2009/12/31

分かれ道に立つ。  日常

もはやM−1を見ることも忘れ、ひたすらダラダラとしたリズムで原稿書きに向かう日々を過ごす師走後半。ようやく残すところあとひとつ、という感じでグダグダモードに突入してしまった。なにをする気も起こらない。しかしまだほんのちょっと猶予はある。こんなときは読書するしかない。ということでコーマック・マッカーシー『ブラッド・メリディアン』を読み始めた。某誌から書評執筆依頼があったため。
『パブリック・エネミーズ』は見た。銃器の扱いはさすがだし、かつてより描写の腕も上がっている。中心の恋愛がいささか子供っぽくて苦笑したが、まあいいんじゃないかこれだけ丁寧に描くのであれば、そういうことも。
飲み会やら打合せやらいろいろ忙しかったが、ひとに会えば会うほど外出嫌いになっていくことに気づかされた。このまま行くとなにかすべて遮断しそうでこわい。魔が差すということがある。こわいのだけれど、どうでもいい、というかたちで興味を失っていくばかりなのも止みそうにない。興味が向かうのは脚本と俳優の演技、それにカット構成ばかりだ。最近しばしばいろんなところでいろんなひとが呟く「物語の復権」という言葉を目にすることがあるが、「復権」とはいかなる意味だろう。まるでかつて物語が「権」を失ったことがあるとでもいうように聞える。物語批判とは、決して「権」を失うことのないその構造、つまり透明さに抗してその存在を暴きだす試みだったにすぎないはずだが。そうしてその「権」に誰もが無意識に染まったかのように同じ物語を語り始めることの自覚の不在を、顔をはたいて気づかせることだったはずだが。それは最近のテレビで、小沢に権力が集中している、と誰もが発言することにも似ている。いつだって権力を持っているのは他ならぬテレビそのものだろうに。そのときテレビは決して民意ではない。いわばただのいじめっ子だ。
だがもうそういうこともどうでもいい。私は脚本と俳優の演技とカット構成さえしっかり考えることができればそれでいい。議論など誰としたってしかたない。ただわが道を行くしかない。

などと言ってる間にすぐさま猶予もなくなり、今年中にどうにかできることなどなにもなくなった。あーあ。まあいいや。年が明けてから頑張ろう。
62



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ