2021/9/19

河辺の森駅  駅旅

「駅舎のある風景」の中で紹介した近江鉄道の河辺の森駅。先日とは言ってもだいぶ前ですが、近江鉄道の撮影に行ったときに撮影したカットです。

田んぼが広がるど真ん中にポツンと佇む駅は、近くにある河辺いきものの森の最寄り駅として出来た請願駅。

近江盆地特有の独立山塊を背にし、夕日に輝く田圃の中を列車が出発していきます!

クリックすると元のサイズで表示します
田んぼの中に忽然と現れる駅。でもそのぶん景色は最高です!

引き続き「駅舎のある風景」発売中ですので、よろしくお願いいたします。
そして、旅行読売11月号には「駅舎のある風景」の中から厳選した写真でカレンダーが付録として付きます!
こちらもよろしくお願いいたします。




0

2021/9/17

黄金色の田んぼ  駅旅

今年はなぜだか分かりませんが、撮影に出かける日に限って中途半端な雲の多い晴れ。ということは、列車が来てくれたときに晴れてくれないと思い通りの写真にならないと言うこと。

しかも、これもよく分からないのですが、コロナ禍というのに仕事は結構忙しく、撮影に出向けるチャンスも少ないので、この天気の巡りには悩まされています。

昨日もそんな感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します
大洗鹿島線の常澄駅。本当ならばもっと輝いてくれると思ったのですが……。
でも、そこそこ黄金色なので、良しとします!

0

2021/9/12

赤に青  駅旅

ここのところ、とある事情であまり撮影に出かけられず、家で悶々とする日々です。
緊急事態宣言で、あまり出回りにくいと言うことはあるものの、もう少し撮っておきたい写真はあるのですが、いずれにしても天気も悪いこともあって、これはこれでしょうがないのかと感じていたりもするのですが……。(移動時間が取れないのが悩みの種)

ということで、今日はスカッと青空の下の写真。
クリックすると元のサイズで表示します
美濃赤坂駅で待機中のDE10形機関車。青空に良く映えます!写真はこういう日に撮りたいものです。

1

2021/9/10

ちゃづけに会いに……  駅旅

「ちゃづけ」と名付けられたヘビクイワシの子どもが育っているとのことで、会いに行きたいという妻のお誘いで、会いに行ってきました!(もう1月近く前ですが……)
確かに人懐つこい可愛い子でした!

クリックすると元のサイズで表示します
ちゃづけ! 愛嬌たっぷり!

クリックすると元のサイズで表示します
ついでに草原のダチョウも……
2

2021/9/7

成島駅  駅旅

なかなか撮影には出かけられない状況。緊急事態宣言というのもあるのですが、ど〜もここのところ雑務に追われるというのが現状。(なかなかブログも更新できずに……。)

ようやくわずかな時間、取材仕事で山形へ。ですが、限られた時間に加え、天候も今ひとつ。特に今年は天候不順で、真夏に長雨が続き、ここにきてまた晩夏の長雨。
なかなか思い通りの状況にならないうちに、今年は夏が終わってしまいそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
お天道様の光がほしい今年の夏です! 取材に出むいた山形鉄道に行く前にちょっとだけ寄り道。米坂線成島駅にて。

1

2021/8/30

旅行読売10月号  駅旅

まずは、旅行読売10月号が発売になりました!
今月号は「駅舎のある風景」で弥彦線弥彦駅をピックアップ! 「鉄印帳の旅」は真岡鐵道を旅してきました!(地元ではありますが、改めて旅するのもいいものですね!)



「駅舎のある風景」も引き続きよろしくお願いいたします。




いろいろな要因が重なって、珍しくここのところお家でジッと我慢の子状態です。
たまにはこんなこともあっていいのでしょうが、どうもジッとしていられない性分のようで、困ったものです。

最近は新規ではあまり写真も撮れていないので、今日は、先月撮影した近江鉄道桜川駅の写真です!

クリックすると元のサイズで表示します
今となっては、駅員さんはいませんが、改札口が往時を偲ばせます!
2

2021/8/26

公園(駅)にて  駅旅

実習で訪れた千葉県にあるユーカリが丘。住宅の中央に既存の農地を残す緑を活かした開発をしたことで知られます。
そこをぐるっと循環するユーカリが丘線。公園駅前にあるユーカリが丘南公園では、セミの声がこだまします。既存の緑が近くにあるからこそ、こうした住宅地内の公園でも昆虫たちが生息できるのですね...。同じ公園にいたオオミズアオと共に。


クリックすると元のサイズで表示します
かなり絞ったつもりだったのですが、背後の列車わかりますかね??

クリックすると元のサイズで表示します
美しいオオミズアオにも出会いました。



「駅舎のある風景」好評発売中です! まだの方はぜひ!!(Amazonでも販売中)
1

2021/8/20

ちょっと役不足  駅旅

緊急事態宣言下ではあるものの、カルチャーセンターの講座はいつも通り開講と言うことで、柏まで県境を越えてお出かけ。(いいのかどうかは??ですが)

行く途中、国道293号線を走っていると、あまりにも青空と雲がキレイだったので、常総線の写真を撮りたいな...と思いつつ、寄り道はせずに柏へ。
そして帰り道、まだ、青空と雲がキレイだったので、カバンに常時入れているGF-10+ルミックスルミックスG X バリオPZ14〜42ミリ F3.5-5.6 ASPH.POWER O.I.S.で撮影をすることに。
GF-10はこの7月に購入したもので、GM1がついに使えなくなったこともあって購入したものです。

とはいえ、かなり小さなボディーに超コンパクトなズームレンズ。遠くの風景を撮るには少し役不足で、なかなかピントが合いません。
撮った後に拡大してみると前ピンになる傾向があり、とはいえMFでの操作はピントリングのない14〜42ミリでは簡単にはいきません。

画質的にも、最新の超高画素フルサイズミラーレスの画像ばかり見ているせいか、ちょっと役不足(あたり前ですが……)。

しょうがいところですがね……

クリックすると元のサイズで表示します
このカットはなんとかピントが合ったカット。画質的にもこのくらいで見ているぶんにはなんとか見られますが...
1

2021/8/14

水郷駅へ  駅旅

ここ最近、プレゼン用に資料を作ったり、写真整理にかかる時間ばかりで、あまり写真が撮れていない毎日。モニターとのにらめっこが続いています。

そんなわけで、本当であれば、じっくり撮りに行くはずだった銚子方面の撮影も予定よりも大幅に遅れ、ベストのタイミングを逃し、しかも朝到着して、8時にはもう帰途に付くというハードなスケジュールに。

とはいえ、この水郷駅だけは撮ろうと、ちょっと寄り道。
以前と変わらない佇まいが残っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
水郷駅はハーフティンバー調の美しい建物です。
3

2021/8/11

鉄印帳マイスターのイベント  駅旅

鉄印帳マイスターの表彰イベントと言うのがあり、もちろん感染予防策は取った上ですが、出かけてきました。
(今は、こんな感じでやっていくしかないのかあと思いつつ……)

場所はえちごトキめき鉄道。
ということで、行きは恐らくこれが最後の乗車になるであろうMAXを使って大宮→越後湯沢→直江津へと移動。

直江津D51レールパークの見学やら455系・413系観光急行への乗車と「鉄分補給」できました!


クリックすると元のサイズで表示します
E4系2階建て新幹線MAX。ついに引退の時が迫ってきました。この形式の列車で東京へと通っていたかと思うと少し感慨深いものがあります。越後湯沢駅にて。

クリックすると元のサイズで表示します
直江津D51レールパークのD51 827号機。圧縮空気でですが、動くのが嬉しいですね

クリックすると元のサイズで表示します
そして、観光急行で到着した糸魚川駅。新幹線が開通してからは行っていなかったので久しぶりの訪問。かなりきれいな駅になっていました。糸魚川駅機関車庫1号の入口部分を移築再建したモニュメントがあって、その工事に使われたコンクリートは、近くに事業所を置く明星セメントの寄贈とのことです。粋な計らいです!
4
タグ: トキ鉄 MAX 鉄印帳



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ