゃった〜  駅旅

そろそろ締め切り前の外出自粛期間に突入してきました。
今月も、通常通りの仕事をいただけたので、それをこなさないといけません。
ということで、しばらくは、この間の秋田の取材で撮った写真が多くなるかも知れません。

今日の写真は奥羽本線の富野駅です。
架線柱にたくさんの駅名表示板が掲げられていて、今は使われいないホーム端に生えた草の中でポツンと浮かび上がっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
なんだか、妙にそそられちゃいました。
2

2020/6/27

出かける日が増えて  自然観察

2日連続で、大人の休日倶楽部の写真講座で東京都世田谷区にある等々力渓谷に出かけてきました。都会にある小さなオアシス。雨でしっとりと濡れた緑の下で久しぶりに再開した写真講座でした。

マスク着用の状態での撮影でしたのでかなり暑く、また蒸れてしまってちょっとバテ気味でしたが、やはり外で撮影していただくのは楽しいと思える2日間でした。

クリックすると元のサイズで表示します
アジサイの花が眩しく見えました。

クリックすると元のサイズで表示します
小さなカタツムリがお出迎え。

自粛要請が解除され、今週は写真講座の再開が集中しお出かけする日が増えました。2か月ほどほとんど出かけず自宅作業をしていた期間とは打って変わって、日々の仕事が進められなくなっているのがちょっと気がかり。
まだまだ、Covid-19の感染拡大も収まったわけではなく、気を配りながら動かないといけませんね……。
4

2020/6/26

戸越公園駅2  駅旅

戸越公園駅。別のレンズで再挑戦です。
レンズが違うとボケも違います!
クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/6/26

戸越公園駅  駅旅

25日は、JR東日本大人の休日倶楽部の写真講座で、東京の等々力渓谷へ。講座自体が2か月半ぶりの再開ということで、私もですが緊張のなか等々力へと向かいました。湿気ムンムン、めがねはくもって撮影どころではなかったのですが、それでも久しぶりにシャッターを切れた喜びを感じていただけたのではと……。
そして、私の駅旅は東急大井町線へ。

戸越公園駅でおりてみました。
アジサイがキレイだったので、そこから撮影。
ただ、AF-Sニッコール24〜120ミリF4G ED VRに某社の1.4×テレコンを付けての撮影だったのですが、前ボケがバリバリの二線ボケになってしまいました!

クリックすると元のサイズで表示します
ここまで来ると、前ボケのわさわさ感がこの大きさでもわかってしまいます! 要再撮です!
0

2020/6/24

鉄印帳の記者発表  駅旅

日本全国で地域の脚を支える第三セクター鉄道。その40社が共同で行う「鉄印帳」事業の記者発表があり、出かけてきました。

「鉄印帳」とは、鉄道版の御朱印帳。第三セクター鉄道の指定場所に行くと、御朱印ならぬ「鉄印」を押してもらえる。そうして、全国にある40社巡る新しい鉄道の旅です。

なぜこの話をするかというと、実は先日福島へ取材に出向いたのはこの「鉄印帳」の紹介記事の撮影のため。福島県を走る3つの第三セクター鉄道(阿武隈急行、会津鉄道、野岩鉄道)で実際にこの「鉄印」を取材してきました!(雑誌記事の方は発売されたら改めてご案内します)
ちなみにネット記事はこちらで配信中↓(写真撮影を担当しました)
https://tabiyomi.yomiuri-ryokou.co.jp/article/000550.html
https://tabiyomi.yomiuri-ryokou.co.jp/article/000551.html


この「鉄印帳」ですが、7月10日(金)より、各第三セクター鉄道の指定窓口にて2,200円(税込)にて販売。記帳料は300円〜で、同日よりスタートするそうです。

昔「チャレンジ20,000q」という国鉄時代の企画がありましたが、その第三セクター版とも言えるのかなーと思います。(ちなみに全区間乗る必要は必ずしもないのですが……せっかっく鉄印もらうのですから全区間乗りたいものです)

旅の記念に、また40路線全制覇を目指して、第三セクター鉄道の旅に出かけてみてはいかがでしょう!

クリックすると元のサイズで表示します
これが実際の鉄印帳です。ハードカバーの結構ご立派なものです!

クリックすると元のサイズで表示します
鉄印のイメージはこんな感じです。昨日は、記者発表の会場にて三陸鉄道の鉄印を頂きました。
実際に手書きで書くものや印刷されたものを貼るパターンなど各社でさまざまです。

クリックすると元のサイズで表示します
記者発表の様子。ちなみに、三陸鉄道の社長で第三セクター鉄道等協議会副会長(中央)のほか読売旅行社長(左)・日本旅行社長(右)も登壇。各旅行会社ではツアー商品も販売するそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
日本全国を走る第三セクター鉄道はこの40社。北は北海道の道南いさりび鉄道から南は鹿児島の肥薩おれんじ鉄道まで、各地で奮闘しています。

ちなみに、第三セクター鉄道の生い立ちは3つ。国鉄からの転換路線、国鉄未成線を受け継いで開業した路線、そして新幹線開業に伴うJRからの経営移管路線。いずれも沿線での人口減少もあって厳しい経営環境に置かれながら、列車運行を続ける鉄道会社です。なんとか応援していきたいものです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ