2008/8/30

この一週間。  日常

月曜、『フランク・ザッパ自伝』読了。あとがきにマイケル・ムーアとの類似が指摘されているがまったく賛同できない。ザッパに比べたらムーアなんてユーモアのないただのデブのガキじゃないか。つづいてDVD『ベイビー・スネイクス』鑑賞。かつてよりザッパをよく理解できるようになった。が、かれの音楽を全面的に好きになれたかどうかはまた別の話。ただ、途中しばしば出てくるクレイ・アニメがめちゃくちゃ感動的。あれだけでも見る価値がある。あと、エイドリアン・ブリューとテリー・ボジオとエド・マンがザッパの指揮でがんがん打楽器を打ち鳴らすところは面白かった。
ついでにいままで敬遠していたズート・ホーン・ロロの『ルナー・ノーツ』を読み始める。しかしジミヘンの伝記に出てきたチンポ石膏作家シンシアさんはザッパの自伝にも出てくるしここでも出てくるし、本当に当時の名物女だったんだなあ。

火曜、ようやく『ダーク・ナイト』を見た。ま、クリストファー・ノーランは相変わらずインサートショットのみで映画を作りうるつもりになっているので、活劇に不可欠な時間の持続も唐突さもとうとう現れず、冒頭から『突破口』はもちろん『ハートブルー』とさえ比較するまでもない、ひたすら落着きない進行。それが特に悪いというわけでもないがただ結果はあらかじめ見えている地点からしかこのような構成は現れてこないために、なかなかプロセスが楽しめない。もちろん精神を徹底的に酷使したであろうと想像のつくヒース・レジャーの怪演はへたすると萩原健一の域に達しかねない勢いだとは思われたが、『スウィーニー・トッド』のジョニデには及ばないし、宙吊りをひっくり返してしまったノーランの拙劣な演出(キャメラワーク)で最終的には台無しではないか。おまけにバットマンの「高潔な精神」とやらは悪と同じになりたくないという子供っぽい理由でジョーカーを精神病院に戻すというチョイスをするが、それって殺すのと同じなので高潔もくそもない。相変わらずアメリカのヤンエグは911からなにも学ばないバカなガキだと呆れるばかりだった。

で、水木金と、夫婦で北九州に戻っていた。船で離島に渡ったりして大変痛快かつ有意義な日々だったが、あまりにもハードに動きすぎたため体がガタガタだ。しかも帰京早々に家じゅうが猫のションベン臭くて床を雑巾がけし、さらにその直後にネットTVの生放送出演。そしてへとへとになりつつ原稿。死にそうである。

なお留守中、朝日新聞出版様より芝山幹郎氏著『アメリカ映画風雲録』いただく。この本は某拙作のキャスティングに重要な示唆を授けられ、氏の雑誌「一冊の本」連載中に愛読した「娯楽映画百万尺」がまとめられたもの。六〇年代以後のアメリカ映画を復習するには格好の書物といえよう。
0

2008/8/24

246という名の映画のこと  映画

ひどい精神状態のまま麻布十番まで健康を獲得しに出かけ、ひどい精神状態のままおまつりのなかをうろうろし、ひどい精神状態のまま殺されかけた拙作の救助を要請し、ひどい精神状態のまま雨の新宿をうろつき、ひどい精神状態のまま吉祥寺までタクシーをとばし、ひどい精神状態のまま困難な問題について師匠と短いトークをし、そうしてひどい精神状態のまま下北沢で泥酔して記憶をなくした。翌朝(昼過ぎ)目覚めてもなお、精神状態はひどいまんま、雨も降り続いている。
パブリシティ用DVDで『R246STORY』を見てしまった。劇場で見るつもりが、飯を食いながら妻が見ていたので、つい。三勝二敗一分、といったところか。偶然なことに「どっかから来て帰る」という話が多いが、それぞれまったく表現も意味もちがっていて面白い。なかで両極を担うのは浅野監督作とユースケ監督作であることは明白だが、どちらも今井孝博が撮影を担当し、かつ浅野組は野本チーフをはじめ多くのスタッフがうちのひとたち、ユースケ組は杉山が監督補、というわけで手前味噌のように思われても仕方ないがなんか面映いというか、ホッとしたというか。いずれにせよ、こうやって映画が作り続けられていることに素直な喜びを感じられるのはうれしい。
ひどい精神状態のなかの、ちょっとしたオアシスであった。

なお、このひどい精神状態はザッパの自伝のせいではないことを明記しておく。ザッパの自伝ははじめこそ読む者に己の歩んだ道を悔いさせるにじゅうぶんな道程が描かれていたが、途中から俄然面白くなった。とくに子育ての辺りは最高に面白い。
このひどい精神状態の原因は、不明である。自分自身を憎悪している、というのは原因とは考えにくい。それは私にとってごく日常的状況だからな。
0

2008/8/23

ストラトの悪用はもういいよ。  日常

ビーフハートやローランド・カークのときもそうだったが、音楽家の伝記を読むと必ずと言っていい確率でどっと落ち込む。不可解な虚無感に襲われる、というか。それがあの調子のいいザッパであろうと同じなのが凄い。それに重ねてザッパのあの弾きまくりなんか聴くとちょっと耐えがたい感じになり、慌ててR・L・バーンサイドのファーストアルバムなんて貴重なものが届いたので没入。68年の作なんでめっちゃ音はいいわけだが、楽曲そのものはサンハウスやブラインド・レモン・ジェファースンとどこが違うんだよ、と呆然とするようなフォーク・ブルーズ。聴いてるだけで命拾いするような。

それはそうと友人の皆様、れいの投票、ありがとうございました。おかげさまで一位獲得しました。しかし件のテレビ番組では紹介されなかったそうです。何位になろうが最初からべつのものが用意されていたのでした。でもそんなもんです。怒る気にもなりませんが相変わらず不思議ですね、民主主義と資本主義の関係って。真剣にやっちゃった自分がバカだったって気づかされただけよかった。しかしせっかく協力していただいたのにそんなことで、皆様には申し訳なく思っております。以後、インターネットやテレビには二度と踊らされないよう気をつけます。

それにしても酒を我慢してウォーキングや加圧をやって健康を目指して、いったいなんになるんだろう。そりゃ健康であるに越したことはないし、病気になるととてもひどい思いをするのもわかってる。それでもちょっと耐え難いときがやってくる。この類稀なやってられなさをいかにして解消すべきか。ふて寝以外、まったく思いつかないね。
0

2008/8/22

ONE DAY AS A LION  音楽

歯医者へ行き、加圧へ行き、某社で打合せし、そんで酔った。ワインをこぼしてひどいことになっていた。本日、連載第三回の原稿を書き上げ、メールで送った。そんななか、ここ数日最大の収穫はなんといってもザックの新プロジェクトONE DAY AS A LIONである。五曲入りのミニアルバムらしいが、激重のビート。唸るシンセ。ときどきギターが聞えるが、サンクスクレジットになんとブルース・ギルバートの名前を発見。言われてみればそんなふうにも聞えるのだが。それにしてもザックの声は依然として最強にかっこいい。それと、ローウェル・ジョージの娘さんイナラとヴァン・ダイクの共演アルバム『An Invitation』も、もちろんザックとはまるきり違うけど、素晴らしかった。
あと、なぜかここに来て読みたくなったのでザッパ自伝を読始。やっぱ笑える。
0

2008/8/20

スリーマントラ  日常

連日、麻布十番、渋谷と渡り歩きつつ各社と打合せ。なんか一緒にできそうな人々がいて下さるということは幸せなことだ。また映画を作れそうな希望が少しだけ湧いた。
昨夕は中目黒某店にて梅本一家の仕切りで、黒沢夫妻、樋口社長と会食。和気藹々。

ところが本日、昼間から理由もなく精神的に安定を失い、部屋に籠ったまま生きづらさを抱えて悶絶。吐き気さえ覚え、震えが襲う。夕方になってようやく落ちるところまで落ちたのか、追い込みのかかった原稿をなんとか十枚。だが浮上できたという感じでもない。せっかく入手したCDもDVDもまったく見れずにいる。部屋がゴミだらけなのもいけないのだ。おまけにものが多すぎる。はずれていた差し歯をどこかでなくした。もしや飲み込んだのかと思うと、腹のなかにあれがあることが気になって仕方ない。飲み込んだかどうかさだかでないのに。明日は歯医者に作りに行かねばならない。

表題は、キャバレー・ヴォルテールの。ようやくなにか聴く気になって、デッキを動かすと鳴りはじめた。出たとき以来だから28年ぶりということになる。
0

2008/8/17

ブルース・ギルバート脱退?  音楽

WIREの新譜『OBJECT 47』のジャケットにあるメンバー表にブルース・ギルバートの名前がなかった。これでとうとう、私がブルース・ギルバートのいるWIREのライヴを見ることは不可能になった、ということか。。。

無念。
0

2008/8/17

人類は進化している!  日常

とりあえずうまいものを食わないとストレス死しそうだ、というわけで昼は広尾某店、夜は白金某店と食ってまわった昨日。が、なにかしくっと来ないのがつらい。やはり夏はエスニックでないとダメなのだろうか。
夜更けにR・L・バーンサイド、ジュニア・キンブロウ、ジェイムス・ブラッド・ウルマー(ようやく『アー・ユー・グラッド〜』CD入手)と黒人ギターばかり並べて聴きまくる暑気払い。その後、ベックの新譜。今度は悪くない。

本日、CKB新譜『ZERO』届く。ベックもそうだったが、一曲一曲のシュアな短さが実に心地よい。ジュニア・キンブロウの、まるで初期ビーフハートのような果てしなくつづくリフの連続も素晴らしいけれど、それはまたそれだ。

短いといえば100メートル9.69のジャマイカ人ボルト。オリンピックは見ていない(星野の顔など見たくないではないか)けど、テレビを点けたらいきなりこいつが駆け抜けて驚いた。余裕だったぞ、凄いことだ。
夜は、近所のイタリアンカフェへ。その他、一日じゅう書き物に精を出した。
0

2008/8/15

トム@ヴェーラ  映画

『恋や恋なすな恋』『妖刀物語・花の吉原百人斬り』。ようやく思い出したのだが、則文師匠の『エロ将軍』は『恋や恋』に少なからぬ影響を受けているはずだ。そのことも含めて、今回見直してあらためて嵯峨三智子が異様な女優だということを再認識した。今度則文師匠にお会いしたら嵯峨三智子がどんなひとだったか、訊いてみよう。山田五十鈴ってまだご存命なのじゃなかったか。そうしてまた、初見の『妖刀物語』に登場する水谷良重もかなり異様なのだった。この異様さは当人たちの出自に多くを負ったことなのか、内田吐夢の女性観にかかることなのだろうか、非常に興味を抱いたのでこれまで読んでいなかった内田関係の本を取り寄せた。横または斜め後方、若干俯瞰めの長玉ウエストショット(『妖刀物語』の最初の仏像もそうだった)に内田の肝があるように思われたが、そこから浮び上がるのは常に人物の強烈な孤立である。だが内田は自身の作家性よりアクションの持続を択んでいる。千恵蔵と番頭が夜、機織工場へ戻ったときまだひとり機を織る山東昭子に気づいてからの横移動の持続とラストのクレーンによる縦の乱闘の対称に、内田のアクションの持続に対するたくらみを感じた。

夜はへんに溜まった疲れが出たようで仮眠を取り、その後届いたランディ・ニューマンの新作『Harps and angels』。大傑作。プロデュースがミッチェル・フルームとレニー・ワロンカーってなんかとんでもない世界だ。しかもグレッグ・コーエンがベースだけの参加。超贅沢。あと、ようやく届いたトニー・ジョー・ホワイトの四枚目。この辺からやや冗長になってくるようだが、やはり時折炸裂するスワンプ・ワウには何度でも笑える。最後の〈Voodoo Village〉は名曲。さらにマーク・スチュワートの新作『EDIT』。なんだ、このドラムとベースの低音の太さは。当分これはヘヴィーローテーションになりそう。エイドリアン・シャーウッドに、この期に及んでの進化を感じてしまった。MSと組むとそれ相応に本気になるということか。
0

2008/8/14

お盆だ。  日常

仕事をしなければならないというのに夜中にネットで地図検索しまくったのは、どうも寝覚めが悪いのでこの際ダニエル・シュミットの生家へ赴くべきではないか、俺は、せっかくロカルノくんだりまで行ったのに、行けないはずがなかろう、と考え込んだからだが、わかりました。映画祭からまあイッテコイ二日てとこでしょうか。今度どうしてもちゅうて泣きついてでも行ってくるか、いや、自腹で行こうじゃないか自腹で。

パリの小山内がやってきて、あれこれと拙作のコピーを持ち出す。またこれを機会に、とあちこち連絡を取って、手元にない作品たちを簡易的に送ってもらうように段取る。いままでほったらかしにしてきたが、こういう機会でもないといつまでもそのままなので。その後、ユーロで土田と大野を交えて作戦会議。

お盆で都内に車が少ない。北京や甲子園でみんなひきこもっている、とタクシーの運転手氏は言う。私は二日酔いのまま加圧に行ってフラフラになった。二度とやるまい。というか明け方まで呑むなどということは金輪際ないだろう。バカバカしいよ。
その後、赤坂で某拙作のコピーをピックアップし、さらに恵比寿で打合せ。疲れた。

しかしお盆独特の空気感というのは以前から気づいてはいたが、それを好ましく思えたことはなくむしろ一抹の寂寥とともにやり過ごしてきたのがこの歳になって、なるほどこの寂寥も悪いもんじゃないな、と。歳をとるということが不意に親しく感じられる。
0

2008/8/11

ロカルノ旅行記  ツアー

なにも書かないつもりだったが、いろいろ面白かったので。
まず飛行機の出発が三時間半遅れた。悪天候で飛ばなかったことはあったが、これほどの遅れははじめて。いろいろあるもんだ。千円分のバレ飯代が航空会社から出た。蕎麦を食って時間をやりすごす。乗るとすぐにワインのミニボトルが目に入る。着くまで飲まないつもりでいたが、なんとなく。と、日本で飲むあの薬くさい味がなく、非常に喜ばしい。やっぱりあれがあるとないとでは大違いだ。オーストラリア産のミニボトルとはいえ、つい四本空けた。
チューリッヒからルガノ行きに乗り換え。ルガノは先日まで時間をともにしたダグラス・サーク先生の終の栖。へんな因縁を感じる。ロカルノにもいろんな来方があるのによりによってルガノ経由とは。で、その飛行機はなんと、人生初のプロペラ機。撮影では乗ったことあるけどこういう機会はあまりあるもんじゃない。前日に、かつて同じ経路を辿ったさる方に話を聞いたばかりだったが、まさかいまもそうだとは。着いたら着いたでやはりワインを飲み続ける。もう日本で飲む必要ない、ってくらい美味い。泊まりはRAMADA HOTEL la Palma au Lac。なお、機内にて『ジェノサイドの丘』をようやく読了。今世紀の人類必読の書であることに疑いなし。

朝、八時から湖畔でウォーキング一時間。八年前に泊まったホテルを探すが、どうも見つからない。それらしきものに行き当たるも、記憶とは若干様子がちがっている。かくも記憶とは曖昧なものか。しかし、かつてよりずいぶん美しくなっているのに驚く。観光地特有のごみがなくなった。ロカルノも頑張っているのだ。
ジュヌヴィリエチーム公式上映は映画祭のオープニングでもあった。しかも拙作が冒頭に上映される。へんな緊張を余儀なくされたが、幸いにして映画祭初日などというのは人出が少ないもので、助かる。
午後はだらだら過ごし、夕方にEX-REXという小屋でナンニ・モレッティの白紙委任状で択ばれたスコリモフスキ『不戦勝』をついに。そのことばかり伝説となってイエジーさんのシュールレアリスムが忘れられがちだが、やはり73分を40カットで押しきってみせる若々しさに拍手。監督・主演のあり方をまた考えさせられてしまったが、走る列車から飛び降りるというのはよほど運動神経に自信ないと無理だろう。本作も、そのあまりにもな困難さのためか、キャメラの影が映りこんでしまったのをNGにせず、ワンテイクこっきりで使っている。しかし最新作でも出てきた牛がやはり絶妙のタイミングで登場する瞬間には呆気に取られた。ただの動物好きと言われてもしかたない。
パリからの松島さん、ジュネーヴからの初井君としばしの再会。松島さんにはなにかと通訳をお願いする。夜、ジュヌヴィリエチームのパーティーで、モレッティの近作『Il Caimano』を見逃す。残念。泥酔してホテルに戻るとドゥニ・ラヴァンとばったり。

翌朝のウォーキングはアスコナ方向へ。その後は部屋で仕事をし、午後、到着の夜ワインを呑んだカネッティというカフェで取材を受けたほかはホントに映画も見ずなにもせず、ただだらだらと。

三日目のウォーキングは再度ルガノ方向。昨日の歩きがハードすぎたか、若干筋肉痛ぎみ。少し仕事をしてから、十一時よりモレッティ『ビアンカ』。タイトルの意味はもちろんミック・ジャガーの元奥さんに違いない。そっくりな女優が相手役になる。が、若きモレッティ自身の立ち居振る舞いは大泉洋にしか見えないのだった。ユニ・ジャパン相原さん、元ぴあの三原さん、通訳の松島さんと坂の上の角のピザ屋でランチ。その店でマルコ某とばったり。マルコが来るだけのことはある味のピザ。ミラノへ向かう相原さん、三原さんをお見送りして、松島さんとロープウェイを乗り継いで山の上へ。それなりの絶景。アルプスもちょろっと見えた。下山は歩き。街へ下りてみると、さすがに有名観光地、土曜ともなれば人出が増える。夜、モレッティ白紙委任状二本目はコッポラ『雨の中の女』。ヴィデオで見たきり、フィルムで見るのははじめてだが、やはりいい。なんかちょっとヴァージョンちがってる気がしたがきっと気のせい、記憶違いだろう。晩飯はまたカネッティ。店を探すのに苦労するロカルノだが、ここはなにを注文してもうまい。……ああ、パニーニ以外。パニーニはやめておくこと。パリで言うパニーニとはちがう、ひどいものが出てくる。ピアッツァ・グランデの一番奥、MIGROSの隣。朝が早いせいか、毎晩夜九時には寝ていた。おかげで帰国後の時差ぼけには悩まされずに済みそうだ。

それにしても新しいパソコンの使い方がわからない。
Office 2007で書いたものは2003では読み取れなかったり、メールがいちいちややこしくて無線LANの使い方がわからなかったり、バッテリーが7時間持つという触れ込みだったのに三時間半しか使えなかったり。まあおいおい解決していくことだろうが、原始人には難しすぎる。

そして帰国早々、原始人は加圧トレーニングへ。両腕パンパン。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ