2009/4/28

やっとブレヒトが(ちょっとだけ)わかった!  演劇

元来、戯曲というものが読めない。かろうじてギリシア悲劇とシェイクスピアくらいは、といった体たらく。ブレヒトもかつてまじめに取り組んだこともあったが、やっぱりダメだった。だが上演された舞台を見ればこれがたいへんよくわかる。やはり現代演劇は肉体を得なければ表現が全うしないのだろうか。
土曜、打合せから上海小姐で食事、さらにひとり流れた、とあるバーで聞いた『アビー・ロード』のB面が頭で鳴り止まぬまま休日を過ごし、週明け。
シアター・コクーンにて宮本亜門演出・三上博史主演『三文オペラ』。ちいさい頃から――といってもごく当たり前にドアーズがあって『ロスト・イン・ザ・スター』があって、という意味だが――慣れ親しんだクルト・ヴァイルが鳴りはじめると、もう〈ゴールデン・スランバー〉は吹き飛んで頭の中でロッテ・レーニヤが舞いまくる。しかしその〈モリタート〉が済んでしまうとその後しばらく前半はどうも乗り切れない部分もあったが、三上・田口のデュエットによる〈大砲ソング〉あたりから徐々に盛り返し、二幕のフィナーレで涙腺が緩みはじめ、逆さになっても人間は歌えるのかと〈ソロモン・ソング〉の秋山奈津子に驚き、エンディングではとうとう滂沱の涙、となった。
パンフには『ダーク・ナイト』のヒース・レジャーを意識した、とあるが私には『スウィーニー・トッド』を想起させ、あのジョニー・デップと同格、いやそれ以上に豊かな三上博史の演技する肉体(衣裳、ステッキ、帽子、メイクも含めて)を経由したメッキーの辿り着く、なんと深い孤独。痛ましすぎてわが身も捩れる。裏切られるから孤独になるのではなく、赦され救われることでかれは恥辱に塗れ、本来的な孤独に押し戻される、という逆説。反転。それを三上は、三時間を経た最後のたった数分で見事に曝け出す。これはもう『三文オペラ』があって三上がいるのではなく、三上のために『三文オペラ』があるのだ、と言っても過言ではないのではないか。
三上さんの同時代人であることを(またしても)誇りに思った。
24

2009/4/23

出口はいまだ見えず  映画

もうこの仕事無理なんじゃないか、と疑心暗鬼に陥る一歩手前の日々。不況の中で映画を作るなんて暢気もいいとこである。長いものに巻きつきたくたって巻きつくに足る長さのものがないのだから。九十年代前半、バブル崩壊後の、あの呆然とするような二年弱を思い出す。あの頃、中間管理職としての自分の立場に苛まれた苦痛はいまも忘れられない。めいめいの事情で離れていった奴らを怨みはしていないが。そんな精神状況下での二日連続重要な打合せ、さらに内田メンバーの徹夜の直し作業を泥酔=爆睡とともに見守った朝も明け、チェックしてさらに手を加え、家に帰ってやおら金魚の水槽掃除だの浄水器の取替えだのといった水回りの家事に従事したのち、散髪。

今日はもうなんにもしてやんねえ、とばかりに怠惰を決め込んで事務所に寝転がり『非常線の女』。なあんだ、やっぱり男も布切れを投げ捨てまくっているんじゃないか。布切れだけじゃなく、ハイヒールだって投げる。警官のサーベルがやけに目立ったのはキャメラポジションのせいか。制服のズボンとサーベルの先に尾行されつつ歩く絹代を捉えようとしてあのアングルが生れたのではないか、と思わされるくらい。
続いて中島貞夫『沖縄やくざ戦争』。ここで「戦争だいすき」千葉の対極に位置するのは室田である。たっくるせえ、たっくるせえ、と呪文のように唱える杖を突いた室田ほど(ディープ沖縄的)不気味な存在はない。千葉虐殺後の画面をその不活発な不気味さが灰色に彩る。いま余裕のあるときに読んでいる佐野眞一の『沖縄 誰にも書かれたくなかった戦後史』を検証すべく見たのだが、ちょっと「事実は××より奇なり」な印象が否めなかった。何より「PWのうた」をがなる千葉=国頭の反米精神が、妙に矮小化されてしまった恨みが残る。米軍から調達した迷彩服を憧れのこもった表情で羽織る松方との対象にキーがある。
そうしてまた今朝も続けて『トロピック・サンダー』を見ている(なぜか頭に入ってこない)うちに酔いつぶれ、朝。出口はいまだ見つからず。そんな場所にいる私は千葉であり、同時に松方であり、外部(久米島出身者としても)としての室田を強く意識する。

ただ、いま映画が、作りたい。切実な願い。
146

2009/4/20

気の抜けた週末  日常

土曜。加圧後、日仏へ。借りていたビデオの返却がてらアケルマンを見ようとするが遅刻した。坂本さんとお茶して、飯田橋で読売K氏との待ち合わせ場所へ。K氏、まもなく六ヶ月の球体化しつつある下腹部を誇示。吃驚する。渡されたものを持って新宿へ。今井と会って、キリンシティ〜下北沢。なんだかあちこちでえらく食べたあと、LJにてマサラというバンドの方々と映像関係の打合せ。そこで映画作家T氏やロッカーK氏と偶然。
日曜。事務所で目覚める。妻と朝から近所の「ラーメンゼロ」へ。つけ麺。美味。ペットのデパートコジマで買い物。帰宅して、内田メンバーより届けられた第三稿、熟読。なんだかこれはこれですっきりした、という感じ。いくつかの点を手直しして再送。晩飯は久しぶりに姪も加えて家族で筑紫楼。姪は今春より准看護士の専門学校に通い始めた。すると偶然ながら妻に知人から電話が入り、姪の亡母行きつけの店のマスターが今年一月末に亡くなっていたことが判明した。昨日読み始めたばかりの村上龍『昭和歌謡大全集』を読了。なんというリーダビリティ。ひねり直喩の千本ノック。細部のデパート。ただこの巨大な作家の唯一の短所、いや長所なのかもしれないが、それは濃厚すぎて続けてもう一冊、という気になれないところかもしれない。『半島を出よ』に感銘を受けて和解への一歩を踏み出したが、おそらくまたもや時間を開けてしまうのではなかろうか。
柳下さんのネット日記でJ・G・バラード逝去を知った。イーストウッド、JLGと同じ年の偉人がまたひとり。ご冥福を祈りつつ、次はバラードの未読の作品を読むことに決める。といってもまだまだいっぱいあるので、さてどれから手をつけたものか。
4

2009/4/18

東京の女  映画

暇があるとヒントを探して他人のフィルモグラフィーを眺めたりする。昨夜も仕事が一段落し、ぐったりしながら小津のフィルモグラフィーなどぼんやり眺めていたのだが、ふと現存する全作品中『東京の女』を唯一、見ていないことに気づく。なぜだろう。見逃したままになっていて、そりゃDVD−BOXに入っているのはわかっているが、いつかフィルムで見る機会も来るだろうから、とそのままになっていたのだ。しかし気づいたら気づいたで見たくなるのが人情というもの。早速見始める。
相変わらず岡田嘉子は美しい……などと漫然と見続けていったが、ある箇所で思わずポーズを押してしまいそうになった。それもどうかと思ったので、すべて見終わってからそこへ戻って確かめたのだが、そこは岡田嘉子の素性を兄から聞かされた田中絹代が、恋人であり岡田の弟である江川宇礼雄のところに来た場面の終わりである。怒り、泣き濡れた江川が床からなにか布を拾ってアパートの廊下でやはり泣いているはず(オフ)の絹代に向かって戸口から投げ捨てるのである。あれ、この布なんだっけ? というのが見直した理由。答えは絹代が持って来たマフラー(というか、ショールか?)だ。
で、いわゆるひとつの例の本の、増補版に加えられた「憤ること」なる章に、これが載っていたか記憶になく、気になってしかたないので、家に帰って調べるが、ない。江川の自殺には触れられているが、このアクションについての記述はない。しかし、本来絹代の《襟元》を覆うはずの《マフラー》(というか、ショール)が床に落ちていて、それを《憤った》江川が《拾い上げ》て《投げ捨て》る。そしてそれを最後に江川と絹代は今生の《別れ》となる。つまり、まんま、そこで言及されているとおりのことを断片的になぞるように、ここでのアクションは生起しているのである。
もちろんこの章では、最終的に『秋日和』の岡田茉莉子にまつわる感動的な描写(読みながらまた泣いてしまった)へと逢着する「女性たちの《憤り》」が問題にされているのであり、江川のそれがそこに該当しないのは当然だ。ただ実は、ここでも本当に憤るべきは、暢気に学校へやってもらいながら身勝手に怒り、挙句自殺してしまう江川ではなく、その犠牲となる岡田と絹代のほうだろう。その意味で、この江川のアクションもまた、小津的な「女性たちの《憤り》」の変則的な一例として加えてあげてもいいような気がする。
ま、同時期の小津作品としては小品だし、どことなくぎこちなさがなくもないが、夜の岡田が勤めるキャバレーみたいなところのノワール感なんか、さすがグッとくるものがあって、やはり小津はどれも侮れないなあ、と感心させてもらいました。
てゆうか、ちょっと仕事でへこたれかけてましたけど、小津先生に助けられました。DVDで申し訳ないけど、やっぱ元気出ますよ、小津見ると。
7

2009/4/15

過失と仮眠の日々に三色のリボンを  日常

睡眠と食欲がどうもおかしなことになっており、ほとんど眩暈を起こしながら日々長時間のミーティング、というよりは未だ現れぬ作品世界への脳内漂泊のようなことに耐えている。さらに某出版社とトラブル、とまではいかないものの不穏な問題を抱えてしまい、深夜の呻吟。書かねばならないもの、読まねばならないもの、見ねばならないものどもだって山と積まれているけれど、あまりに疲労困憊して着手できぬまま、睡魔にKOされっぱなし。しかし仮眠を経ても頭はさらにぼおっとするばかり。もはやこれ以上の仕事は無理であるので、ここ数日のうちになんらかご依頼をいただいている方々、お返事が遅くなって大変申し訳ありません、のちほど必ずご報告のメールをお送り致しますが、とりあえずこいつは無理であろうとお諦めください。

そんななか、現在帰宅中の携帯電話のためにネックストラップを三本購入。今後、私の首には常に赤または青または緑の紐が、ある種の業界人風にぶらさがっているはずである。ダサすぎるがしかたがない。それも己の人生と受け容れるのみだ。

頭の中をマキノとペキンパーとコッポラとボビー・ウーマックと安吾と檀一雄が行ったり来たりしている。まあそうしたことは今に始まったことでもないのだが。
1

2009/4/14

お騒がせしました!  日常

関係各位、

いつもお世話になっております。
このたびは大変お騒がせしましたが、土曜の夜以来行方不明になっておりました携帯電話、無事存在確認されました。明後日には落手する予定でございます。皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。
今後は首からぶら下げて決して離さぬように致しますので、どうかお見限りなきよう。
宜しくお願いいたします。



。。。ああ、疲れた。マジで疲れた。。。
0

2009/4/12

桜褒め・最後は最悪の展開に!  日常

今年の桜もいよいよ見納め、というところで、自分史上最も豪勢なる吉野千本桜ツアーへの参加。主催・文豪Y氏、知人・初対面の方などなどヴァラエティに富んだメンバー。吉野神宮駅前「ダニエル」なる喫茶店の焼きうどん、旨し。もちろん旅館も素晴らしい。桜は言うまでもなく。

だが帰りが悪かった。またもや携帯をなくしてしまったのだ。しかも今回はどこで失くしたかまったく記憶がない。この一ヶ月ばかりのうちに三度である。我ながら呆れるばかり。せっかく愉快なツアーだったのに、情けなくって自殺したくなる。どうやって東京行きの新幹線に乗り、どうやって降りたのかさえ思い出せないのだ。そもそも名古屋で二軒目に行ったという店の残像が曖昧だし。なんだかもう携帯電話など持ちたくないし酒も呑みたくない、という暗澹たる思い。ひたすら落胆。なぜか深夜の西麻布に陣地を張り、そこで大捜索開始。だが見つからず。どころか失態に失態を重ね、関係諸氏に顔向けできない最悪の事態に発展。穴があったら入りたい。
0

2009/4/9

桜褒め・その2  日常

月曜は来年開催予定のあるビッグイベントの打合せに出かけた。具体化までまだしばらくはかかるが、うまくいくことを願ってやまない。エクセル最上階和食屋のなかなか日本離れした夜景を堪能した後、西麻布で「桜褒め・その3」のための打合せ。

火曜、内田メンバーより届いた第二稿チェック。細部の直しを送りあっているうちに俺のメールを内田メンバーのサーバーが迷惑メールとして弾いていたらしく、コミュニケーション・ブレイクダウン。それこそスパムかというほどくだらない携帯メールはいくらでも繋がるのにねえ。ともあれ時間切れとなり、ワインを二本と黒烏龍茶を詰めた袋を手に弦巻営業所行きのバスに飛び乗り、桜新町で下りてそこから世田谷美術館までタクシー。砧公園はやはり広すぎて迷子になりかけたが、事務所を出て一時間でようやくたどり着く。昨年の野本哲学(花の咲いた木からできるだけ離れ、ロングで桜を愉しむ)は鳴りを潜め、最も暗い奥地でひっそりと宴に興じる日陰者的なかたち。まあそれもいい。夜更けて用賀駅まで徒歩。電車に乗り、光石さんと三軒茶屋で下りてLJ。しかし即座に撃沈。毎度ながらひどいご迷惑をおかけする。

水曜、NAL8ミーティング。合田メンバーのネチネチとした絡みに内田メンバー切れかけの一幕も(笑)。こういうもんは本当にそういうもんなのね、と具流八郎の伝説を改めて痛感。まあ切れかけただけで切れないのが内田メンバーのいいところで、切れるまで追い込まないのが合田メンバーのいいところ。どこかプロデューサーとの打合せに予行演習のような感もあり。しかし、残念ながら湯浅湾ライヴ、見送り。
0

2009/4/5

桜褒め・その1  日常

さて、今日あたり飛ぶか、PAC3による迎撃の瞬間とか見られるか、とあらぬ妄想に身悶えしつつ、市ヶ谷のお堀端緑道で今年最初のお花見。最初はひとりだったが、やがて松井宏が来て、のほほんとワインを呑む。ただ咲いているだけの桜というのは実に退屈で、やはり桜吹雪でなければ見る価値はない。次に本日の主賓・土田環が来たのはもう肌寒さが沁みる午後五時。晴れて社会人祝い、ということで乾杯だけして、慌てて近場の居酒屋へ。その後数名と合流し、白金ジャンボ。どんだけ好きなんだ、というくらい通っているが社会人祝いにはうってつけであらう、ということで。その後、LJで朝。
ミサイルは結局寝ている間に飛んだ。ニュースを見た妻が起こしに来た。まったく鉄屑撒き散らしやがって、環境破壊もいいとこだ、ろくなもんじゃねえ、と悔し紛れに。
1

2009/4/3

劣化VHS弾解体作業  日常

ここんとこ日記をサボっていたのは、某所にて日記を発表すべく書いていたからで、同じことは書けないし、べつのことを書く余裕もなかったので。
この間に見た試写といえばダニー&オキサイド・パン兄弟『バンコック・デンジャラス』だが、全面的NGを出すほどではないものの、やはりわが国には首相も大好きなデューク東郷がいるわけで、さすがにここでのニコラス・ケイジのやることなすことすべて、殺し屋の風上にも置けんことばかりなのだった。とはいえ『黄金銃を持つ男』だったか、あれ以来魅せられっぱなしのタイの極彩色の美には今回もやられた。いいよ、タイは、うん。ぜひロケしたい。観光には興味なし。
本日は終始事務所であれこれ作業をしながら、VHSを一気に三本、DVD−RWにダビングした。やはり数年間見ていなかったVHSの劣化は厳しく、さっさとダビングするのが賢明だということで、これからしばらく未DVD化作品をダビングしまくろうと思っている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ