2011/1/11

昨日の続き  釣行記

昨日の釣行は、鵜殿村に住んだ3年半の間でも
見たことの無いような光景に遭遇することができました。




増田君とは朝の4時に合流し、早速ポイントへ急ぐ。



先行者は伊勢から来られたという方のみ。




早速、反応を探るべく分かれてキャストを開始
するものの、なかなか反応はない。




東の空がぼんやりと白み始めた頃に待望のヒット。



ドスン!と、きてからズリ上げるまでのファイトタイムは約4〜5秒。
瞬殺ファイトで60cmクラスをローリングベイト改でキャッチ。




その後、時合到来かと思われましたがまだまだ祭りは始まらない。




少しすると、徐々に鳥達がやってきて水面のベイトフィッシュめがけて
エキサイティングに指し始めたと同時に、
それまで気配を感じなかった海中から凄まじい数のシーバスの
ボイルが始まりました。


クリックすると元のサイズで表示します




いよいよ祭りの始まりで、そうなると前も後ろも
横も何も見えなくなるのが、釣人の悲しい性。





クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



サルベージ70S大活躍




クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


もちろん、スライドベイト ヘビーワン 7cm 16.5gも絶好調。




クリックすると元のサイズで表示します



写真をゆっくり撮る間も惜しんで釣ってはリリース
釣ってはリリースし短い時合でアタリ・バラシ多数、
最大70までを8匹キャッチ。


伊勢からの方については63cmのヒラメまでキャッチされており
久々にベイトに狂った魚の大胆さを目の当たりにすることができました。



クリックすると元のサイズで表示します
ヒラメが吐き出していたイワシ



少しひと段落してフッと増田君・彼女・伊勢からの方の顔を見ると
満足気ないい表情をしてました。




今回はホントにいいタイミングに入ることができ、
素晴らしいフィールド・魚・友人全てに
感謝感謝の気持ちで一杯です。






クリックすると元のサイズで表示します




ゆうても、まだまだそれでは飽き足らず、
どんだけ貪欲やねんと思いながら
夕方も入ってみましたが朝のような祭りは無く
小さいのを2匹のみでした。



TACKLE DATA
Rod : ダイコー タイドマーク アルテサーノキャステイシア TMACS-89/08
Reel : シマノ BB-X テクニウムMg C3000DHG
Line : サンライン キャストアウェイ#1+ポケットショックリーダー7号
Lure : スカジットデザインズ スライドベイト ヘビーワン 7cm 16.5g
    シマノ サルベージ70S ローリングベイト改

0

2011/1/10

目を疑う光景  釣行記

ここの所、南紀のスーパーエージェントから
いい情報がたくさん寄せられていて悶々としており、
この週末にチャレンジしに行く予定のところ
よくコメントを下さる増田君が南紀入りしてると聞き
ご一緒させて頂くことにしました。



道中はこんな感じの箇所もありましたが、4駆のおかげで
難なく乗り切ることができ、改めて4駆の有り難味が分かりました。


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


ホントは全部書きたいところですが、
今日は遅いので詳しい状況はまた明日にでもアップいたします。





クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/7/5

珍道中  釣行記

昨日は久々に大勢での釣行となりました。



まずは中っさんが我が家までお迎えに来てくれて、
常夜灯マスターと烏賊マスターが待つ
阪和道紀ノ川PAへ向かう。



30分程で到着するもどしゃ降りなんで軽く挨拶を交わし、
はるばる阿波の国からフェリーでお越しくださる
火事さん・キム兄さんをお迎えに和歌山港へ。






クリックすると元のサイズで表示します



「もう少し加減して降ってくれればええのにな・・・」と
脳裏をよぎりましたが、
まあ降らんよりは降ったほうがええやろと言う事で、
少しダムの放水量が気になるところですが先を急ぎます。




しかし、ポイントに到着するも予想以上に流れが速い。

一度は上陸を試みるも、命の危険を感じる勢いなんで
少し様子を見ながら丘から攻めることに。





先週・先々週の連続で魚の顔を見てるので
今回も何とかなるやろという勢いでしたが、
朝マズメに常夜灯・烏賊の両マスターに
バイトがあったのみで完全に撃沈でした。



そして、
いい歳したオッサン連中が地面にルアーを広げて
あーだこーだして、







クリックすると元のサイズで表示します





昼食では、





クリックすると元のサイズで表示します
「何食べはります〜、食後はアイスですよね〜」みたいな。





皆さんには何とか魚の顔を見て頂きたかったんですが、
のんびりブラブラ私的には非常に楽しかったです。




今回はサッパリでしたが、まだまだシーズンは始まったばっかり
なんで、これに懲りずにまた紀伊半島へお越し下さい。





クリックすると元のサイズで表示します




魚の居場所を見失ったんで、
また今週から魚を探す旅を始めます。


0

2010/6/27

スーパービッグファイト  釣行記

さあ、今回はタロさんの期待を背負い
そんなに状況の良くなさそうな南紀へ行ってきましたが、
予想通りの苦戦を強いられてきました。




まずは熊○川で2時間弱の釣りで小さいワンバイトのみ。
チョット濁りすぎで水出すぎな感じ。



続いて○田川は少しだけ叩いてノーバイト。



そして若干ササ濁りの残る本命の古○川で
朝マズメ勝負!



クリックすると元のサイズで表示します


一瞬のワンチャンスを逃すことなく3バイトで
小さいながらも1匹キャッチ。


写真を撮って、口を空けて待っているタロさん用に
シメようとした時に暴れてグリップがはずれて逃げられて・・・



まあいい、チャンスは又来ると粘りましたが
それからは沈黙。





「メシでも喰ってもう1回熊○川や!」と
この時期行きつけの店で焼きそばを注文する。




クリックすると元のサイズで表示します



途中、紀南釣具さんに立ち寄り情報収集し、
日中の河口で1時間程やりましたがノーバイト。


このまま帰ろうか夕マズメのチャンスにもう1回期待をかけるか
迷いに迷いましたが、とりあえず夕方まで仮眠することに・・・


夕方4時に目を覚まし、期待を込めて
ぶっ飛びアイアンプレートを爆撃投入するが、
タイトに狙いすぎてあえなく殉職。




ラインシステムを組みなおしていると、
見覚えのある一台の車が到着する。

通称川西の黒船さんで、ここでよくお会いする
熱心なアングラーである。



少しの時間、去年の釣果や今年の状況を
話しながらキャストしていると
午後4時半にタロットに会心のヒット。




ヒットと同時にかなりラインを引き出され
グングン沖へ走っていくパワーが強くて
「オラオラ、かかってこんかい!ケンカファイト」で対応するが
それでもなかなか浮いてこない。


先週キャッチした7キロクラスでも結構すんなり寄ってきたのに
コイツは全くと言っていいほど寄ってこない。


こら相当デカイで(口に掛かってたら・・・)と
黒船さんと話しをしながら、リーダー5号なんで
無理をせずチョットづつチョットづつ寄せてくる。




やっとの思いで足元まできて無事にキャッチできましたが、
何か予想していたサイズと違う。







クリックすると元のサイズで表示します

しかもマルかよ!と一人ツッコミを入れて
即タロさんに電話する。



「マルですけど、どうですか?」


「いえ、マルなら結構です」と言われたので
即リリースしました。
(嫁にはもう持って帰ってくるなと言われてるのでね)



まあしかし、大分ロッドのパワーに助けて貰いましたが、
超大物とのファイトをイメージして
ヤリトリできたので、次にどんなヤツが来ても大丈夫です。




しかし、よう引いたわ。


クリックすると元のサイズで表示します




TACKLE DATA
Rod : ダイコー タイドマーク アルテサーノキャステイシア TMACS-89/08
Reel : シマノ BB-X テクニウムmg C3000DXG
Line : サンライン キャストアウェイ#1+ポケットショックリーダー5号
Lure : パズデザイン タロット100S




0

2010/6/7

阿波の国へ  釣行記

何かこう・・・気の合う人との釣りは、
釣れる釣れないは別としていいモンです。



クリックすると元のサイズで表示します


磯メバルやサツキマス、漁師サンの仕事っぷり等を
間近で見せてもらえ貴重な体験をたくさんさせて頂きました。



クリックすると元のサイズで表示します
真ん中に漁師らしからぬ人がおります。






クリックすると元のサイズで表示します
普段あまり見ることのできない生き物や
極小豆アジにかなりご満悦な様子。




また近いうちの再会を約束し、地元の魚に癒されフィッシング
するべく帰路につきました。



地元ではサイズは小さいものの1投目から反応してくれる
ドブシーバスやチビメバルを堪能し、
少々マシなサイズには相変わらずブチブチラインを切られました。






クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します

ですが、わたくしなんかは、皆さんのような変人ではなく
ただの釣り好きの凡人ですよ。



0

2010/5/5

東京へひとっ飛び  釣行記

今年のGW休みは家族と一緒に東京へ
行ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します
東京タワーを通り過ぎ、



クリックすると元のサイズで表示します
お台場も通り過ぎ、寄り道することなく
今回目的のディズニーランドへ直行しました。



が!
家族サービスの写真は一切なく
エレクトリカルパレードまで楽しんだ後は
(明日の用事?)の為に急いでホテルへ。



そして家族との約束だった朝ごはんまでを無事に終えましたので、
今回遊んでもらえる事になった会沢クン・先生と合流し
宮川サン・小沼サンのいる千葉の堤防へ向かいます。




クリックすると元のサイズで表示します



今回渡ったポイントは前評判もよくかなり釣れるのではないか
と思われましたが、実際は激シブで非常にキビシイ状況でした。



クリックすると元のサイズで表示します
まあ、釣れてなくても皆とワイワイできたり
人のやってる事を見るだけでも凄い勉強になります。





クリックすると元のサイズで表示します
(ミスターに神が降臨した瞬間)




その夜の宴は宮川サンが壊れてしまう寸前まで
釣り談義を酒の肴に呑み明かし、非常に楽しい夜となりました。















クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します

また、今年も熱い季節がもうすぐはじまります。
0

2010/3/8

今回も南紀へ  釣行記

今週末はドコに行こうか迷いに迷って
ある方に電話をかけた。



クリックすると元のサイズで表示します
「あつまれ夢釣り人!」



ですが、天候があまりよくなく日を改めた方が
よいのでは・・・とおっしゃる。


なら、地磯で頑張ってみるかと
マツオさんと南紀の磯のヒラスズキ狙いに行ってみました。



ココ最近(2〜3年)ですが、河口といい磯といい
ヒラスズキという魚を身近に感じれるようになってきました。



まだまだ報告できるようなレベルではないのですが、
狙い方を若干変えるようにしてから
かなりの高確率で難攻不落のヒラスズキを攻略できて
いるのではないかと思っています。



先週は3バイトで1発目こそ切られはしたものの
立て続けに2尾キャッチでき、
今回はキャッチこそ1尾でしたが6バイトありました。








クリックすると元のサイズで表示します




マツオさんにもヒットしたのですが、
ズリ上げ途中の足元で痛恨のバラシ。



その後もしばし頑張ってみましたが、
東風が更に強くなりババ荒れになってしまい
残念な結果になりました。



クリックすると元のサイズで表示します


分からない事が多くホントに奥の深いこの釣りにも
攻め方はいくらでもあるんやと思う今日この頃です。

0

2010/1/10

今年の目標  釣行記

今日はチーム紀伊半島の仮隊員である
ハセガワクンと紀東方面へ夜はシーバス、
夜が明けてからはメバルの新規ポイント開拓へ。



道中の会話は、お互いの今年の目標等で大いに盛り上がり
あっという間の3時間オーバーでシーバスポイントへ到着。



ポイントについて軽くレクチャーし、
それぞれ分かれて釣りを始める。



気分を入れ替えるつもりも兼ねて
ラインも新しく巻きかえて挑んでみましたが、
なかなか思う様に反応がなくかなり苦戦を強いられました。


しかし、そこは通い慣れた自信のポイントだったので
何とか顔を拝むことができました。







クリックすると元のサイズで表示します


メバルは撃沈に終わってしまいましたが、
今年は色んなことにも挑戦しガンガン行きますよ。
0

2009/11/3

落ち鮎パターン??  釣行記

今から5〜6年前になりますか・・・


当時はまだ三重県民だった頃に
ある知人が連れてきてくれた方と
三人で狙いに行った川で、
ついに手に出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します


昼間の間にしっかり降った雨も
予報通りに上がり、風もやんで
聞こえるのは川の流れる音とスズキの捕食音のみ。


月明かりのせいで追尾してきて食わないとこまでまる分かり。


これならどうだとキャストした極小ルアーに
まんまと騙されたようです。



クリックすると元のサイズで表示します


記憶に残りそうな1匹でした。



そうそう、こんなヤツも釣れました。


クリックすると元のサイズで表示します



2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ