2010/4/29

ついにベロッキオ!  映画

四月末日、とうとうベロッキオと会うことになる。しかも大学の同期、赤坂大輔とともにだ。これ、個人的にひどく感慨深いことなのだ。赤坂とは大学時代、アテネ日仏はもちろん、法政学館ホールやドイツ文化センターと並んでイタリア文化会館が毎週の溜まり場になっていて、あそこの上映がなかったらカルメロ・ベーネもマルコ・フェレーリも、そしてベロッキオもこんなにたくさん見て来れはしなかっただろうし、当時のあの鑑賞とその後の赤坂との夜更けのおしゃべりがあったから現在があるという自覚は深い。『第一ページの怪物を叩け』や『父の名において』、『虚空への跳躍』、これは違う場所(銀座文化?)だったが『凱旋行進』、さらにそもそものきっかけとしての『ポケットの中の握り拳』(すでに何度も言っているがこれを見なかったらルー・カステルと映画を作りはしなかったろうし、そもそも『Helpless』を作ってなかっただろう)などがあり、一般公開された『肉体の悪魔』や『サバス』なんかは本当に感無量な思いを味わった。その後、ときには「?」と判断停止なときもありはしたが、最新作『勝利を』は初期のパワーを一気に取り戻したようなド迫力の傑作だ。ぜひとも一般公開をお願いしたい。
ベロッキオといえば、叫びとささやきの作家だ。そのタイトルの作品を持つ北欧のひととは比べ物にならない熱量の「叫びとささやき」のひと。どこかでヴィスコンティ最良の一本『イノセント』を継承するかのようなその「叫びとささやき」が『勝利を』でも全面展開する。主演女優の圧倒的なパワー。そうして、今世紀に入って雪がこれほどまでに美しい映画があっただろうか、と思われるその描写の周到かつ繊細な手捌き。
会って話したいことは山ほどあるが、まずは新作の大成功を心から祝福したい。
85



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ