このブログ内の写真は、転載禁止です。

2020/5/17

TTArtisan11mmで夕暮れ時の南海を。  撮り鉄

南海高野線の大和川橋梁にて、魚眼レンズを取り付けて…

クリックすると元のサイズで表示します
片開きの扉もしっかり写ってヨシ!

TTArtisan11mmでの撮影です。比較的新しいレンズ(たぶんメーカーそのものも…)で、昨年末にMマウント用が発売されたばかりのレンズです。
前々から対角線魚眼が欲しいなぁと思っていたので、このMマウント用発売にはとても注目していました。
このMマウント用にマウントアダプターを付けてSONYに使うかずっと悩んでました。
それもフォクトレンダーのVM-E Close Focus Adapterにしてやろうと。
しかしその組み合わせだとさすがになかなかのお値段になります。
それなら評判の良いサムヤンの魚眼の方が…ってずっと悩み続けてました。

んで、気づいたソニーEマウント、ニコンZマウント、キヤノンRFマウント版が発売されてました。
しかもビューファインダーがないおかげか、大量生産したからなのか、値段も3万円を切る状態!
速攻でポチりますよねw

そんなわけで念願の対角魚眼が手に入ったのでありました。

これはもちろん電子接点のないレンズです。絞りはレンズ側で制御します。
ですからF値情報がexifに残りません。
この写真もいくらで撮ったか分かりませんw
周辺が相当しっかり写ってるのでかなり絞ってたとは思います。
(開放だと周辺は少ししんどい…2段程度絞るとかなりしっかり写る印象なうです)

α9 + TTArtisan 11mm F2.8 Fisheye
続きを読む
1
タグ: 南海 TTArtisan11mm

2020/5/6

秋の雰囲気、奈良線の103系  撮り鉄

なんやかんや外を見る度に晴れてるんですよね〜
ちょっと悔しいじゃないですかw

というわけで過去写真を(どういうわけ?)

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば今年の4月は佐保川の103の写真をたくさん見ました。
しばらくJRの奈良線も行けてないので行きたいところではありますが、果たしていつになることやら…

写真はかの有名お立ち台、棚倉〜玉水です。
2017年9月ですからもう一昨々年の話になります。
この頃は毎週のように奈良線に通っていました。

キヤノンの5D4とソニーα7m2を併用していた頃です。
このカットはソニー機。レンズはシグマの50mmArtを付けました。
たわわに実った稲穂を入れて…のつもりだったんですが、ボケすぎて分かりません(笑)
まぁなんか夕方光線のキレイな写真、ぐらいの認識ですね、今見てみると。

でも、シグマアートレンズらしいカリッとした描写はやはり堪りませんなぁ
特に光線の傾いた朝夕、ソニーボディに付けた時に出来上がる写真は最高です。
なーんて言ってると新しいArtレンズ欲しくなりますね。
次は85mmか?105mmか?135mmか?
85と105は前職の時代に借りて使いましたが、やはりというかなんというか、105mmは最高でした。
(ただし最高に重くてデカイので持ち運びが困難)

軽率にポチりたいところですね。というか気をつけないとヤバいですね←

んまぁ今日はこんなところで…
0

2020/5/4

5月になりました。  撮り鉄

5月になりました。
お出かけできないGWはつらいですねぇ

今日は5/4。一年前はなにを撮っていたかなーと調べていると、、、

クリックすると元のサイズで表示します

阪堺電車ですね。
「令和」となってまだ数日のこの日、地元阪堺電車で令和のヘッドマークを付けた車を撮っていました。
なかなか頑張った講座です。
分かりにくいかもしれませんが、左下の黄色いのがヘッドマークです。

もっと絞るべきだったか…?
これはこれで、雰囲気あるってことで。

α9 + sel100400GM
iso500, 1/2000, f9
0
タグ: 阪堺



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ