◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2012/10/15

シャドウラン4th20Aテストプレイ  趣味

相方の休日出勤連打が一段落したので久々に遊びに出させてもらった日曜。RYO宅にて、日本語版が出たばかりの『シャドウラン第4版20周年版』のルールや世界観に慣れるためのテストプレイ。RYOがマスターで私とM井君とSHUCHOの3人がプレイヤ―。ルールブックからサンプルキャラを選んだ結果、バウンティ・ハンター(M井)、ガンスリンガー・アデプト(SHUCHO)、ラディカル・エコ・シャーマン(hirocean)となった。シャドラン判る人は天を仰いでいるかもしれないが、交渉事や搦め手がほとんどできない肉弾チームである。しかもトロール、オーク、ドワーフ。

既成シナリオのネタばれになるので詳細は書かないが、このチーム編成のおかげでMr.ジョンソンから受け取った前金5,000新円は情報収集のためにどんどん目減りし、最終的には報酬割り勘でNPCのハッカーをチームに入れたことにして無理やり話を進める。各人の見せ場としては、バウンティ・ハンターがノックアウト強盗として一般人を気絶させまくり、ガンスリンガー・アデプトが敵対ランナーのリーダーを同時イニシアチブの銃撃戦で昇天させ(11Hitとか!)、エコ・テロリ……もといシャーマンは爆弾で陽動したり狼の精霊で隠れたり雑魚ランナーを爆笑させたりしていた。

ほぼ依頼内容を達成したところで新たな展開へつながりそうな電話が来たが、そっちへ首を突っ込む動機も余裕もなかったのでさっさとブツをMr.ジョンソンに渡して解決。アンデッド臭いのは勘弁だ。まだ基本的なルール適用とかたどたどしくて大変だったが、もうちょいルールを読み込んでキャラクターを作ってみようかと。最終的には一人で2〜3キャラ作って取りまわしながらシャドウランのキャンペーンを走らせる構想なので。
続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ