◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/2/3

アマゾンライダーっていかにも「アマゾン」だよな  趣味

発表のレジュメ製作に追い詰められていた今日の午前、Amazonで注文してしまったCDが届いた。真面目な話、CD買ったのどれくらいぶりだろ?中身だけ確認して大学へ。帰ってきて早速PLAY!


【今日のCD:1】STARTING POINT(押尾コータロー):★★★★

クリックすると元のサイズで表示します

ご存知ですか?押尾コータロー。最近テレビにもちょくちょく出ている、基本的にスティール弦のアコースティックギター一本でインストゥルーメンタルをやるギタリスト。彼の魅力はタッピングなど様々な技術を駆使した作曲・編曲の巧さと、いかにも関西のニイちゃんっていうあったかいキャラにあると思う。実にカッコよくて実に和むメジャーデビュー最初のアルバム。曲をコピーする布石で買った。


【今日のCD:2】PAUL SIMON(ポール・サイモン):★★★★

クリックすると元のサイズで表示します

言わずと知れたポール・サイモン。サイモン&ガーファンクルの解散後、ソロになって最初のアルバム。いろんなタイプの曲が入った実験的な構成ながら、その完成度は素敵の一言。初めは全然買うつもりじゃなかったのだが、次の3枚目のCDを探してるときに、このアルバム所収の「Hobo's Blues」がポール・サイモンのギターとステファン・グラッペリのヴァイオリンのセッションであることを知り、衝動買いしてしまいました、はい。「Me and julio down by the schoolyard」は諸星大二郎が漫画のモチーフにしたことで有名(←有名じゃねえよ)。


【今日のCD:3】DJANGOLOGY(ジャンゴ・ラインハルト):★★★★★

クリックすると元のサイズで表示します

あえて言おう、であると!これを探してAmazonを彷徨っていたらこうなってしまったのだが、そもそもはバイト先の店にあったCD。マヌーシュ・スウィングばりばりの洗練されたヨーロッパ系ジャズ。買ったのはボーナストラックが11曲入ったスペシャル・エディションでボリューム満点。伝説のジャンゴ・ラインハルトのギターに痺れた!ステファン・グラッペリのヴァイオリンに惚れた!ジャンゴくらいにギターが弾けたら他に何もいらないよなあ。『ギター弾きの恋』借りてきて観ようかな。


夕方はこの3枚を回しながらマンガを読み耽った。至福……
0

2005/2/3

対話型自動妄想機  学術

ゼミ発表なんとか終了〜。相変わらず準備は駆け込み入稿のギリギリボロボロだったが、前半の論文紹介と評価の部分は兎も角も、後半の討論はとても面白かった。こうね、一人で喋るのは苦手なんです。途中でシドロモドロになったりつっかえたりなんてしょっちゅうで、言おうと思ってたことも忘れて飛ばしてまう。ところが誰かを相手に意見を聞いてそれに答えるって段になると、おいおい、脳味噌のどこに隠れとったん?みたいな言葉がポロポロと口から飛び出して、実にもっともらしく聞こえ。

ボク、ガッコウノセンセイトカジャナクテ、サギシトカガムイテソウデス

や、対話は大事だよってことを言いたいんです、それだけです。
0




AutoPage最新お知らせ