2011/10/3

ケジメ  日記

いよいよ暦は10月に突入いたしました。







今年の夏は、今までになかったくらいの新しい出会いがたくさんあり、
ホントにこの釣りをやってきてよかったなと心の底から思えます。








しょーもない話しに付き合っていただいた方々、
ホントにありがとうございました。






今回は自分の中でのケジメをつけ潔く散ってくるべく、
いつもの場所へ行ってきましたが、やはり予想に反する事なく
サッパリの結果に安心して心残りを断ち切る事ができました。








まあ、目標のサイズは捕れず大変な状況も多々ありましたが、
例年以上に幸せな3〜4ヵ月だったと思います。








そして、裏切りの朝マズメを修了し片付けをしながら、
もしかしたら掛かれへんかなと投げてた所、
いきなりゴンッとルアーを引ったくられヒット。








最初は、「何やイキナリ」みたいな感じで
ファイトの具合からスズキではないなと思ってましたが、
寄ってきた所を一気に抜き上げてビックリ、








クリックすると元のサイズで表示します






そこそこサイズのシオでした。









クリックすると元のサイズで表示します



ルアーはもちろん青物にも絶大な威力の
タロット100S 銀粉キビナゴカラー。











さすが回遊魚でそれ以降は反応なしでしたが、
一つ気になる事があったんでルアーを付け替えテクテクトローリングすると
20cm台後半のムラソイが
ポンポンポンと3つ釣れました。






クリックすると元のサイズで表示します









パワーヘッド&32キューブの組み合わせで愛しの根魚ゲット。










そして、潮岬レストランでいつものメガ天丼を食し、
帰りがてらに沿岸をパトロールしていると1人の不審者を発見。








すぐさまクルマを止めて職務質問すると、
見たことある顔で南紀の住人ナオフィッシュ君。












クリックすると元のサイズで表示します







そんなこんなな最高の日曜日を満喫出来ました。



0

2011/10/1

新色と新しい一員  タックル

最近はタックルボックスに入ってないと、
「どうしよ、どうしよ」と挙動不審な感じになる
コアマンのIP−26の新色が出ました。





クリックすると元のサイズで表示します





サビキで言うとエサカゴ、フカセで言うとウキ、投げで言うと天秤
ルアーで言うとIP みたいな、それぐらい無いと困るアイテムやと思います。








そして、個人的にはもしかすると1番お世話になっているかも知れない
パワーヘッド PH-02 2g,4g もついに登場しました。







クリックすると元のサイズで表示します





口で言っても分からないと思うんで、
とにかく一回使ってみてください。





強力な武器になること間違いナシです。



0

2011/9/30

完成  日記

ここ数年は、毎年毎年同じようなパターンでしか釣行していないので、
大した大物もなかったんですが、今シーズンはやっと人に話しても
恥ずかしくはないやろな…的な魚が捕れました。






紀南釣具センターの店長さんに取ってもらった魚拓を見て、
せっかく形に残る物ができたにも関わらず丸めて部屋の隅に置いていたんでは
勿体無いなと思い、ホームセンターに材料を買いに行く事に。







コンパネとテーブルクロスとビスを買い、製作時間1〜2時間
製作費1000円未満(魚拓代1000円を除く)で
簡単ですが出来上がりました。






クリックすると元のサイズで表示します





次は、倍ぐらいのヤツを釣って剥製にしたいと思います。
(松本様、その時はヨロシクです)



0

2011/9/25

父の釣果とこれから  

今回の家族旅行は父の独断と偏見とわがままで決行されたようなもので、
連泊の車中泊は初の試みです。






とは言っても、家族が寝静まる夜間が父の時間となり、
昼夜問わず寝不足になるのは間違いありません。







初日の夜は憧れの大先輩とご一緒させていただきましたが、
今の自分があるのは先人の方逹が切り開いてきたレールの上を
歩ませてもらっている事を改めて痛感いたしました。







当日はササ濁りで状況は悪い訳ではなかったんですが、
魚からの反応はイマイチでかろうじて小型をヒットに持ち込み
何とかボーズを免れた感じです。





クリックすると元のサイズで表示します







クリックすると元のサイズで表示します








これまでは、現在を含め自分は釣りが上手な方ではない分、
上手な人との差を少しでも埋めるべく数で勝負してきましたが、
最近よく思うのは、
その我々がやってる釣りが
これからの世代の方逹の何かの足しになればな…と思えるようになりました。








どちらにしても、切り開けていない道がまだまだあると思ってる以上、
中途半端でやめる訳にはいかないんで、自分で納得のいくまでがんばりたいと思います。










完全に話が逸れましたが、そんなこんなな家族旅行でした。








クリックすると元のサイズで表示します


0

2011/9/24

家族旅行と言う名の  日記

家族サービスでとある場所にて少し釣りを楽しんでいます。








愛息子は、釣れない父を尻目にペッパーでムツ爆釣しております。







クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します





0

2011/9/22

贈り物と届き物  日記

【エエの釣りたいな】 50万Hit記念&ダイコーギャラリーオープン記念?

で、ご当選されましたyutaサン ホントにおめでとうございます。





本日無事にルアーセットをお送りすることができました。





クリックすると元のサイズで表示します





台風の影響を受け大変な時ですが、
少しでも届いたルアーを持って釣りに出掛けようと
思っていただけると幸いです。





又、先月の平磯海つり公園でおこなわれた
ソルトルアーパトロールで、スカジットデザインズブースにあった
噂の新作ルアーが発売されています。






クリックすると元のサイズで表示します
ナゲット 65mm 11g





アイの位置が絶妙で、小粒なのに圧倒的な飛距離を誇り
まだ実践投入こそしていませんが、すでに1軍確定です。








今年はホントに災害が多いですが、
自粛自粛と言っててもどうしようもありません。
じっとしてても仕方が無いので動ける人は
ドンドン動いていきましょう。


0

2011/9/20

たまにはいい  

この週末は久々に読みを外したと言うか、完全に潮を勘違いしていて
全くのノーバイトでした。







ですが、たまにはこんな時もないと
他の釣場や違う魚を狙おうと言う気にならないのです。








久々に、日○川や○田川などへも行ってみましたが、
アカン時は何をやってもアカンみたいです。











それはそうと、今回の台風15号には十分お気を付けください。






今年知り合いになれた方たちの安否が気になって仕方ないです。
0

2011/9/18

場所取り  

今日はチビさんの運動会。





普段父親出来てない分、ありえんぐらい全力で走り
最前列をゲットできました。







天気も良くてよかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/9/15

ヒラスズキ釣りとは  ヒラスズキ

先週末の内容ですが、
とりあえずポイントに到着したのが、午前7時頃。





その時点で、右岸左岸ともに数名のアングラーでひしめきあっていました。






よく見る顔の方がほとんどだったので、夜からの状況を聞いてみたが
あまりパッとした様子ではなかったらしい。






ところが、このポイントに通いだして20年以上にもなるという
大先輩方々が朝マズメに少しの時合で10数本をキャッチしたらしい。







ちゅーことは、魚は入っとるな…と判断しすぐにタックルの用意をしました。








周りの方がどんなルアーを投げてるのかを確認し、私が選んだルアーは








クリックすると元のサイズで表示します

タロット100S






なぜ、タロットを選んだのか?
それは、周りの方達がすでにバイブやシンペンなどの遠投のできるルアー
をガンガンほり込んでいたからで、手持ちルアーの中で
少しでも他の人たちとは違うアクションを演出できるアイテムが
このルアーしかなかったからです。






夜から散々叩かれていたであろうポイントで、
タックルも用意ができての1投目でいきなりヒットしました。







特に難しいことはしておらず、ココかな…と思うところへキャストし
ウェイトがある分、底に掛からないように早めに巻いてるだけです。








元々、ヒラスズキも磯から狙う場合適度の波があって
サラシが広がっている状態だと、昼でもガンガンに食ってきますが、
多少濁りは残っていたものの河口域(河川内含む)に日中のドピーカンでも
釣れる魚だと言うのは、そんなに知られていないようです。







幾つもの条件が重なりあい、それをこれまでの経験から状況を判断し
攻略することで反応が得られるのだとは思いますが、
とりあえず投げないことにはヒットもクソもないんです。






この日中には、計4発のヒットがあり足元まで寄せてきた所で2匹がバレて、
捕れたのはこの70センチクラスの1匹だけでした。






クリックすると元のサイズで表示します

ヒットタイムは昼の11時半ごろやったと思います。









その後は、夜に備えて夕方まで少し仮眠をとり
夕マズメからは朝方に入れ食っていた先輩方と
大爆釣を夢見て頑張りましたが、ポロポロと小さいのが釣れたり
バラしたりで、朝マズメに関しては1番いい時間帯にも関わらず
全員ノーバイトでした。








釣れへん事が多い釣りなんで、アタリが無くても半分は諦めがつくのですが、
いいと思った状況でのノーバイトはやはりヘコみます。







もう完全に日が昇り、先輩方が諦めて道具を片付けている間も
あと少し、あと少しと脅威の粘りを見せていると
何の前触れも無くいきなり足元から5mほどのところでヒット。






その時も投げてたルアーは







クリックすると元のサイズで表示します

もちろんタロット100S





最近の道具の進歩によって助けられているのは明確ですが、
何よりも私が今回言いたかったのは雑誌やブログ等の情報だけを
頼りにするんじゃなく、とりあえずポイントに足を運び投げる事。
敷居が高いと思われがちなヒラスズキという魚の魅力を知るには、
まず誰よりも数多くキャストすることだと思っています。






ヒラスズキを狙い始めて17年ほどになりますが、
当初中○さんが口和○の磯でビデオの撮影中に釣った90オーバーを
見たときに、いつか俺もあんなデカイの捕りたいな…と言う夢が
現実のものとなりました。





ただ、時代は変わりこのサイズでは驚かなくなってしまい
どんどん目標がデカくなっているので、この魚に満足することなく、
これまで以上に誰よりもポイントに立っていることは間違いありません。






クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します











TACKLE DATA
Rod : ダイコー タイドマーク キャステイシア TMACS-103/10-60Ltd.
Reel : シマノ BB-XテクMg2500DHG
Line : サンライン キャストアウェイ#1.2+ポケットショックリーダー8号
Lure : パズデザイン タロット100S等など

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ