2010/3/13

戦いすんで陽が暮れて  労働

大山鳴動して鼠ゼロ匹。ゼロ匹のゴーシュ、たあ俺のこと。
タダ働き(シナリオ/企画書)が数回続いて、限界。もはや一行も書けません。

一方、加糖アラタメ長谷川肝臓はパンク寸前につき、主治医再検査を主張。本日より禁酒決定。泣きっ面に蜂須賀小六。〆にしっとり痛飲。

終日、誰も望んじゃいない、と知りつつも、昨年のパフォーマンスヴィデオ編集。
めくるめく「異形」の「運動」の嵐に、じゅうぶん満足。これこそわが「新作」なり。超自信作。
大重はとうとう、今井や菊池さんとともにおれの相棒となってくれた。

そういえば、つい先日『コロンブス 永遠の海』を見て、深々とした感慨(いやはや『路地へ』が正しかったことを勘違い的に確信)に耽ったあと、久しぶりに『ノン、あるいは支配の虚しい栄光』をDVDで見た。
これぞまさしく爆音史上ナンバーワンの可能性大。まもなく再映予定のニュープリント(未確認)がある以上、boidは決して避けて通れまい。某オスカー映画など足元にも及ばない、まさに「現代」の戦争映画。
あとは『ミネソタ大強盗団』ならびに『ALI』再見。双方とも何度見ても不気味きわまりない。こんなのやりたいなどと言ったって、賛同者がいるはずもないが。この度し難い不自由。

日々、ツイッターのフォロアーとやらがやってくる。
おれはやらないよ、阿部君の「でございます」と島田さんのしょうもないギャグだけ読んでへらへらするだけよ。
あくまでここが根拠地。ここで呟きます。

帰国以来、大江『水死』の素晴らしさに、ずっと浸っている。
寺田博氏が逝去。冥福を祈る。
いまはクレランド(吉田訳)『ファニーヒル』を熟読中。悶絶。

リュックに嬰児の腐乱死体を背負って東大三鷹女子寮に家宅侵入した男とその産みの母親の不気味さは、しばらくはちょっと忘れ難い。

25



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ