2011/9/15

ヒラスズキ釣りとは  ヒラスズキ

先週末の内容ですが、
とりあえずポイントに到着したのが、午前7時頃。





その時点で、右岸左岸ともに数名のアングラーでひしめきあっていました。






よく見る顔の方がほとんどだったので、夜からの状況を聞いてみたが
あまりパッとした様子ではなかったらしい。






ところが、このポイントに通いだして20年以上にもなるという
大先輩方々が朝マズメに少しの時合で10数本をキャッチしたらしい。







ちゅーことは、魚は入っとるな…と判断しすぐにタックルの用意をしました。








周りの方がどんなルアーを投げてるのかを確認し、私が選んだルアーは








クリックすると元のサイズで表示します

タロット100S






なぜ、タロットを選んだのか?
それは、周りの方達がすでにバイブやシンペンなどの遠投のできるルアー
をガンガンほり込んでいたからで、手持ちルアーの中で
少しでも他の人たちとは違うアクションを演出できるアイテムが
このルアーしかなかったからです。






夜から散々叩かれていたであろうポイントで、
タックルも用意ができての1投目でいきなりヒットしました。







特に難しいことはしておらず、ココかな…と思うところへキャストし
ウェイトがある分、底に掛からないように早めに巻いてるだけです。








元々、ヒラスズキも磯から狙う場合適度の波があって
サラシが広がっている状態だと、昼でもガンガンに食ってきますが、
多少濁りは残っていたものの河口域(河川内含む)に日中のドピーカンでも
釣れる魚だと言うのは、そんなに知られていないようです。







幾つもの条件が重なりあい、それをこれまでの経験から状況を判断し
攻略することで反応が得られるのだとは思いますが、
とりあえず投げないことにはヒットもクソもないんです。






この日中には、計4発のヒットがあり足元まで寄せてきた所で2匹がバレて、
捕れたのはこの70センチクラスの1匹だけでした。






クリックすると元のサイズで表示します

ヒットタイムは昼の11時半ごろやったと思います。









その後は、夜に備えて夕方まで少し仮眠をとり
夕マズメからは朝方に入れ食っていた先輩方と
大爆釣を夢見て頑張りましたが、ポロポロと小さいのが釣れたり
バラしたりで、朝マズメに関しては1番いい時間帯にも関わらず
全員ノーバイトでした。








釣れへん事が多い釣りなんで、アタリが無くても半分は諦めがつくのですが、
いいと思った状況でのノーバイトはやはりヘコみます。







もう完全に日が昇り、先輩方が諦めて道具を片付けている間も
あと少し、あと少しと脅威の粘りを見せていると
何の前触れも無くいきなり足元から5mほどのところでヒット。






その時も投げてたルアーは







クリックすると元のサイズで表示します

もちろんタロット100S





最近の道具の進歩によって助けられているのは明確ですが、
何よりも私が今回言いたかったのは雑誌やブログ等の情報だけを
頼りにするんじゃなく、とりあえずポイントに足を運び投げる事。
敷居が高いと思われがちなヒラスズキという魚の魅力を知るには、
まず誰よりも数多くキャストすることだと思っています。






ヒラスズキを狙い始めて17年ほどになりますが、
当初中○さんが口和○の磯でビデオの撮影中に釣った90オーバーを
見たときに、いつか俺もあんなデカイの捕りたいな…と言う夢が
現実のものとなりました。





ただ、時代は変わりこのサイズでは驚かなくなってしまい
どんどん目標がデカくなっているので、この魚に満足することなく、
これまで以上に誰よりもポイントに立っていることは間違いありません。






クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します











TACKLE DATA
Rod : ダイコー タイドマーク キャステイシア TMACS-103/10-60Ltd.
Reel : シマノ BB-XテクMg2500DHG
Line : サンライン キャストアウェイ#1.2+ポケットショックリーダー8号
Lure : パズデザイン タロット100S等など

0

2011/9/13

一期一会  ヒラスズキ

とにかく、想像を絶する勢力だった台風12号。
南紀の受けた被害は間違いなく近年稀に見る最大級で
正直なところ、行くか行くまいかかなり迷っていたところ、
とある紀南地方の釣具センターの店長さんに
「景気の悪い話しばっかりやで、景気づけにデカイの釣ったってや」
と言われた言葉で目が覚めて行く決心がつきました。








今回は久々に連休がとれたので、土曜の朝に着ければいいなと
慌てずゆっくり家を出てトコトコ海岸線を眺めながら、
4時間近くかけてポイントに到着。








予想以上のアングラーに少しビックリしましたが、
よくよく見ると殆んどが見たことのある顔。









やはり日中はそんなに簡単には釣れないのですが、
皆を尻目に私にかかればこの通り。






クリックすると元のサイズで表示します

何ぼでも引きずり出しますよ。








完全にパターンを掴んでいる(と思われる)ので、
数回ヒットさせ自分の中で満足してから、
夜に備えて仮眠することにしました。








しかし、夜の部が始まってもベテラン選手達と
結構アレコレほり込んでみましたが
思いのほか期待通りの反応はありません。







「ナイトゲームは難しいな…」と思っていると、
朝方にようやくヒットです。












クリックすると元のサイズで表示します

しかも、今までに釣ってきたヒラスズキの中でも
1番デカイ 93cm 8,4kgがヒット。






ぶっちゃけた話し、まだまだデカイのがおると分かっているんで、
目標のサイズではありましたが、何かしら実感が湧いてこない。






今年は、あと何回チャンスがあるかな…
まあ、シーズンも残すところあと少しなんで何とか15kg目指してがんばります。








クリックすると元のサイズで表示します







クリックすると元のサイズで表示します










0

2011/6/2

ヒラスズキ道  ヒラスズキ

今回の釣行は、タイミングよく台風が接近し大雨を降らせ、
いい感じに熱帯低気圧に変わり、雨も上がって仕事も休みと
ある意味恵まれた釣行でした。




1シーズン中に、ドンピシャなタイミングでポイントに入れるのは、
そうそうあるもんではありません。





天候や潮位のタイミングはバッチリでしたが、シーズン的には
若干早いかな… て感じでしたが、何とか魚の顔を見る事ができました。





正直、朝マズメ前の暗い時間帯には全くと言っていいほど
反応は無かったので、「(感を)はずしてしもたかな」と
ヒヤヒヤしましたが、うす明るくなりかけた時に今回同行の増田氏に待望のヒット。





クリックすると元のサイズで表示します




余裕のファイトで寄せてきて、タモ入れも1発で決まりました。





ガッチリ握手し、写真を撮ったりサイズを測ったりした後、
後に続こうかと私もキャストを再開する。





すると、時合いに突入したのか2〜3投目にIPでヒット。






ヒットした瞬間は、「もしかするとええサイズなのか?」とも思いましたが、
引っ張り合いをしているうちに口ではないどこかに掛かっていると確信しました。





フックの細さにヒヤヒヤしながらファイトしましたが、
掛かりどころが良くて難なくキャッチする事ができました。







クリックすると元のサイズで表示します

私が持つと何となく小さく見えがちな感じですが84cmありました。







その後も、2匹目のどじょうを狙うべくキャストマシーンと化しましたが
反応を得ることはありませんでいた。





しかし、同行していた増田氏と共に80オーバーをキャッチできたのは、
運が良かったのかそれとも日頃の行いがよかったのかは
ご想像にお任せいたします。






クリックすると元のサイズで表示します







その後、昼食を頂きに串本町は潮岬観光タワー内の
オーシャンビューレストランへ名物のメガ天丼を食す為と、
レストランの調理長でもありヒラスズキ釣りの先輩でもある
大橋さんに会いに行きました。




お腹も満たされ、先輩からのありがたいお話しまで聞かせていただいたところで
潮岬観光タワーのHP内のブログ用の写真を撮っていただきました。





http://kumakou.ikora.tv/c16154.html



こんな景色のいいところで、こんな魚が釣れて、メガ天丼で腹も満たされて
何もゆうことない1日です。





なかなか釣るのが難しいと言われているヒラスズキですが、
がんばって通っていればこんな最高の魚に出会える時も稀にあるんで、
それがこの釣りをやめれない理由の一つでしょうね。




0

2011/6/1

ゴメンよヒラスズキ  ヒラスズキ

楽しかった昨日の釣行でしたが、帰り道にお家にたどり着く前に生き絶えて、
天理パーキングにて5時間熟睡してしまい完全に明るくなってからの帰宅となりました。





先程コンビニでレッドブルからツバサを授かりましたが、
仕事があるんでキミを捌いている時間も気力ももう残っておりません。





クリックすると元のサイズで表示します






釣行の詳細は今晩にでもアップいたします。





クリックすると元のサイズで表示します




0

2011/4/25

ハニースポット発見  ヒラスズキ

今回は、ヒラを狙いに行ってみましたが、いくらこの釣りを始めて
10数年経っていようと、まだまだ分からない事だらけです。




週末に天気が荒れてくれたので、日曜の朝なら波が残ってくれてるかなと思い、
気になるポイントへ行ってみました。




ホントは、土曜に行けたらもっといい釣果を出せたんやないかと
思いましたが、それはそれで仕方のないこと。





とりあえず、そのポイントに何とか夜が明けきる前に到着すると、
先行者の姿(2名)を発見。




仕方なしに、その場からそんなに離れていない良く似た感じのポイントへ
行って見ることにしました。





そこはまさに貸切状態でしたが、今まであまり真剣に叩いたことの無い場所なので、
パワーブレードの使い手「名手長谷川ヤスタカ」直伝の技を駆使し
反応のありそうな場所を探して行きます。






あーでもないこーでもないと、1時間近く探っていたところ
ついに何か気になるポイントに辿り着く。





「どの角度から投げたらええとこに入るかな・・・」と立ち位置を
考えに考え抜いて、PBを投入すると「ココンッ」とアタッた感じがした。





今のは魚か?はたまた根か?




どっちにしても、もう一度同じ場所に投げてみるべきやなと判断したので
間髪いれずに同じ場所へ再度投入すると、
「コンッ ココンッ」と今度は明らかに魚やと確信できるアタリが出た。





しかし、何で掛からんのやちゅう感じでしたが、
3度目の正直ということでもう1回同じ場所へ。






すると「ゴンッ」ときました。







クリックすると元のサイズで表示します



バレんなよと祈りながらゴリゴリ寄せてきて
サイズが小さいと確信したので一気に波に乗せてズリ上げに成功。





バレるハズもない位ノドの奥まで入っていたので、
ラインを切って即新しいPBに付け替え再度キャスト。





するとまたまた同サイズがヒット。




クリックすると元のサイズで表示します





お土産は1本あれば十分なんで、写真を撮って即リリース。





なかなかこの場所は熱いな・・・とも思いましたが、
もう無いかな?とも思い再度全く同じ角度で入れてみる。





するとまたまたヒット。




しかし、一気に寄せてきたのはいいが今度はマズマズサイズだったので
なかなかランディングポジションまで来てくれない。




針はガッチリ掛かってるようなんで、強引に引っ張りこんで
ズリ上げようとした瞬間に「ブンッブンッブンッ」とエラ洗い。





ポロッとルアーが外れてナチュラルリリースしたところ、
ルアーを見ると針が前後で計2本折られてました。





新品フックに交換し、凝りもせずまたまた同じ角度で投入。




今度は、シモリの際で掛かった途端に数mラインを出されて
ポンっと外れた。




ルアーを回収すると、前後で計3本折られてました。





その後はアタリが無くなりましたが、1箇所のサラシから何発も何発も
アタリがあるオイシイポイントを発見したので、今後に期待します。






クリックすると元のサイズで表示します






まだまだ当分課題は山積みです。



0

2011/2/27

本日の南紀  ヒラスズキ

土曜の仕事を終えてそのまま南紀入り。



先週の仕返しをするべくとある漁港を目指していると、
よくコメントをくださる増田くんから入電。





到着にはもう少し時間がかかる事を伝え先にやっといて頂く事に…



すると、






クリックすると元のサイズで表示します



増田恐るべし


0

2011/2/14

串本最高!  ヒラスズキ

結局のところ、のべ2日間で(2日目は完全ノーバイトですが)
7バイト、3ヒット、2バラシ、1キャッチでしたが、
今後は何とかこの低すぎるキャッチ率を上げるようにしたいもんです。




この釣りに手を染めて17〜18年になろうとしてますが、
ドンドン新しい発見があり今回も今まで通りの狙い方をしていては
こんなに魚からのコンタクトは無かったと感じています。



しかしそれは、通常通り大型のミノーやトッププラグで
魚を出し切れなくなった自分の腕の未熟さをカバーする為
最新ルアーや小型のルアーに頼らざるを得ないのが現状です。




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




最初のポイントではあれこれ試して、反応がなかったので
ポイント移動する前に投げたサルベージで即ヒットし、
次のポイントでもミノー、シャッド等で散々叩いた後に
また反則的ルアーで80クラスをエラ洗いでバラシ。


少し間を置き、再度ばらしたポイントに投入すると
1発でヒットしましたが、相手がデカかったのか
キャスティシア107のバットパワーをフルに使って
強引に浮かせようとしても一向に浮いてこず
足元の根に擦れてラインを飛ばされました。




気持ち的にこんな感じでした。








クリックすると元のサイズで表示します




その後もシステムを組みなおし、念入りに叩き続けましたが
反応が無くなったので昼食をとる為、潮岬タワーへ向かい
メガ天丼で腹を膨らせます。



クリックすると元のサイズで表示します




夜には車中で横になりながら、翌日に入るポイントについて
考えてみましたがやっぱりヤラれた仕返しをするべきやなと
思いイメージトレーニングをしながら朝まで寝ることに。




クリックすると元のサイズで表示します



そして2日目は前日に比べ波も落ちてしまい可能性は低かったのですが、
朝一の時合ならと淡い期待もむなしく、何を投げても反応はありませんでした。




釣り人として自分を磨くことができる磯からのヒラスズキ狙いが
今まで以上に好きになった今回の釣行でした。



やっぱり串本は最高です!!



クリックすると元のサイズで表示します






TACKLE DATA
Rod : ダイコー タイドマーク アルテサーノキャステイシア TMACS-107/09
Reel : シマノ BB-X ハイパーフォース Mg2500D
Line : サンライン キャストアウェイ#1.2+ポケットショックリーダー8号
Lure : 色々




0

2010/10/27

オチャノコサイサイ  ヒラスズキ

しかし、ギリギリまで各局の気象予報士様方は、
木枯らし1号が吹くと言い切りませんでしたよね。



過ぎた後に、「木枯らし1号を観測しました・・・」と言われても、
こちらとしましては予定を立てづらい一日となりました。




でも、とりあえず雨が降ったんで雨後狙いで、
和歌山県は某大規模河川へ行ってみました。





すると、夜中にも関わらず熱心な地元アングラーの車が結構止まっていて
「みんな好っきゃな〜」と関心しました。





話しを聞いてみると、私が到着する前まではポロポロ反応があった
とのことでしたが、潮も完全に止まり1時間半ほどではアタリがありませんでした。






その後は、自分の感を信じて某場所へ移動しました。




先行者もなくやりたい放題でしたが、なんせ風が強まり
キャストもままならんぐらいの向かい風が吹き始めました。




少しでも飛距離を稼ぐ為、ビーマッチJETをキャストしましたが
何か水に馴染んでいない感じがしたので、マッチベイトJETやラブラ125などに
ローテーションを繰り返していく。




タイミングもコースもバッチリのはずなのに反応がない。



波が弱いのか? 水温が高いのか?など色々考えましたが、
とりあえずもう1回ルアーをチェンジしてみようと
「ハイドシャロー」に付け替えた1投目。





クリックすると元のサイズで表示します
60ちょいのコンディションのいいヒラスズキ。







それからも、キャストを繰り返していると
数回のショートバイトの後に1匹目を殆んど同じ場所で
2匹目がヒット。





レバーを駆使しながらすんなりと70位のをキャッチできました。





クリックすると元のサイズで表示します

これぐらいの魚なら、仕事前の朝めし前でチョチョイのチョイです。






まあ、もう少しやってればまだ釣れたと思いますが、
予想通りのヒットがあった事と楽しみはまた次回ということで
仕事があるのでササッと片付けて帰りました。






TACKLE DATA
Rod : ダイコー タイドマーク アルテサーノキャステイシア TMACS-107/09
Reel : シマノ BB-X ハイパーフォース Mg2500D
Line : サンライン キャストアウェイ#1.2+ポケットショックリーダー8号
Lure : スカジットデザインズ ハイドシャロー ビーマッチJET 
    パズデザイン リードラブラ125F など等



0

2010/9/22

まさにスーパーランカー  ヒラスズキ

それは、友人からのメールでのお知らせでした。



「紀南でスーパーヒラが上がりました、
     メーターオーバー10kgオーバーです」と・・・



それを聞いて仕事が手につかなくなりました(笑)


家に帰り事の事実を確認すると、まさにまさにまさに・・・




言葉が出ませんでした(泣)





101センチ、12、8キロのヒラスズキ。




そんなサイズには到底及ばないと思いますが、
何度か痛い目を見せてくれた魚の中にそんなサイズがいたんではないかと、
思うとゾクゾクしてきます。


最高の魚を手にされた方は
面識の無い方だったので、画像は拝借していません。





興味のある方は探してみてください。





ちなみにこの日曜は、「裏切りの熊野川」でしたが、
私の惚れたおした南紀は
最高にロマンに満ち溢れた場所であることには間違いありません。










クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ