2007/8/6

告知。  告知

なおも限界への挑戦は継続中である。
ところで私はここで自分のための告知はまったくするつもりはない。なぜなら私はここでは私を私と同定しない「半透明」な存在だからだ。これじたい生半可なフィクションであり、何を今更といわれるだろうが、それでもいい。
ここでの私はMINER LEAGUEなるリゾームの一根茎、コードネームco-offである。
それ以外の「私」について告知する義務など持ち合わせないし、そんな義務を押しつけようという者を阿呆と名指す。

さてそんな崩壊寸前な私から耳寄りな「告知」が二つ。
大和屋竺『愛欲の罠』@上野・一角座は8月12日を以って終了する予定でしたが、好評に付き同劇場にて続映決定!
期日は8月14日〜9月2日。(月曜休館)
なおかつ三度(予定)のトークショーが行われます。
8月18日(土) 荒戸源次郎×上野昂志+サプライズゲスト
8月25日(土) 上杉清文×上野昂志
9月2日(土)  櫻木徹郎×上野昂志

各日17時の上映の回終了後、18時20分から
(ちなみに、18日のサプライズゲストはここだけの話、大和屋氏主演ドラマを演出したN監督と当時その助監督だったA監督)
チケットなどの詳細はhttp://www.ikkakuza.com/で!

さらに……道路拡張計画に揺れる下北沢を真剣に語る協議会、
「SHIMOKITA VOICE」@ザ・スズナリ。
8月13日(月)14:00〜 特別シンポジウム「シモキタの道路計画ってなに?」
        16:30〜 特別シンポジウム「下北沢で、運動を語る」
        19:30〜 SHIMOKITA ART LIVE
               志田歩、曽我部恵一、あがた森魚
14日(火)14:00〜 特別シンポジウム「演劇は下北沢に何をのぞむのか?」
      16:30〜 特別シンポジウム「文化と生活と街と・下北沢」
        19:30〜 SHIMOKITA ART LIVE
      『路地へ』(DLP上映)、大友良英(ライヴ)、青山真治×大木雄高(トーク)
15日(水)14:00〜 特別シンポジウム「海外の目で見た下北沢」
      16:30〜 特別シンポジウム「シモキタの未来図を描く」
        19:30〜 SHIMOKITA ART LIVE
             大川興業&清水宏のお笑い公共事業
連日、荒木経惟・撮り下ろし写真展「ライカで下北沢――路地の顔」開催。
シンポジウムはすべて無料、カンパ大歓迎。一時間前に整理券配布、30分前に入場。
SHIMOKITA ART LIVEは前売・当日1500円。
チケット予約問い合わせはザ・スズナリ。Tel:03−3469−0511.

というわけで、ご興味のおありの方はぜひどうぞ。
てゆうか、『愛欲の罠』見てないてのは二十世紀生まれの名折れであるから、必見!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ