◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/7/30

初めて(?)のラーメンat東京  外食

昼も遅く、ヒョン・コバちゃんを連れて湯島の「大喜」へ向かう。日本に来て5年ほど、東京でまともな店のラーメンを食べたことがない(札幌で食べた以外では、ラーメン暦は大学の学食程度)というヒョンに美味しいラーメンを食べてもらう計画は遂に実行に移された。


【今日のラーメン】大喜★★★★

店の前に行列はなかったが、3人一緒に座るために若干待った。昼ごはんだというのにコバちゃんがビールを飲もうとするので、結局3人とも生ビールの券を購入。ヒョンは基本の「醤油ラーメン」、コバちゃんはお勧めの「とりそば」、私は「うめしおもりそば」。

クリックすると元のサイズで表示します

カウンターに並んで座ってビールを飲みつつラーメンを待つ。ラーメン専門店の雰囲気に興味を示すヒョン。間もなく出てきた「うめしおもりそば」は、梅の風味が強く効いたさっぱりとしたつけスープにモチモチとした太目の麺がからんで飽きが来ない素晴らしい美味さ。

醤油ラーメンのスープを飲んだヒョンは「学食のラーメンとは比べ物にならない」と賞賛したが、そりゃ比較するまでもないでしょう。ただ、あとから塩分がきついという評価が下された。食べているときは気づかなかったが、しばらく喉が渇いて仕方なかったという。考えてみれば、韓国の麺料理には辛いものはいくらでもあるが、塩っけはあまりない気がする。「大喜」のラーメンの後味が塩辛いなら、おそらくほとんどのラーメン屋でも同様に感じることだろう。

それはそれとして、次はもっと獣系スープが効いたラーメンを紹介しよう。「天神屋」か、「武骨」か、いっそ九州系に行ってみるか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ