◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/3/7

ファミリーノウタ  趣味

8時からの家庭教師のバイトにお休みを頂いて、やってきました、赤坂!

前回、赤坂に来たのは何年前だっただろうか。ケンタロが大学を出て田舎に帰るときに、みんなで送別会を開いて以来だ。そして今回は、奇しくもそのケンタロが東京で初めて開くワンマンライブを聴きに来た。時の流れが嬉しく感じる。

高田馬場のバイトを早めに切り上げて、一回目のステージが始まる15分前に「ノーヴェンバー・イレヴンス」の前で仕事あがりのコバちゃんと合流。お洒落な店内には、すでに十数人のお客さんが。familyのお母さんも来ていたので、遠くからご挨拶。席に落ち着き、ビールと、ちょっとした食事を頼んだところでステージが始まった。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ピアノとツインヴォーカルのみでスタートしたfamilyの楽曲も、いろんな人との出会いを通じて彩り豊かになってきた。正直なところ、はじめのころは「友達だから応援しよう」という気持ちもあった。だが最近は、familyの歌を心から好きだと言えるようになった。新曲を聴くたびに「いい歌だな」と感じる。

前半のステージが終わり、40分のインターバル。「ノーヴェンバー・イレヴンス」は居心地がよく、料理がとても美味しかった。familyや興味のあるライブがあるときにまた来たいと思わせる。

後半が始まってすぐに、カツキ姉さんが到着。少し遅れてヨジンも来た。名残惜しくも、盛り上がったままライブ終了。カツキ姉さん、コバちゃん、私で一枚づつアルバムを買い、サインしてもらった。

クリックすると元のサイズで表示します

根津まで帰ってきて、ウチで少し飲んだ。ヒョンも参加。


【今日のCD】ファミリーノウタ★★★★

これまでのfamilyの活動が凝縮された一枚。前回のマキシシングル「二人の空」に続いて、アレンジの効いた彩り豊かな10曲を楽しむことができる。一曲ずつ簡単なインプレッションでも。

扇橋:CD初収録。familyが東京に来て初めて作った歌。軽快なサビが耳に残る。けっこう好き。
シアワセノソラ:「二人の空」より新収録。ポップなメロディー。カズやんの歌声が心地よい。
想い出坂道:新曲。サビのレトロなメロディーに情感が揺さぶられ、郷愁を感じる。
自転車:「夢への扉」から新収録。アルバム中、最もハイテンポなアレンジとなっている。
ウエルズの教室で:「ひまわり」から新収録。松藤さんのアコギのみによるアレンジが素敵すぎ。
月のヒカリ:CD初収録。芝居用に書き下ろした曲。個人的にCD収録を一番望んでいた。ムーディ。
僕らの道:「しあわせのうた」から新収録。アレンジのおかげで聴きやすくなったかな。
ひまわり:「ひまわり」から新収録。この曲だけは敢えてアレンジなし。昔、先輩の結婚式で歌った
二人の空:「二人の空」から新収録。テンポのよいポップな曲。♪君に会えたから、今日はそれでいい
しあわせのうた:「しあわせのうた」から新収録。サビの盛り上がりと美しさは全曲一。
0




AutoPage最新お知らせ