◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/6/30

星のレストラン  趣味

昼前に起きてゼミに出る。先生から竹島/独島問題に関する韓国側の著書を借りる。夕方、秋葉から上野を回って漫画などを買い込んできた。今日は研究に関係ない本を読み耽るぜ。


【今日の漫画】黄昏流星群(4)★★★★

どこぞで、この巻に収録されている「星のレストラン」というエピソードがすごくイイ!という話を聞いていたため、ほかの漫画と一緒に購入。ちょっと期待しながら読みはじめる。……あれ?この既視感は何だろう?フランス語で言うとデジャヴ?オレこの話知ってるよ。

……そうそう、いつだか昼のテレビでこの話のドラマがやってたやんか。じいさんの役が石橋蓮司で。あれはなかなか面白くて最後まで観ちゃったんだよな。てなわけで早速調べてみると、ドラマじゃなくて映画だった→「黄昏流星群 星のレストラン」

若いフランス料理の料理人がみすぼらしい老人に料理を批判されるが、そのじいさんが実は伝説の天才料理人で、彼の過去が明らかになって……という物語で、筋書き自体とてもよくできているのだが、何より素晴らしいのは立松一平(じいさん)が語り教える料理の哲学や料理人の心意気だ。それを「美味しんぼ」の海原雄山みたいに大上段から叩き込んでくるのではなく、努力と実績と挫折を経て料理を捨てた老人の言葉で語らせるところが実によい。

その教えにはあらゆるプロフェッショナルに通じる精神がある、などと小賢しいことは言わないにせよ、少なくとも素晴らしい料理は本当に素晴らしいんだよな、とトートロジーめいた感想を述べておく。ぜひ一読をお勧めしたい。映画版も漫画とほとんど筋書きが同じで、よくできていた覚えがある。もう一度観てみるかな。石橋蓮司好きだし。
0

2005/6/29

生辰祝(2)  日記

こんな充実したというか、濃いというか、疲れた誕生日は生まれてはじめてだったと総括できよう。

朝から夕方まで研究室の修論構想発表会。レジュメの準備で半徹夜したため、午前中はブッチしてしまった。私の順番は最後から3番目。15分発表の15分質疑応答という短時間のため、いかに簡潔にまとめてポイントを強調するかが重要だ。レジュメの出来がダメダメだった。内容的にはギリギリ無難にクリアしたともいえるが、先生方の盛んな突っ込みを誘発できるほど魅力的な構想ではなかったということもできる。まあ、12月に完成形を出せばよし。

予定より若干長引いたため、急いで仕事へ向かう。今日はお客さんのノリちゃんの歌う「Let it be」のギター伴奏をする約束で、アヤちゃん、コウ君2人の前で小発表会。練習不足のせいで全然リズムが取れなかったが、何とか伴奏を済ませる。まもなくコバちゃんも来て、発表会2回目。たまにはこういうのもいいね。ケンタロも来た。

R先生と、スナッチ、ツウドウさん、ソン君が来店してくれた。研究室で打ち上げがあり、そのあとこちらに来てくれたという。奥のテーブルは今日の構想発表会の慰労会と反省会になっていた。本来なら私もそこに座って先生から反省を促されるべきなのだが。と、先生たちに呼ばれた。ツウドウさんから寄せ書きの入った団扇を渡され、みんなが「センイル チュッカハムニダ(Happy Birthday to You)」を歌ってくれた。感激です。ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

終電の時間が近づいて先生とツウドウさんが帰ったあとで、カツキさんとヒョンが来てくれた。何度目かの誕生日祝いの言葉(とビール)をもらった。さらには3ヶ月ぶりのミエちゃんも仕事上がりの1時頃に来てくれて、コンビニのプリン・ア・ラ・モードに蝋燭を立ててくれた。

閉店まで残っていたヒョン、コバちゃん、ケンタロとウチに戻ってもうちょっと飲む。寝たのは4時頃だったろうか。長い誕生日だった。お祝いしてくれた皆さんに感謝。
0

2005/6/27

偶然の邂逅  日記

高田馬場のバイトで、夕方からダンスイベント会場での本の売り子業務を頼まれたため、家庭教師はお休みにしてもらった。

7時前に神楽坂のイベント会場に到着。小さなテーブルに設えられた物販ブースに体を埋めて開場を待つ。ウチで作った、イベント主催のダンサーさんの詩集を先行発売で売るわけだが……おや?このイベントのポスター見たことあるな。水曜日のバイトの店にずっと貼ってあったやん。よく見ると、詩集の紹介のとこにウチの会社の名前も載ってるよ。気づけよ、オレ……orz。

ってことは、こないだ店をやめたばかりのチヅルさんの友人やん、この詩集の人。と、自らの間抜けっぷりを確認しているうちに開場。案の定、チヅルさんはおろか店のママまで観にきていた。いや〜、世間って狭いね。

詩集が売れるのは帰り際ということで、開場から入場、ステージ中はあまりやることがない。客の入りは凄まじく、立ち見の人が会場から溢れそうになっている。これ以上は立ち見で入っても踊っている様子が見えないレベルまで詰め込んだようだ。漏れてくる音楽を聞きながら、本を読みつつ終演を待つ。

するとカツキさんが入ってきた。入ってもダンスが見えないと説明され、泣く泣く帰ることに。道に迷って会場にたどり着くのが遅くなったらしい。詩集を一冊買ってくれた。

終演し、帰り際のお客によって20冊ほど本が捌けた。撤収を済ませて9時。そこへ、カツキさんとコバちゃんが飯田橋のエーコさんの店で飲んでると連絡あったため、そのまま徒歩で飯田橋に向かった。それにしても暑い……。おとなしく東西線に乗ればよかった。

「和伊の介」で合流し、3人で飲む。エーコさんは裏方作業があるってことで忙しくしていたが、しばらくしてから着替えて飲みに加わった。健太郎の誕生会をどうするかという相談をし、7月3日に谷中のイラン・トルコ料理「ザクロ」を予約する方向で前向きに検討、頭数あわせに着手することとなった。
0

2005/6/26

煮こごり、豚汁  料理

【今日のご飯】豚汁、煮こごり、出がらし炒め、納豆

クリックすると元のサイズで表示します

たまには普通の自炊の様子を紹介して親を安心させてみる。

○昆布と煮干で出汁を取り、豚バラ肉、ジャガイモ、揚げ、ネギ、シメジ、キャベツ(要するに残り物)を煮て味噌汁にする。麦味噌と八丁味噌を混ぜるのがウチ風。

○先週の日曜からチマチマ食べてきた牛スジの残った煮汁を冷蔵庫で冷やし固め、小さく切っただけの煮こごり。熱々のご飯に載せると溶け出す。

○豚汁の出汁に使った昆布と煮干を胡麻油で炒めて醤油と七味で味付け。

○納豆には刻みネギと胡麻と胡麻油を入れてある。

こういうご飯は飽きがこなくてよいですな。
0

2005/6/26

愉悦の蕎麦  外食

「そうだ、美味しい蕎麦を食べにいこう」
「どこへ?」
「ちょっとそこまで」


【今日の昼食】鷹匠★★★★

根津の路地裏の、そのまた奥まったところに佇む蕎麦屋「鷹匠(たかじょう)」。ここは開店したころから知っていて(今年で五周年らしい)、田舎から親が出てきたときなど何度か食べに行った。自分のお金で入るのは今回が初めてだったかもしれない。やや高いということもあるのだが、なにぶんウチから徒歩15秒ほどのところにある超ご近所なので、かえって腰をあげるのが億劫になってしまうものなのだ。

昼の営業が始まる12時から10分ほど遅れて店内に入ると、すでに2組ほどが板の間でくつろいでおり、予約席が2箇所設けられていた。3列あるテーブルのうち真ん中にゆったりと座る。まずは日本酒。肴に焼き味噌と揚げ出し蕎麦がきを。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

焼き味噌が素晴らしくイイ!! これだけで酒三合はいけるなあ。揚げ出し蕎麦がきはサクリとした歯触りのあとからムチムチのモチモチ。ゆっくり楽しんでから蕎麦を頼む。むむう、純粋にせいろ2枚もいいし、とろろそばも捨て難いが……

クリックすると元のサイズで表示します

鴨せいろ。鴨のツユには柚子の香りが効いている。キュッと締まった二八そばをつけてたぐると、ツユの味と鴨の脂と蕎麦の香りが口の中で絡まりあう。こんな食べかた、誰が考え出したのだろうか?蕎麦を食べてしまったら、柔らかい蕎麦湯でツユを割っていただく。サッパリうま〜=3

やはり無沙汰にしておくにはもったいない店だな。何もない日の朝から(7時半から営業している)文庫本でも持って入り、のんびり酒を飲みつつ蕎麦をたぐるなんて贅沢を、月に一回くらいはやりたいものだ。
0

2005/6/25

韓家にてお別れ  日記

先日書いた「韓家」を辞めるアジュンマが最後に顔を出す日だということで、ヒョンに呼ばれて9時過ぎに「韓家」を訪れた。

アジュンマは11時過ぎに来るらしいので、ヒョンとふたりでプデチゲをつつきながら飲んで待つ。カツキさんと、久しぶりのジャシルが合流。またちょっと誕生日を祝ってもらった。

11時半ごろにやってきたアジュンマは、厨房で引継ぎをしていたようだ。我々が帰り際にヒョンが挨拶した。いままで美味しい料理をありがとう。スゴヘッスムニダ(お疲れ様でした)。
0

2005/6/24

生辰祝(1)  酒席

2月にピッツァを食べに行った吉祥寺の「ラ・ベファーナ」の系列グループから誕生月の特別割引案内メールが来たので、6月末の私の誕生日に向けて前祝をやってもらえることに。本当は23日誕生日のケンタロと合同で企画されていたが、FAMILYは滋賀のNHKに生出演するため帰郷中。

大学で夕方まで勉強してから渋谷方面に出かける。6月には私の母の誕生日もあったので、プレゼントの本を渋谷のBook1で購入・配送。10分ほど遅れて店に着いた。


【今日の飲み:1】ラ・ベファーナ★★★★★

2階の窓側に席が用意されていた。参加してくれた面子はカツキさん、エーコさん、ヒョン、コバちゃん。さっそく料理を頼んで黙々と食べ始めた。相変わらず何から何まで美味い♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

わいわいと話しながらワインを2本空けて、そろそろお腹もくちくなってきたところでデザートを注文した(ヒョンだけは口直しにビール)。……しばらくして、いきなり2階全体の明かりが消され、何だ何だと思う間もなく激しいビートのBGMが流れはじめた。そして、階段から蝋燭つきの皿を持った店員さんがこちらへ。……うわっ!これって私の誕生日のための演出ですかい!?2階にいたお客さんたちがみんなで拍手してくれる。はっきり言って、私、こういうイベントへの耐性が低いです。どう対応していいかわからないまま、嬉さと恥ずかしさの入り混じった微妙な顔で固まっていたと思われます。まあでも、嬉しいよね。店の印象も上がるよなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

皿にはチーズプディングに加えて、メッセージが書かれたラズベリークリームとコーヒーケーキが載っていた。ひとつ疑問なのは、デザートをまとめて頼んだはずなのに、私が注文したチーズプディングがちゃんと組み合わされていた点。単なる偶然かもしれないが、卓の会話や雰囲気からホールスタッフがちゃんと把握していたのだとすれば、なかなかすごいことだ。帰り際にもスタッフから「誕生日おめでとうございます」と言われたし、当たり前のことのようだが、ちゃんと心配りされているのは嬉しいもの。


【今日の飲み:2】上野のカラオケ

カツキさんは眠そうだったが、二次会に行こうということで「さらに飲む」か「カラオケに行く」かの選択肢を提示された。まあこんなときでないとカラオケには行かないかという「せっかくだから」判断と、カラオケならカツキさんも寝ないだろうという戦略によって、後者を選択。上野まで戻る。

上野のカラオケの定番「歌広場」付近を目指していると、松坂屋前交差点で坊主頭のお兄さんに声をかけられる。「1時間飲み放題でお一人様1000円にしますよ。歌広さんより安いですよ」。以前にもこの手の呼び込みについていったことがあるが、確かに少し安く、サービスもさして変わらない。違いがあるとすればカラオケの機械(曲数など)だが、この面子なら「あのアニソンがない!」等の騒ぎになることもなかろう。相談して、2時間ってことでお兄さんとこに行くことにした。

名前は忘れたが、広小路から一本湯島よりの通り沿いにある分館に案内された。1階はイタリアンな飲み屋のようだ。やはり曲数は充実しているとは言い難かったが、スナックのレーザーカラオケよりはるかにマシ。ビールをピッチャーで注文。みんな遠慮がちに古めの歌中心で歌い始めたが、だんだん盛り上がってきて、ピッチャーはどんどんおかわりされ、結局1時間延長した。

タクシーに乗るエーコさんを見送り、根津まで歩いて帰ったら3時前。
0

2005/6/23

瀬佐味亭復活  外食

【今日の昼食】瀬佐味亭★★★

大学近くにある坦々麺が売りの「瀬佐味亭」が移転(数件となりにだけど)を終えて新装開店していたので、さっそく入ってみた。鏡張りの引き戸を開けると、明るい店内にグネグネした形の長細〜〜〜いコの字型カウンターが置かれ、厨房は奥。メニューが冊子になってる。これまでもあったラーメン、坦々麺、酸辛麺に加えて、黒坦々麺が新メニューとして追加。なんか、日本酒だの焼酎だの、酒がやたら充実してる。夜は飲み屋にするつもりなのだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

芝麻醤を使わずに自分のところで胡麻ペーストを使っているらしいので、ここの坦々麺はけっこうさっぱりとして香り高い。

それにしても、客捌きの拙さは相変わらず。厨房から一番遠くの席にいる客が勘定を払おうと立ち上がってるのに誰も気づいてない。以前の店のときも、店の人が全員厨房に引っ込んでしまって客の出入りに対応が遅れるってことがあったが、いまの店は前より広いんだから、誰かひとりは常に客席に目を配ってなきゃだめでしょうに。これは新しい店に慣れてないとかじゃなくて、接客の姿勢の問題のような気がする。

というわけで、黒坦々だけなら★★★★ってところだけど、ちょっと減点。
0

2005/6/22

牛スジ丼  料理

【今日の昼食】牛スジ丼

クリックすると元のサイズで表示します

日曜から煮込んでいる牛スジ(実際は一瞬沸騰させてから鍋ごとバスタオルでくるんで保温調理、を繰り返した)は、トロトロに柔らかくなった。ここにゆで卵を加えて煮卵を作る。

今日の昼食は、牛スジと卵にタマネギと油揚げを加えて煮込み、ご飯にかけた丼。煮汁のしみたご飯がメチャうまDEATH
0

2005/6/21

ちゃぶ塩  外食

【今日の夕食】CHABUYA JAPAN SIO RAHMEN BRANCH★★★★

自転車通勤の帰りに音羽にあるラーメン「ちゃぶ屋」の塩ラーメン支店に寄ってみた。本店のほうを先に試してみるのが本筋かもしれないが、運動すると塩っぽいものが欲しくなるということで。

クリックすると元のサイズで表示します

梅塩ラーメンを食べてみる。スープはさっぱりあっさりとした旨みがあり、余分な味が入り込んでない。大きな梅の実がほぐされてスープに沈んでいるが、それを溶かなければ、普通の塩ラーメンのスープなのだろう。麺は細めのストレートで、歯ごたえがプリリとしている(「ちゃぶ屋」では確か自家製麺を作って使っているはず)。上に乗っている朧昆布がまた美味く、チャーシューは蕩ける味わい。後味がすっきりしていて、食べ終わっても変に汗をかいたりお腹が重くなったりしない。ご馳走様でした。

そのあとアップダウンの連続する不忍通りを自転車で駆け抜けて汗だくになりましたがゼイゼイ
0




AutoPage最新お知らせ