◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2004/12/7

食べ放題  日記

と聞いて、あなたは何を感じるだろうか。血湧き肉踊るという人は素晴らしい。あなたは魂の戦士です。くれぐれも体には気をつけて戦い続けてください。しかしたいていの人は、何ヶ月も航海を続けた末に初めて降り立つ目的の港の光を遠くに臨むような、あるいは絶対に釣れるに相違ないスポットに満を持して釣り糸を垂れるような期待感と高揚感を感じると共に、言いようのない一抹の焦燥感、不安感、失望感に苛まれ、ふとこれまでの人生を振り返ったとき、いい思い出がとっさに浮かばなかったかのようなアンニュイさを抱いてしまうかもしれない。かく言う私も、往時は立派なプチ肥満児であり、もう止めろと言われつつなお隠れてご飯を食べようとして親に怒られることなど日常茶飯事、通称「妖怪メシ喰い」と呼ばれていたものであるが、今や胃臓の小縮甚だこれあるにつき、「よっしゃ〜、三倍くらい元取ったるでぇ!うろぉ〜〜〜!」などと無駄に勢いづいた雄叫びを発しながら腕まくりしながら食べ放題メニューを三代の仇敵であるかのように睨みつけるなどという前のめりなポジティブ・シンキングを失ってしまった次第である。
要はあれです、夢の食べ放題っていっても、例えば食べたいものがちゃんと補充されなかったり、詐欺まがいのシステムに騙されたり、自分の衰えを気付かされたり、こんなクソ不味いもん一人前も食えるかい!という結果に終わったりと、悲喜交々。ゆったりと食べたいものを心ゆくまで飽食して充足感と達成感に浸る、それがあなたの求めていた世界ではなくて?そうでしょ、鉄郎

すいません、前置きが長い上に暴走気味です。午前の講義が終わってから高田馬場のバイトに向かうも何だかやたら腹が減っていたため、馬場の「DURGA」でランチサービスのカレー食べ放題に挑んだ次第。10人ほどしか入れない路地沿いの小さな店だが、食べ放題にもかかわらずカレーもナンも注文してから作ってくれる本格派。

【今日のご飯】インドカレー食べ放題(945円):★★★★
クリックすると元のサイズで表示します
チキン、キーマ、ベジタブルの3カレーとサラダ、ナン、ライスがおかわり自由。ワンドリンクつき。写真は左からチキン、キーマ。カレーの辛さは無論、ナンのサイズなんかもアドリブが利く。美味いです。特に焼きたてのナンが。それに、カレーのスパイスにはそもそも食欲増進効果があるそうなので、食べ放題メニューとしてはバッチグー(←滅亡語)。戦績は、写真の段階からナン+1、ベジタブルカレー+1、チキンカレー辛め+1、最後にHotチャイで〆。がんばればもうちょい食べられそうだったが、別に誰と数を競うわけでもなし、重い腹を抱えてバイトに赴いた。うぷぅ!ご馳走様!


さて、以前からうすうす感づいてましてんけど、最近ブログのネタにするのんを免罪符にしてやたら外食や飲みを繰り返してんのとちゃいますの、自分。あきまへん、貧乏学生の分際で外食もしたい、忘年会にも出たい、ギターも欲しいいうんは通りまへんで。以後、謹んで節約生活に入りなはれ。
てなわけで外食は少々控えようと思います。食べ物レビューを楽しみにしてる人がもしいたら申し訳ないです。十二月はいろいろ物要りですからねえ
0




AutoPage最新お知らせ