◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/6/20

展示会  日記

※月末に研究室全体の修論構想発表会がある関係で、予告記事がほったらかしになっております。いましばらくお待ちください。今回は竹島/独島問題にも関連するネタを紹介しておきます。

まず、こちらこちらをご覧いただきたい。韓国の桂陽中学校が企画し、仁川の橘現駅で実際に展示された「"独島の叫び"展示会」の絵をコメントつきで紹介したもの。経緯などの詳細はこちらを、絵に書かれた韓国語についてはこちらの翻訳を見ていただければ。

この展示から、1)代表性の程度について留保が必要ではあるが、韓国では過激な反日教育の実態が確かにある。2)韓国の"国鉄"が展示を許可しているのだから、反日行動が相当の公共性を持ちうる。ことがよく見てとれる。

竹島/独島問題に関しては、のちに記事を書く予定なのでここでは触れないでおく。しかし、その点をまったく考慮しないとしても、隣国に対するここまで酷い表現を奨励した教師や、その展示を許した駅側の思考・態度は由々しき問題だ。子どもたちの描いた絵は、日本の国旗を燃やしたり、「日本に核を撃ち込めばいい」「日本は海に沈んで欲しい」と発言したりする大人の鏡像といえるだろう。太平洋戦争中に日本で行われていた反米・反英行動を思い浮かべてしまった

戦後教育から連なる「反日」の根は深いうえに、盧武鉉政権が国策として濃度を増している(「親日真相究明法」など)現実を見るにつけ、朝鮮史を研究している身として暗澹たる心持ちになる。私にできることは何だろうか?
0




AutoPage最新お知らせ