◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2010/8/31

告知板ログ2010夏  日記

【2010/07/04】
娘の引いた風邪が自分にうつって咳が治らないというパターンが今年二度目。世間でも咳風邪が流行っているようですが皆様ご健勝でしょうか。

さて来週末は参院選なので、民主党政権についての所感を簡単に書いとこうと思います。まさか民主が参院過半数を取ったりしないだろうと思うんですが、こないだの衆院選やワールドカップを鑑みるに世の中なにが起こるかわかりません。新聞テレビをまったく見ないでネットの情報に浴していると、民主ってのはマニフェスト詐欺、沖縄基地問題悪化、事業仕分けショー、政治資金の闇、などなど悪行に枚挙の暇なく、公務員労組と中韓にべったりの売国政権ってことになってるようですが、まあ本当にそうだとしても選挙で国民が選んだんだから仕方ない。私が問題だと思うのは、1:口蹄疫対策、2:国会運営ルール無視、3:法案成立率の3点です。宮崎の口蹄疫感染への政府の対応を見るに、あれがわざとやったのでなければ、有事の際に役に立たないこと請け合いです。朝鮮半島の火種が燃えたりしたらどうなるんでしょうね。国会運営については、野党に配慮して審議時間を重ねるなど調整していた自民政権時代から一転、与党による審議拒否とか超スピード強行採決とかオリジナルの必殺技を繰り出して民主主義を蔑ろにしてるでしょと。で、そんな民主無双状態を作っておきながら内閣提出法案の成立率が55.6%に留まるってことは、単に仕事ができないんじゃん。個人では優秀な方もいらっしゃるのかもしれませんが、総体としての民主党政権に対する評価は「独善的に事を進めるも処理能力が著しく不足しており、いざという時も役に立たない」となってます。どんなにひどい法案だろうが通るなら通してくれりゃいいんですが、仕事ができない国会議員に税金から給料を払うのは納得いきません。「政治なんて誰がやっても同じ」とはよく聞く諦観ですが、民主党政権はそれがまったくの間違いであることを証明してくれましたね。

【2010/07/14】
中性脂肪削減のために週3〜4回朝食前の運動を始めました。当初は六義園周回ジョギングでもしてみようかと思ったのですが、せっかく買ったのに腐らせていたWii Fit Plusでジョギング→燃焼フラフープ→ボクシングを30分コース。汗だっくだくになりますが体調がよい気がします。

9ヶ月を過ぎた娘は長引いていた風邪も治り、汗疹も少なくなって毎日元気元気です。最近、小さな歯が生えてきました(私はまだ視認してません)。仕草や反応のレベルがどんどん上昇しているのを実感してます。

参院選は民主大敗ってことでしたが全体の得票数では民主が優っていたとのことなので主たる敗因は選挙戦略ミスですね。選挙後の報道で「日本人はすぐ気が変わる」とか「またねじれ国会になって政治が停滞する」とか政権を支持しなかった国民が悪いとでも言いたげな感想を耳にしたんですが、3年前にも同じことを言ったんならまだ納得できるものの、支持政党が惨敗して悔しいんですね、STさん。朝日の社説も3年前と180度変わってていっそ清々しいし。与野党合意の上でしか法案が通らなくなったんだから、一国民としてはむしろ喜ばしいと思いますがね。それにつけても山梨は惜しかったなあ。

【2010/07/26】
普段食べる量を減らし気味にしつつ朝の運動を始めて2週間ほど、体重が徐々に減少して腹回りも気持ちすっきりしてきました。中性脂肪もずいぶん減った……に違いない。

娘はみるみるレベルアップしており、高速ハイハイ、引き戸開閉、つかまり立ち、お座り手拍子など新たなスキルを次々と習得しています。もういろんなものが娘の調査味見対象になっているため本棚の前に柵を設けて防御したりしてます。

あまりにも暑い日が続き、私や相方はクーラーなしでもわりと大丈夫なのですが娘が大汗かいて辛そうなので、引っ越し以来放置していたクーラーを寝室に設置しました。なくてもよかったけどあればあったでま〜あ快適ですわ

【2010/08/08】
土曜の夜から娘が熱を出しました。医者に行ったところ風邪とかではなくて乳児によくある発熱らしい。本人は特に苦しそうでもないんですが、普段より愚図り具合が甚だしくてずっとお母さんにくっついてます。3日ほどで下がるようですが、早く良くなってほしい。

最近、自販機やコンビニで水を買うくらいならと水筒を持ち歩くようにしてます。中身はtumblrで知った経口補水液。水に砂糖と塩を溶かすだけでスポーツドリンクの2.5倍の水分吸収が可能というWHOやユニセフお墨付きの「飲む点滴」だそうです。とはいえ砂糖が入ってることだし普段から飲み過ぎるとよくなさそうなので、水筒でちびちびと水分補給してます。

BBCのドキュメント『グレート・ネーチャー』第一巻のブルーレイがお試し価格で出てたので買ってみました。これは素晴らしい。残りの巻ともっと大きいテレビが欲しくなるほどの映像美。でも娘と一緒に観てたら予告編の何かの映像が怖かったらしく泣き出してしまいました



【2010/08/16】
娘の熱は5日ほどで下がりましたが鼻がグズグズしてます。結局ただの夏風邪だった模様。そしてまたしても私にうつり、親子で鼻水を垂らしている始末。もう何回目だ、このパターン。そんな娘もお盆の帰省ってほどでもないですが相方の実家に3日ほどお泊りしてます。夏はウチの実家には帰らない予定。今年はとみに暑いですから。

コミックスをずっと買ってた漫画の連載がいくつか終わった(もしくは終わる)のを見てちょっと寂しい気持ちに。『ハガレン』『G.F.』『ジャガーさん』、いままでありがとう。『SBR』ももうすぐ?

↓内容は軽めだけど示唆に富んでいて面白い育児本。イラスト書いてる人のブログから購入しました。



【2010/08/28】
木金と、相方のほうの家族と伊豆半島へ旅行に行ってきました。大人6人と乳幼児3人という大所帯でいろいろ大変でしたが、美味い魚を食べたり遊覧船に乗ったり早朝から温泉に浸かったりとのんびり楽しめ……たんですが、帰り際に相方が下痢嘔吐でトイレから動けなくなり、救急車で沼津の病院に搬送され、2時間点滴を受けてようやく帰路につくというアクシデントが。今はほとんど回復してます。
0

2010/8/22

自宅ゲーム会100822  遊戯

8月の飲みゲーム会は参加者が少なめ。特にいつもゲームをやる面子がほとんどいなかったので夕方からスタートして普通に飲み食いしていたが、カツキさんが何かやりたいということで9時頃から子供向けゲームを3点遊んだ。ちなみに今日の一品はモツ煮込み。余った分は翌日モツカレーにして食べた。

続きを読む
0

2010/8/21

ダークナイト  趣味

昔のシネマハスラーを聴き返していて、そういやまだダークナイト観てなかった、DVD借りようかと思っていたところ、リクエストで映画を上映する「ドリパス」なるサービスが開始され、その第一回がダークナイトだということをツイッターで知る。新宿バルト9にて21日(土)の深夜上映で1500円。250人のリクエストが集まれば上映決定となる。せっかくだから申し込んでみた。

初期は6時間で締め切りだったが数が集まらなくて3日に延長され、最終的には288人が申し込んだ形となった。そこでメールが来て、初回の応募に感謝してチケット料金無料でご招待とのこと。タダになったら当日行かない人もいそうだなあと思いつつ、自分は行くつもりだったので素直に喜ぶ。

土曜、仕事上がりで新宿に向かい、思い出横丁のモツ焼き「ウッチャン」でのんびり飲む。時間が遅かったのでいろいろ売り切れてたけど美味いモツを食わせるよい店でした。だいぶ酔っ払いつつバルト9へ。11時40分頃から入場が始まり、購入確認メールと身分証明証を見せてシアター6に入った。座席は自由。入場者はおそらく200人もいなかったと思う。12時半の上映開始前にドリパス主催者の方から挨拶があり、予告編やCMなしにダークナイト本編が開始した。

劇場で初見にしといて大正解。素晴らしい。1秒たりとも画面から目が離せない緊迫感で2時間半があっという間に過ぎた。ビギンズはそれほど面白いと思わなかったので、どこかで突き抜けたんだろうなクリストファー・ノーラン(ヒース・レジャーの映画ではあったが)。こりゃインセプションも観ないとか。

バルト9を出て午前3時。2丁目あたりをうろついたら大勢の若者がそこらの店や通りに溢れていてちょっとビビった。アルタ横の喫茶店でコーヒー飲みながら時間を潰し、丸ノ内線の始発に乗って帰宅した。

ドリパスの企画は8月24日現在第四弾『地獄の黙示録』の募集中。これも結構行きたいな。
0

2010/8/11

夏のまんが祭り2010  趣味

観たいアニメ映画がいくつもあったので新宿バルト9で一気に3本観た。簡単に感想など。

◆トイ・ストーリー3
これ以外ない、これ以上ないとしか言いようのない完結編。最後はそう決着させるしかないよな〜と納得しつつ、ラストのウッディの選択とアンディの決断に涙が止まらない。あとボニーが可愛すぎる。1、2から引き続き完璧な脚本と演出で、最近までこのシリーズをスルーしていたことを恥じた(でも3を観たらやっぱり2のプロスペクター可哀想という思いが増したけど)。3部作のDVDセットが出たら買わざるを得ない。そのうち娘と一緒に観たいけどオモチャが捨てられなくなりそうだ。時間の都合上3D吹替版で観たのだが、実はこれが初3Dだった。最初こそ自然な立体感にちょっと感動したが5分で慣れた。むしろ画面が暗くなるので2Dでいい気がする。吹替はもう勘弁。唐沢さんはまだしも所さんはあれだけ声優やってさっぱり上手くならないんだから今後使うのやめてよ、映画業界の人たち。誰も得しないでしょ。

◆借り暮らしのアリエッティ
原作は未読なので歯切れが悪くなるが、わざわざ映画にする意味はなんだろうね。短くまとめてテーマを抽出するのか、静的な小説に動きを与えるのか、映像というリアリティを付け加えるのか。どれも当てはまってそうだけど中途半端という印象。特に残念だったのは映像の点で、小人が人間の家を巨大なダンジョンのように探索する様子にはわくわくしたし、ディテール描写はさすがジブリと思ったが、小人と人間の対比がもうひとつ。もっと小人視点での人間の巨大さや空間の広大さを見せつけて、小人になった感覚を味あわせてほしかった(音では表現している部分もある)。動物の描写に比べて虫がキッズアニメ調だったのも残念。腐海の蟲っぽいゴッキーと死闘を繰り広げてこそのジブリじゃないの?ここのところのジブリは観客がいろいろと汲んだほうがいい作品続きで、それが悪いとは言わないが個人的にはもう一度ラピュタや豚みたいなのが観たい。でもOK。ジョゼットにもう一度会えたから。WPJ3出ねえかなあ。

◆ヒックとドラゴン
以前観たドリームワークス作品『カンフー・パンダ』と比較すると、細かい伏線の回収やギャグが減ってストレートな物語になっている。主人公ヒックの設定(貧弱な技術系で父子家庭)や展開はむしろ『くもりときどきミートボール』にそっくりだ。脚本の巧みさや映像の意外性という点ではパンダやミートボールのほうが上かもしれないが、飛行描写やドッグファイト、ドラゴンのキュートな演出などは素晴らしい。もうちょっと各種ドラゴンの特徴をストーリーに活かしてくれるとよかった。褒める人が多いラストのちょっと衝撃的な展開には確かに驚いたが、本編のリアリティラインを現実より下げ気味にしといてあれはちょいズルい気もする。個人的にはパンダのほうが好きだが、甲乙つけがたい名作。やはり時間の問題で2D吹替しか選択肢がなかったのだが、トイ・ストーリーよりもこちらを3Dで観るべきだったかもしれない。吹替は特に違和感なかった。

と書きはしたものの、『ヒックとドラゴン』はまだちゃんと観きれてない感じがする。もう一度3Dで見直すかな。

【8/16追記】※思いっきりネタばれなので『ヒックとドラゴン』未見の人は読んじゃダメ
【9/22さらに追記】
続きを読む
0

2010/8/8

サークル合宿100808  遊戯

毎季節恒例のサークル合宿に顔を出してRYOとかと遊ぶ。合宿といっても大学構内の宿泊施設を借りてひたすらゲームをやってるところにお邪魔し、こちらも勝手にゲームをやってるだけ。特に下の代の人たちと絡むわけでもないがもちろん一緒にゲームすることもある。

土曜日に予めゲームを詰めたバッグを持って出社し、退社してそのまま合宿所に向かった。RYOがマスターをやってる『SAVEGE WORLD』のセッションが終わるのを待ってからコンビニで買出し。

続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ