2010/4/29

ついにベロッキオ!  映画

四月末日、とうとうベロッキオと会うことになる。しかも大学の同期、赤坂大輔とともにだ。これ、個人的にひどく感慨深いことなのだ。赤坂とは大学時代、アテネ日仏はもちろん、法政学館ホールやドイツ文化センターと並んでイタリア文化会館が毎週の溜まり場になっていて、あそこの上映がなかったらカルメロ・ベーネもマルコ・フェレーリも、そしてベロッキオもこんなにたくさん見て来れはしなかっただろうし、当時のあの鑑賞とその後の赤坂との夜更けのおしゃべりがあったから現在があるという自覚は深い。『第一ページの怪物を叩け』や『父の名において』、『虚空への跳躍』、これは違う場所(銀座文化?)だったが『凱旋行進』、さらにそもそものきっかけとしての『ポケットの中の握り拳』(すでに何度も言っているがこれを見なかったらルー・カステルと映画を作りはしなかったろうし、そもそも『Helpless』を作ってなかっただろう)などがあり、一般公開された『肉体の悪魔』や『サバス』なんかは本当に感無量な思いを味わった。その後、ときには「?」と判断停止なときもありはしたが、最新作『勝利を』は初期のパワーを一気に取り戻したようなド迫力の傑作だ。ぜひとも一般公開をお願いしたい。
ベロッキオといえば、叫びとささやきの作家だ。そのタイトルの作品を持つ北欧のひととは比べ物にならない熱量の「叫びとささやき」のひと。どこかでヴィスコンティ最良の一本『イノセント』を継承するかのようなその「叫びとささやき」が『勝利を』でも全面展開する。主演女優の圧倒的なパワー。そうして、今世紀に入って雪がこれほどまでに美しい映画があっただろうか、と思われるその描写の周到かつ繊細な手捌き。
会って話したいことは山ほどあるが、まずは新作の大成功を心から祝福したい。
85

2010/4/22

二週間ぶり  映画

ではなかろうか、ある事情で購入したDVDを見た。『ハッスル』『シシリアン』の脚本家スティーヴ・シャガンによる『真実の行方』。このひとの書いた『ジェネシスを追え』という、ジョージ・C・スコットとマーロン・ブランドが共演している未公開の作品(テレビでやったのかな?)をふたりが生きている頃から見たいと願っているが、いまだに適わず。とはいえそれが理由ではなく、決して嫌いではない法廷物であるこれを見たのは、エドワード・ノートンのため。なるほど、これがスター誕生の瞬間か、などと余計なことを考えてしまう。ネタ的には、出オチですか、懐かしいですね、『情婦』でしょ、などと意地悪も言ってみたくなるが、それはこないだ『絞殺魔』見ちゃったせいで、しかしいかにもアメリカのTVMっぽい演出(不必要なシーンが多い)が必ずしも不快ではなく、むしろシュアで、納得できる。昨日の夕方ぼんやり見てた『マーシャル・ロー』の、ダッサいハイスピードなんかより全然いい。あのアネット・ベニングはどうも大根な気がするのだが、こちらはうまいけどどうしても地味なローラ・リニー。バーでぐるっと振り向くところなんかいいんだけどな。
最良の場面は、判事室で女性黒人判事が弁護士と検事双方に酒を勧めるところ。女性検事は受け取り、弁護士は断る。と、判事は弁護士に差し出したグラスから自分のグラスに注ぎ変えてそれを呑むのだ。意味は判然としないが、へんに面白い。
しかし、法廷物というのはよっぽど取材とか勉強とかやってさらにアドヴァイザーしっかりつけないと怖くて手を出せないジャンルだな。取材しすぎて飽きて非現実的なこと考えはじめるまでやんないとダメな気がする。
……というわけでアイデアとしては、却下。

二日間の断酒に成功。だが明日からは呑むだろう、間違いなく。

舛添がどうか知らないが、杉並区長なんざプチ石原だ、つくる会教科書支持者なんかに国を任せられるか!。。。と今日乗ったタクシーの運転手さん(自称・元二等兵)が叫んでおられました。完全に同意いたします。
34

2010/4/21

ようやく『ピストルズ』を  書物

読みはじめることが出来た。いきなりゼフィルスが飛び交い、それを誘う植物があくまで柔らかくじわじわと繁茂していくような精密な描写が続く。『スキャナーズ』かな、とか『ドレミファ娘の血は騒ぐ』みたい、とかいろいろ思わされた。今日はまだ第二部までだが、今後の期待になかなか眠れない。

一方、en-taxiで坪内さんが論評していた岡田睦(おかだぼく)という小説家の『明日なき身』という本を入手した。表紙がハシブトコウのイラストで、その鳥についての掌篇を某誌に書いた身としては親近感が溢れたが、これ、凄い。うまいとかへたとかではなく、凄い。阿部君のが終わったらこれにかかる予定。

東京新聞に載った、都知事の「外国人参政権反対」の演説での「帰化人差別」発言および故・新井将敬元議員への「元北朝鮮人」と書かれたシールをポスターに貼る、という行為への言及を読み、この見下げ果てた知事といい大阪の知事といい、よくもまあ。。。一刻も早く消え去って欲しい、とつくづく。
76

2010/4/16

また、とある  日常

ブログに書かれている言説を受けてのつぶやきで恐縮だが、イラクで爆弾テロをやっているひとたちの意志を第三者に「悪意」と呼ばせてしまうものを孕んでいることが、あの映画の最大の「悪意」かもしれない。あれは「悪意」ではなく「意志」でしょう。三菱重工ビルをやったと言われている《狼》が持っていたものは「悪意」ではなく「意志」であったはずで、それと同じことが、ただ習慣化されているがゆえに感覚が取り違えられているかもしれないが、イラクでもなされているはずだ。
もちろん兵士に「悪意」と取られてもいたしかたないが、第三者がそれを「悪意」と名指す権利はない。その陥穽にあの映画の罪がある。
77

2010/4/15

仕事中は  日常

こっちの日記がついおろそかになり、つぶやきがメインになってしまうのは宮沢さんの例しかり。映画もまるで見ていず本も読めていないので、書くことがない、というのも実情。

ある場所で、「現実」か「未来」か、いずれにせよそれがヌーヴェルヴァーグの現在における引き受け方、というようなニュアンスで読み取られうる言説を目にしたのだけど、本当にそうか、と思う。どうやら書き手が本気でそう思っていないことがなんとなくわかるんでそれを敷衍して考えてみるのだが、たとえば『アルファヴィル』がいちばんわかりやすい例だろうけど、映画は認識されうる「現実」や想起されうる「未来」との決定的な「ズレ」としてしか提示されえない、ということを最も苛酷に体現したのがヌーヴェルヴァーグだったのではないだろうか?
どんなに声高にこれが「現実」だと主張しようと、どれだけ「未来」への不安で画面を濡らそうと、映画は映画になってくれない。私自身何度も挫折を経験してきたし、先達や後続の失敗も見てきた。映画はあるかないかの「ズレ」に賭けるしかない、とこれまで何度も呟いてきたことを、ただ芸もなく繰り返す。

しかしそろそろ映画館に行って「ズレ」のクレバスに身を投じないと体がふやけてしまいそうだな。
76

2010/4/7

花見その2  日常

日曜、朝からひどく精神が不安定で、なにもできず。事務所に横たわって『ジェーン・エア』『獣の戯れ』『夕なぎ』を連続で見続けた。文学作品の映画化、という共通点がある。しかしそうだから見たのではない。気づくとこういうチョイスになっていた。あと、子役時代と大御所状態の二度、リズが死んだ。
『獣の戯れ』の物語はちょっと幼稚ではないか。三十代中盤で書くような話だろうか?

月曜、雨の中、某氏のお宅にお邪魔して、リビングルームで撮影。ご子息(六年生)の学校が入学式準備で休みの日を一時間、拝借。黄色い、サッカーのユニフォームを着てもらった。その後、事務所に帰って仕事をした。

火曜、砧公園にて撮影。毎年恒例のお花見を兼ねている。年末年始の飲み会は飽きたが、これだけは止められない。というくらい楽しい。今回は撮影もアトラクション的にやったので、さらに楽しかった。
しかし途中から記憶が曖昧で、気づくと朝、事務所で寝ていた。
10

2010/4/4

花見をした  日常

妻の友人らと中目黒の川沿いのイタリアンで夜桜見物をした。寒かった。しかし食い物は安くてうまくて、びっくりだった。

朝になったらなぜかうつになっていて、まともに喋れない。どうしたことか。
天気のせいだろうか。
14

2010/4/3

新聞を取った/初歌舞伎  演劇

日ごろ、行きつけの蕎麦屋でのみ読んでいて、しかしいつも夕刊のコラムが面白いので毎日読みたくなって新聞を取ることにした。大学時代以来、二十年ぶりかもしれない。三大紙ではなく、東京新聞である。で、隅から隅まで読む。面白い。このネット時代になにをやっているのか、と嗤われるかもしれないが、面白いのだからしかたない。
今日は投稿欄が面白かった。ソフトバンクがお笑いに賞金一億出したのを批判しているのが特に面白かった。

で、今日はいまの歌舞伎座が改築するというので、というかあるひとにご招待を受けたのだが、とにかく観に行った。嗤われると思うが、歌舞伎座に入ったのはこれが生れて初めてである。父は子供のころ大好きでよく行ったと言っていたが、そのせいかなんとなく敬して遠ざけてきた。だがやはり観てみると非常に感化されるものだ。演目は「実録先代萩」と「助六由縁江戸桜」。何より感心したのは、よく聞いていたが本当にストーリー全部やらないのだな。いわゆるサワリだけ、ということなんだろうか。ま、それにしちゃ「助六」なんて2時間近くあるわけだが。もしかしたら本当に台本あれだけ、なのかもしれない。だとしたらますますポストモダンだな。大変気に入りました。
幕間にサンドイッチ食べてスパークリングワイン呑んで、地下から三階までざっと見てまわった。新しく建て替わったら、今度は桟敷席というところでお弁当食べながら見よう。ちょっと楽しみがひとつ増えた感じだ。
終幕後、楽屋へお邪魔した。昔ながらの楽屋。埃っぽさと年季の入った暖簾。木の名札。『残菊物語』やら『人生とんぼがえり』やらバックステージものをいろいろ思い出して、グッと来た。

昨夜西麻布で呑んでいたのは覚えているが、そこから先の記憶が曖昧で、朝起きると右腕周辺が傷だらけだった。どこかに挟まれた覚えがうっすらあるのだが、それがどこだったかなどまったく頭から消えている。でもまあたいしたことはない。問題は今後仕事をどうやっていくか、なんだが……。
13

2010/4/1

年度を渡った  日常

ようやく温暖な天気になった。桜もあちこちで咲いている。先週の雨などやりきれない気分に陥った。目黒川の橋を渡ると、よし、と思える。
金曜、土曜、月曜、火曜と続けざまに酒を呑む場に出たので、昨日は朝まで書くことにした。明け方の帰り道は冷えたのでまだ続くかと思われたが、今日は風こそ強いものの気温が高いのがうれしい。
小島『女流』読了、凄まじい。でもやはり影響を受けたらおしまいだとつくづく畏れるものだ。時制の自由にかんしてのみ、激しく誘惑される。

できるかぎりひとに会いたくないし、ひとと喋りたくない。
大森立嗣監督『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を見て、監督と対談した。天才・宮崎将のどうどうたる演技にひたすら脱帽。誰彼ともなく言いふらしたいそのうれしさと自分自身の不甲斐なさでどうしても酒が進んでしまった。
対談したL社の1階に事務所を構えるデザイナーのM氏にご挨拶。ライヴやれよ、と嬉しいお言葉。しかし乞われもせずに自分から動くことはさすがに控えておきます。

毎年、花見の季節はどうしても滅亡の方に向かってしまう。
14



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ