2010/9/3

一時支店への移動のお知らせ  告知

いやあ、えらい長いこと更新していなかったのですでに読んでくださっている方もいない気がするんですけど、一応。
先月から、ハニカムという服飾メーカーさんのホームページで百日ブログというのをやっております。
もしよかったらそちらを御覧ください。

http://blog.honeyee.com/saoyama/

なんか告知とかあったらそっちでもこっちでもやります。
いまほとんど活動させてもらってないんですけどね。。。(汗
26

2009/6/3

申し訳ございません!  告知

久しぶりの更新で、こんなことを書くのもためらわれますが、
本日は、皆様、本当に申し訳ありませんでした!

理由は、ごくかいつまんで申し上げますと、
不慮の事故
ということになりましょうか。

よんどころない事情、という語彙はこういう場合に使うのでしょう。
とにかくそんなことです。

しかし、それにしても神は、かなんか知らないけど、試しますね。
というか、ひとは試される。そうしてそれに打ち克つにはかなりの努力を要する。ただ私は今日、それに負けた、という気はしません。むしろ気が引き締まったくらいです。これからもなにが起ころうとひるまず前進するつもりで参ります。

そう、私は先日、一から出直す、と決めたばかりなのです。
というわけで、ご住所を残していってくださった皆様、しばしお待ちください。必ずや皆様のためだけの論考を書き、boid経由でお送り致します。……いつになるかはちょっと断言を控えますが(汗

さて、しばしの休息を終え、さらなる追求を開始します。
これからもどうかご贔屓に!
29

2009/2/4

東池袋から山口まで  告知

まだなにも書く気が起こらないが、というかあまりに忙しくパソコンをいじっているので、よけいなことに指先(と足りないオツム)を酷使したくないのだ、ギタラーとしては。
ただいくつか告知を。
山口情報芸術センター(YCAM)という奇特な施設が「山口未公開映画特集」というかたちで拙作を数本上映してくださる。国内では二回くらいしか公式上映されていないものなんかもある。山口近郊の奇特な方、よろしかったらどうぞ。その後は神代辰巳もやる。本当は残って見たいけど忙しすぎ。詳細は下記HPで。
http://www.ycam.jp/

あと、先日も書いたがイプセン『ちっちゃなエイヨルフ』が明日より15日まで、東池袋あうるすぽっとにて上演される。演出/タニノクロウ、出演/勝村政信、とよた真帆、馬渕英俚可、野間口徹。

なんか身体と精神がジグソーパズルのような状態だ。誰か組み立ててください。

……イヤって言うな、イヤって!
0

2009/1/16

新・町工場より  告知

日々、仕事している。新しい仕事場は大変に仕事が捗って実にけっこうなことだ。目黒通りの騒々しさがかえって密室感をもたらしてくれている気がするのは性格だろうか。友人の某編集長が隠棲する三崎の家の静けさとは真逆だが、おかげでこれまでとは段違に細部に下りていける集中力を以って事にあたることができている。打合せにも最適だし。駅から遠いのが難点かもしれないけど、俺が出かけないための部屋だからね。無理にでも来てもらおう。コーヒーメーカーだって置いた。それにしてもちょっとこの季節、寒い。ドンキで買った毛布で下半身をくるんで作業している。でも静電気が凄くて痛かったりもする。性格はインダストリアルでも、やはり安物はダメだ。夏が待ち遠しい。
晩飯はここんとこ毎日、近所の蕎麦屋。家人が舞台稽古で夜遅いため。

イプセン『ちっちゃなエイヨルフ』(演出/タニノクロウ)を二月四日から十五日まで、池袋「あうるすぽっと」にて上演予定。出演は勝村政信さん、とよた真帆ほか。
0

2008/7/22

申し訳ないですけど  告知

せっかくいろんな既知・未知の方といい形で意見のやりとりをできるかと思ってコメント欄を設けてきましたが、いったいなにが気に入らなかったのか、前回の日記からえらく心のねじれたひとたちによる書き込みが徐々に始まり、私自身は気にしない(私もねじれてますから)のですが、読んでくださる方々が気分を害されるのもどうかと思い、コメント欄廃止……じゃなくて制限することにしました。どうやって廃止すればいいかわかんないんですよ(笑)。なんか検閲とか嫌なんだけど、さすがにまともなひとが読んだらゲエとか思いそうなこととか、アッタマわりぃとかいちいち思わせてしまうのもいかがなものかと思うんで。
いままで書き込んでくださった良心的な方々、ありがとうございました。いつか再開する気になるときが来ればいいのですがね。
ちなみに、最後のコメントなんですが、なんで蓮實さんの言葉を引用したら「えらそう」なのか、理解に苦しみました。ピエロってのも違和感ありますね、道化と言いたければパンタルーンとか幇間のほうでしょうに。まあある程度意識してそれに近い立場を取っているので否定はしませんが。でもこの方、きっと日本語が不自由なのか、『胡蝶の夢』を見ていない(まだ公開されてないしね)か、コッポラといえば『ゴッドファーザー』と思い込んでいる保守的(無知?)な方なのでしょう。気の毒に。
あと、その前のコメントの「ある一派」という限定ですが、私が「一派」を組む人々のなかでジュノ監督作を面白いと思わないひとは、ちゃんと話し合ったことはないけれど私だけのような気がするので、これはとんだお門違いですね。K氏は『グエムル』をなにかのベストに挙げていましたし。

てことで、皆さんお元気で。
1

2008/7/1

友人知人の皆様  告知

長年連れ添ったパソコン君が壊れました。
2001年から七年間、数多くのシナリオ、批評、小説を書いてきましたが、
とうとうこときれてしまったようです。
データもすべて消えてしまったかもしれません。
とりあえずあとでパソコン屋さんに出かけてなんとかしようと画策したいと
思っていますが、とりあえずいまのところは皆様のメアドもわかりません。
この日記に気づかれた友人知人の皆様、とりあえず私宛にメールをお送りください。
急ぎご連絡したいことのある方もいらっしゃいますので後ほどご返事差し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

……と、その後代替機にてプロバイダとの交信を復活させましたところ、
皆様のメアドだけは復活しました。ご心配おかけしました。
0

2007/8/6

告知。  告知

なおも限界への挑戦は継続中である。
ところで私はここで自分のための告知はまったくするつもりはない。なぜなら私はここでは私を私と同定しない「半透明」な存在だからだ。これじたい生半可なフィクションであり、何を今更といわれるだろうが、それでもいい。
ここでの私はMINER LEAGUEなるリゾームの一根茎、コードネームco-offである。
それ以外の「私」について告知する義務など持ち合わせないし、そんな義務を押しつけようという者を阿呆と名指す。

さてそんな崩壊寸前な私から耳寄りな「告知」が二つ。
大和屋竺『愛欲の罠』@上野・一角座は8月12日を以って終了する予定でしたが、好評に付き同劇場にて続映決定!
期日は8月14日〜9月2日。(月曜休館)
なおかつ三度(予定)のトークショーが行われます。
8月18日(土) 荒戸源次郎×上野昂志+サプライズゲスト
8月25日(土) 上杉清文×上野昂志
9月2日(土)  櫻木徹郎×上野昂志

各日17時の上映の回終了後、18時20分から
(ちなみに、18日のサプライズゲストはここだけの話、大和屋氏主演ドラマを演出したN監督と当時その助監督だったA監督)
チケットなどの詳細はhttp://www.ikkakuza.com/で!

さらに……道路拡張計画に揺れる下北沢を真剣に語る協議会、
「SHIMOKITA VOICE」@ザ・スズナリ。
8月13日(月)14:00〜 特別シンポジウム「シモキタの道路計画ってなに?」
        16:30〜 特別シンポジウム「下北沢で、運動を語る」
        19:30〜 SHIMOKITA ART LIVE
               志田歩、曽我部恵一、あがた森魚
14日(火)14:00〜 特別シンポジウム「演劇は下北沢に何をのぞむのか?」
      16:30〜 特別シンポジウム「文化と生活と街と・下北沢」
        19:30〜 SHIMOKITA ART LIVE
      『路地へ』(DLP上映)、大友良英(ライヴ)、青山真治×大木雄高(トーク)
15日(水)14:00〜 特別シンポジウム「海外の目で見た下北沢」
      16:30〜 特別シンポジウム「シモキタの未来図を描く」
        19:30〜 SHIMOKITA ART LIVE
             大川興業&清水宏のお笑い公共事業
連日、荒木経惟・撮り下ろし写真展「ライカで下北沢――路地の顔」開催。
シンポジウムはすべて無料、カンパ大歓迎。一時間前に整理券配布、30分前に入場。
SHIMOKITA ART LIVEは前売・当日1500円。
チケット予約問い合わせはザ・スズナリ。Tel:03−3469−0511.

というわけで、ご興味のおありの方はぜひどうぞ。
てゆうか、『愛欲の罠』見てないてのは二十世紀生まれの名折れであるから、必見!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ