2009/7/7

My Standard Liqueur  

在りし日のマイケルの雄姿が流されつづける空港をあとにして、ピナ・バウシュの逝去にはじまりバーゼル出身フェデラーの優勝で幕を閉じた感のあるスイス行だったが、いずれなんらかの形でなにをしてきたかを報告することになろう。戻ったら戻ったでウイグル族の暴動とロバート・マクナマラの逝去がほとんど同時に報じられている。時代は変わり、世界ではいろんなことが起きているんだぁ〜な〜、でも私はいまそれどころじゃない〜♪ん〜ん〜。

ところで、今回のスイス最大の収穫はアブサンである。この酒は、幻覚を引き起こすと言われたニガヨモギを原料の一部としておりそのために禁止されたわけだが、その科学的根拠が怪しいということで、スイスでは二年前にようやく解禁になった。呑んでみると実にうまい。パスティスに似ているが、より風味が強い。スイスではどこかの谷間で密造されていたとか。ヴェルレーヌやゴッホが愛飲したのもわかる。太宰も呑んでたんだっけ? ともあれアルコール依存症チームの一員としては、今後これと泡盛をわが愛する酒としてちびちびやっていこうと思う。ははは。
10



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ