2010/3/26

木村威夫師追悼、または不謹慎vs平成大不況  日常

数年前、日活の食堂にてたむらさんの御紹介で木村師にお目通り適った。ある企画のために、赤線の資料を拝見させていただきたく願い出たのだった。畏れ多くも、師はどっさり当時の写真のカラーコピーを集めて封筒に入れ、お渡しくださった。有難くて、心から感謝した。
その師が映画を二本もつくったというのに、私は未見である。無礼も甚だしい。オリジナル脚本なんて無理、とこの国の何処へ行っても門前払いの昨今、清々しくもそれを実現していた九十歳の師にただ頭をたれるばかりである。
心より哀悼の意を捧げる。

そんな国の大不況のさなか、バンクーバー国母あたりからセンバツ山陰のピカソ、公安中井「ボクはハマ」蛤の路チューまで、不謹慎がイジメの嵐に晒されている。木村師流の粋がないからといってあれらの不謹慎を笑って流せない世間の料簡の狭さには、ただ呆れるばかりだ。

そんななか、いかにも不謹慎な書物が届いた。
阿部和重『ピストルズ』である。
装丁といい、重さといい、いかにも不謹慎だ。
ぜひ大いに世の中でイジメて、話題にしていただきたい。
私もいま読んでいる往年の不謹慎野郎、小島某『女流』を読了次第、取り掛かることにしますので。

それにしても不思議なのは「小島に影響を受けた」小説家たちだ。あれに「影響を受けた」と告白するのって、どんな気分なんだろう。想像もつかない。そんなこと恐ろしくて口に出せない、というのが当たり前だと思うが。当たり前じゃないのが小説家なのかね。そういうもんか。ふ〜ん。
23

2010/3/18

高岡蒼甫を見た!  演劇

月曜、某企画の取材のために、新宿で某氏らと会う。初対面だがかねてから非常に尊敬する人々。思ったとおりの人格者たちで和やかに、そして綿密に取材は捗った。あとはこれをどう料理するかだが……。

火曜、『ヘンリーY世』@彩の国芸術劇場。蜷川シェイクスピア版『仁義なき戦い』シリーズ一挙上映、みたいな爽快さ。吉田=広能(文太)以下、星=松方、横田=室田、池内=北大路、長谷川=渡瀬、瑳川=名和、みたいな常連陣のおそるべきチームワーク(いったい新川=川谷は何度殺されたことか!)が実に痛快で、かつ大竹=山守(金子)という仕掛がこれまた気が利いているのだが、このたび新たに三人ほど瞠目すべき人々を知った。ひとりは『仁義〜』だと誰に当たるのか、前半をリードするトールボット卿を見事に演じられた原康義さん。成田三樹夫になりそでならないところがよくて、全篇で唯一その死の場面で泣けた。いまひとりは、無実の罪で決闘させられる徒弟ピーターを演じた大川ヒロキさん。高橋洋さん以来久しぶりにとてつもなくうまい、と思った人。そしてのちのリチャード三世を演じた高岡蒼甫さん。まだまだ粗削りながら、千葉でしょ、これ!と思わず嬉しくなってしまうほど、威勢がいい。表現力の豊かさ、声量もじゅうぶんあるし、背中向きでもはっきり通る声質も舞台向き。あと数年したら再度『リチャードV世』をぜひ彼で見てみたい。見ることのできなかったカルメロ・ベーネのそれを、つい想像させてくれる。とにかく、いまダントツで、将来が楽しみな俳優に出会うことができた。

というわけで、水曜は気持ちを切り替えて延々とシナリオを直した。調べても調べても、直しても直しても、なお飽き足らない。ほとんど原作にはない場面がショウロンポウの皮みたいに肉汁ごと包み込んでいるような状態。しかし、これでいいのだ。久しぶりにがっちり仕事している手ごたえを覚える。
31

2010/3/13

戦いすんで陽が暮れて  労働

大山鳴動して鼠ゼロ匹。ゼロ匹のゴーシュ、たあ俺のこと。
タダ働き(シナリオ/企画書)が数回続いて、限界。もはや一行も書けません。

一方、加糖アラタメ長谷川肝臓はパンク寸前につき、主治医再検査を主張。本日より禁酒決定。泣きっ面に蜂須賀小六。〆にしっとり痛飲。

終日、誰も望んじゃいない、と知りつつも、昨年のパフォーマンスヴィデオ編集。
めくるめく「異形」の「運動」の嵐に、じゅうぶん満足。これこそわが「新作」なり。超自信作。
大重はとうとう、今井や菊池さんとともにおれの相棒となってくれた。

そういえば、つい先日『コロンブス 永遠の海』を見て、深々とした感慨(いやはや『路地へ』が正しかったことを勘違い的に確信)に耽ったあと、久しぶりに『ノン、あるいは支配の虚しい栄光』をDVDで見た。
これぞまさしく爆音史上ナンバーワンの可能性大。まもなく再映予定のニュープリント(未確認)がある以上、boidは決して避けて通れまい。某オスカー映画など足元にも及ばない、まさに「現代」の戦争映画。
あとは『ミネソタ大強盗団』ならびに『ALI』再見。双方とも何度見ても不気味きわまりない。こんなのやりたいなどと言ったって、賛同者がいるはずもないが。この度し難い不自由。

日々、ツイッターのフォロアーとやらがやってくる。
おれはやらないよ、阿部君の「でございます」と島田さんのしょうもないギャグだけ読んでへらへらするだけよ。
あくまでここが根拠地。ここで呟きます。

帰国以来、大江『水死』の素晴らしさに、ずっと浸っている。
寺田博氏が逝去。冥福を祈る。
いまはクレランド(吉田訳)『ファニーヒル』を熟読中。悶絶。

リュックに嬰児の腐乱死体を背負って東大三鷹女子寮に家宅侵入した男とその産みの母親の不気味さは、しばらくはちょっと忘れ難い。

25



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ