◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/2/5

横浜鶏豚紀行  日記

コバちゃんから、携帯を新しいのにしたいので下見に付き合ってほしいとの連絡があり、どこに行くか相談しているうちに横浜まで行くことになった。正月にウチに遊びに来たときに食べられなかった料理を食べに行こうということで……


【今日の飲み:1】一鶴(横浜西口店)★★★

東京ではほとんどお目にかかったことがないのだが、香川県には「骨付鳥」という食べ物がある。骨付きの鶏のモモ肉をオーブンで焼くという単純な料理だが、大蒜・塩・胡椒が非常に効いていて、ひなどりとおやどりがあるのが特徴的。香川県丸亀市の駅前に本店がある骨付鳥の「一鶴」は県内で最も有名で、何年か前に横浜駅西口に支店を出した。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

とにかく塩味が強いのだが、大蒜・胡椒・鶏の油と相まって、ビールがどんどん進む一品。ときどき無性に食べたくなるのです。そういえば、かつて私の従兄弟の家族は4人で「一鶴」に行って骨付鳥を8本注文したという。店員が驚いて「お一人2本づつですか?」と確認。答えて曰く「いえ、こいつ(私より一つ上の従兄弟)が一人で5本です。」彼は典型的な瘠せの大食いだった……

ちなみに初体験のコバちゃんの評価は★★★★


店を出て、ヨドバシなんかを回って携帯の下見。コバちゃんが狙っているP901iは発売されたばかりで3万近くもする。Docomoは機体が高い。今日は下見で買うつもりはなかったとはいえ、結局この日買ったのは東急ハンズの便座カバーだったり変なスリッパだったり。爪につけるアクリルパウダーを見てみたが、やっぱりまあまあ高いもんなんだね。


【今日の飲み:2】豚の味珍★★★★

前から行ってみたかった飲み屋。横浜駅西口の

クリックすると元のサイズで表示します

の中に2店舗ある。本店じゃないほうの一階の狭いカウンター席にお邪魔した。醤油ダレで柔らかく煮込まれた豚の尻尾や胃袋を酢とカラシのタレでつまみながら酒をあける。カウンター席は常連の一人客が座るものらしく、2人連れ以上はみんな急な階段を上がって次々と二階に消えていく。二階はずっと広くて座敷になっているらしい。コバちゃんと二人なら二階に行ったほうがよかったかと少々後悔したが、常連さんの話を聞きながら飲むのも悪くはなかった。ここは美味しい料理で美味しい酒を飲む店ではなく、豚をつまみながら安く酔っ払う店。実際に泥酔して店員に先導されながら階段を下りてくる客がいた。前には本店の階段から落ちて救急車を呼ばれた客もいたらしい。個人的には大好きなタイプの店だが、あんまり酔っ払うと東京まで帰れるか心配。


渋谷まで戻り、安そうな携帯屋を覗いてみた。そこではP901iが2万中位で安かったが、受け取りが翌日になることもあって見送った。


【今日の飲み:3】渋谷BELGO★★★

クリックすると元のサイズで表示します

ベルギービールが豊富に置いてあるパブ。日暮里のオコンネルに比べると若干高いが、渋谷駅から徒歩5分もかからない立地を考えると利用価値が高い。
0

2005/2/4

見学会続き(というか飲み会)  酒席

この日は私の指導教官の学部ゼミが最後の日だったので、見学会メンバーと合流してゼミ打ち上げをやろうと計画していたのだが、なにぶん連絡をまわしたのが前日だったため、4年生は全滅で結局先生一人だけが本郷から新宿に来て合流するという悲しい展開となった。そのかわり見学会参加者がたくさん参戦したのでよかったが。

新宿駅の東口交番前で待ち合わせていると、そこに何人もいた居酒屋の呼び込みバイトの一人に張り付かれた。そこの店に行くつもりはなかったのだが、ずっと傍にいるので、呼び込みバイトのこととかいろいろ話をして間をもたせていた。日本語は上手かったがどうも中国人っぽいので出身を訊こうとしたときに、店を予約したと報告が入り、丁寧に誤って別れた。


西口の「東方見聞録」へ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

楽しく飲んでいたのだが、近くに座っていた考古の女の子がほとんど飲みも食べもしないで何だか塞ぎこんでいる。何か心配事があるようなのだが(院試の面接を控えている人だったが)話してくれないし、酒はほとんど飲めないと言うし、食べ物を勧めても偏食が激しいからと断る。手の施しようがない。そういう時もあるんだろうが、それでも飲み会に参加するのはある意味すごいなと妙に感心してしまった。そもそも私とて、似たようなことやってた時期があったかもしれん。
一次会は先生に多めに出していただいて、8人が二次会へ。すごい良さそうな手羽先焼きの店があったが一杯で、「白木屋」になった気がする

クリックすると元のサイズで表示します

いや〜、いろいろ面白いこと話した気がするが、あんまり覚えてないなあ。楽しかったからよしとしたい。
0

2005/2/4

朝鮮大学校歴史博物館見学会  学術

朝鮮考古学の授業の一環として、朝鮮大学校の歴史博物館の見学会に参加した。主な目的は高句麗古墳の壁画の模写。授業の参加者以外にもウチの研究室の学生や考古学の学生などが参加して総勢17名であった。うち4名で集合時間の2時間前に国分寺で待ち合わせ、昼食に。


【今日のお昼】国分寺「サン・フレッチェ」:★★★★

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

広島出身のツウドウさんが、国分寺においしい広島風お好み焼きの店があるらしいという情報を持っていたのだが、店名と場所を知っている友達と連絡がつかなかったということで、適当に歩いて店を物色していたら見つけた店。店名に若干引いたが、もしかしたらここかもしれないってことで入ってみた。広島出身の夫婦がやっている店で、感じもよかったしお好み焼きもボリュームがあって美味しかった。「フレッチェ」とか「Vゴール」なんてメニューがあるほどサンフレッチェ広島のファンらしい。ツウドウさんとローカルネタで盛り上がってた。


全員集まってから西武線で鷹の台へ。駅から徒歩20分ほどで朝鮮大学校に到着。見た感じ、普通の大学とさして変わらないが、校舎にハングルの文字看板で「わが人民の偉大なる首領 金日成大元帥様 万歳!」と書かれているのはさすがだなと。朝鮮古代中世史のハ先生に案内していただいて歴史博物館のある建物へ。

クリックすると元のサイズで表示します

当然ながら、博物館内は撮影禁止なので写真はないが、旧石器時代から朝鮮王朝時代までの様々な展示を2時間ほどかけて見学。最もスペースを割いている(室内だけには収まらないので建物の廊下にも展示されている)高句麗古墳の壁画は、模写当時の壁面のヒビやカビまで写した精緻なもので、素晴らしい臨場感を味わえた。古墳の石室のレプリカもあり、当時墓を作った人々に思いを馳せながらじっくり観察した。
今回はウチの先生のツテで特別に見学させてもらったわけだが、毎年10月に開かれる朝鮮大学校の学園祭で一般に公開されるということなので、興味がおありなら今年の秋に。


このあと、14人は新宿で飲み会に突入。
〜つづく〜


【今日の一枚】多摩川上水の遊歩道にて

クリックすると元のサイズで表示します

「はいみなさん、覚えましたか?知らない人に誘われたら?」
いか・の・お・す・し!

絶対「いかのおすし」しか記憶に残らないと思う。
1

2005/2/3

アマゾンライダーっていかにも「アマゾン」だよな  趣味

発表のレジュメ製作に追い詰められていた今日の午前、Amazonで注文してしまったCDが届いた。真面目な話、CD買ったのどれくらいぶりだろ?中身だけ確認して大学へ。帰ってきて早速PLAY!


【今日のCD:1】STARTING POINT(押尾コータロー):★★★★

クリックすると元のサイズで表示します

ご存知ですか?押尾コータロー。最近テレビにもちょくちょく出ている、基本的にスティール弦のアコースティックギター一本でインストゥルーメンタルをやるギタリスト。彼の魅力はタッピングなど様々な技術を駆使した作曲・編曲の巧さと、いかにも関西のニイちゃんっていうあったかいキャラにあると思う。実にカッコよくて実に和むメジャーデビュー最初のアルバム。曲をコピーする布石で買った。


【今日のCD:2】PAUL SIMON(ポール・サイモン):★★★★

クリックすると元のサイズで表示します

言わずと知れたポール・サイモン。サイモン&ガーファンクルの解散後、ソロになって最初のアルバム。いろんなタイプの曲が入った実験的な構成ながら、その完成度は素敵の一言。初めは全然買うつもりじゃなかったのだが、次の3枚目のCDを探してるときに、このアルバム所収の「Hobo's Blues」がポール・サイモンのギターとステファン・グラッペリのヴァイオリンのセッションであることを知り、衝動買いしてしまいました、はい。「Me and julio down by the schoolyard」は諸星大二郎が漫画のモチーフにしたことで有名(←有名じゃねえよ)。


【今日のCD:3】DJANGOLOGY(ジャンゴ・ラインハルト):★★★★★

クリックすると元のサイズで表示します

あえて言おう、であると!これを探してAmazonを彷徨っていたらこうなってしまったのだが、そもそもはバイト先の店にあったCD。マヌーシュ・スウィングばりばりの洗練されたヨーロッパ系ジャズ。買ったのはボーナストラックが11曲入ったスペシャル・エディションでボリューム満点。伝説のジャンゴ・ラインハルトのギターに痺れた!ステファン・グラッペリのヴァイオリンに惚れた!ジャンゴくらいにギターが弾けたら他に何もいらないよなあ。『ギター弾きの恋』借りてきて観ようかな。


夕方はこの3枚を回しながらマンガを読み耽った。至福……
0

2005/2/3

対話型自動妄想機  学術

ゼミ発表なんとか終了〜。相変わらず準備は駆け込み入稿のギリギリボロボロだったが、前半の論文紹介と評価の部分は兎も角も、後半の討論はとても面白かった。こうね、一人で喋るのは苦手なんです。途中でシドロモドロになったりつっかえたりなんてしょっちゅうで、言おうと思ってたことも忘れて飛ばしてまう。ところが誰かを相手に意見を聞いてそれに答えるって段になると、おいおい、脳味噌のどこに隠れとったん?みたいな言葉がポロポロと口から飛び出して、実にもっともらしく聞こえ。

ボク、ガッコウノセンセイトカジャナクテ、サギシトカガムイテソウデス

や、対話は大事だよってことを言いたいんです、それだけです。
0




AutoPage最新お知らせ