2010/6/7

トラック野郎風雲録  書物

五月末のことを割愛したが、これは割愛できない。
鈴木則文監督著『トラック野郎風雲録』(国書刊行会)である。
『トラック野郎』シリーズ十本を手がけた監督自らの手で、娯楽映画への熱く、哀切きわまる思いが、まるで彫刻のように丁寧に刻みつけられている。その終焉をはるかに眺め、てめえの金でてめえの企画をやらない会社になんか、なんの郷愁もない、と斬り棄てるいさぎよさ。心から感動する一冊である。

五月末に、オールナイトに先立って監督と、佐々木浩久監督とともにこの本についてのトークショーを池袋・新文芸座で行った。本のなかでも書かれ、当日も語ったが、白眉はなんといっても、若山富三郎が監督に、とある俳優を薦めるくだり。監督とは絶対にあうはずだから、一度一緒にやってみろ、と。実現していたらどんなだっただろう。
15



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ