2010/6/13

だうん、その他  日常

金曜に表参道ヒルズB3スペースオーにて、ショートショートフィルムフェスティヴァルのミュージックショート部門の上映。拙作『だうん』もコンペ外の特別上映という形で上映され、壇上で少し喋った。『だうん』は、構想半月、来日中だったアルノー・デプレシャン監督の宿泊先にお邪魔して撮影したのを皮切りに四日の撮影、三日の編集+小直しで完成した。完成度の高いCGを使ったものなど他の力作を鑑みれば申し訳ないようなお手軽さだが、ここへ来て私も「楽に弾く」というハリー細野氏のニューオリンズ体験(昨夜の「scola」で言ってた)に近づこうとする意志が、というかそれはそもそもミーターズのポーターさんも言ってたんだが、ともあれそっちへ傾いてきたのだった。そのひとつの成果。だから、というわけではないが『だうん』に乗せる音楽は〈アイコ、アイコ〉でも〈ビッグ・チーフ〉でもよかった。またニューオリンズに行きたくなった。
帰宅して南ア−メキシコ戦。パス回しを見ているだけで気持ちよくなり、それなりに酒を入れていたせいでそのまま眠ってしまった。

土曜は映画美学校でやっている「世界のドキュメンタリー」という企画で『AA』が上映され、その質疑応答。3分から7時間半まで。いろいろだ。造形大の人たちも来てくれて、それなりに話が弾んだ。
帰宅してアルゼンチン−ナイジェリア戦。まだ本調子でないものの、時折見せるアイデアに思わず、いいねえ〜、と唸ってしまった。あと両コーチの対照が笑えた。マラドーナさん、ボールに触りすぎwwwひょい、と選手にボールを蹴り渡して、世界に健在をアピールするブエノスアイレスのギャングのボス。
そのハーフタイムにチャンネルを変えると「scola」が映って、いきなりジェームス・ジェマーソンの話から始まったのだ。そのまま終わりのスライのセッションまで釘付け。慌ててチャンネルを戻すが、1−0のままで終了した。

あとはずっと三本のシナリオをぐちゃぐちゃしていた>先週。
22

2010/6/7

トラック野郎風雲録  書物

五月末のことを割愛したが、これは割愛できない。
鈴木則文監督著『トラック野郎風雲録』(国書刊行会)である。
『トラック野郎』シリーズ十本を手がけた監督自らの手で、娯楽映画への熱く、哀切きわまる思いが、まるで彫刻のように丁寧に刻みつけられている。その終焉をはるかに眺め、てめえの金でてめえの企画をやらない会社になんか、なんの郷愁もない、と斬り棄てるいさぎよさ。心から感動する一冊である。

五月末に、オールナイトに先立って監督と、佐々木浩久監督とともにこの本についてのトークショーを池袋・新文芸座で行った。本のなかでも書かれ、当日も語ったが、白眉はなんといっても、若山富三郎が監督に、とある俳優を薦めるくだり。監督とは絶対にあうはずだから、一度一緒にやってみろ、と。実現していたらどんなだっただろう。
15

2010/6/7

美しき五月のこと〜その3  ツアー

すでに記憶は曖昧になっているが、つづきを。
そののちの日々、昼はアトリエ会場でいただき、午後は撤収中の、あるいは無人の(この場合は無断侵入である)ジャパン・パビリオンで取材、あるいは打合せなどを続けながら過ごした。で、夜は毎晩、クラウディア・カルディナーレ系美人の給仕してくれるイタリアンで、東京フィルメックスの市山さんや東京国際映画祭の石坂さん(『下女』のリメイクにかなりおかんむりだったのが印象に残った)など、毎度お世話になっている方々を含めた日本の人々と過ごした。で、夜が来ると自然に眠くなる日々。
途中、アトリエのフォト・コールがあって、パレの屋上に行くとホン・サンスとアピチャポンが続けてフォト・コールやっていた。そのときは知らなかったが、いま思うにパルム・ドールと〈ある視点〉グランプリの二人じゃん。ホンさんには声をかけて自己紹介しておいた。
で、最終日はそのホン・サンス『ハハハ』。いや、まあ相変わらず、といえば実に相変わらず。べつに洗練されるわけでもなく、ほとんど『母なる証明』を軽く嘲笑するような、というと穿ち過ぎかもしれないが、なんかそういう話。にもかかわらず、まったく飽きずに見ていられるから不思議。で、相変わらず二の腕の勝利。
同僚、汐巻氏と初日に廣瀬夫妻らと食事した店でランチして別れ、その後再びテリー小山内と会って、パレ近くのゲイ&レスビアンフェスティヴァルの授賞式会場になる、という店でぐだぐだ昼ワインしながら帰路に着く。
帰り道はかなり渋滞していたが、なんとか無事到着。シャルルドゴールでフランス映画社柴田社長とばったり。機内ではべつべつだったが、成田着まで細かくいろいろ重要な話を聞き、JLGのバッジを貰い、大島渚監督へのメッセージTシャツにサインさせていただいた。

で、帰国後もいろいろあったが、割愛。すでに六月である。
第一週は、というか帰国の機内からずっと、四方田犬彦氏との対談のために氏の最近の著作数冊を熟読するのにほとんどの時間を費やしていた。その対談を無事に終え、さらにその翌々日には蓮實先生、黒沢師匠との鼎談最終回。ほとんどこれらの準備だけでへとへとになった。殊に後者は、自分の発案でもあり、かつ人生半ばの大きな仕事のひとつの完結ともなり、終了後はなんだか予想外に感無量な一夜を個人的に過ごした。
で、土曜日は完全オフ、ということで妻と新宿での国際ミネラルフェア。石好き、化石好きの集まる一種独特のコミュ。始祖鳥の化石でどうしても欲しいやつがあったが、七万円とはいまの自分には高額過ぎて断念。漫然と満員の西新宿をあとにした。
そして本日はさいたま芸術劇場まで出かけ、蜷川&井上『ムサシ』。思いのほか、悪くなかった。というか今後の自分の仕事の方針を深く考えさせられた。

というわけで、ようやく現在に追いついた。しかし明日からはあまり書くこともないだろう。

9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ