◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2008/10/29

薔薇の名前:敬虔な祈りこそ我らが心の糧たれ  遊戯

BGGのRich P氏によるエッセンリポート中にやや詳細な『薔薇の名前』のレポがあったので翻訳紹介する。仕事の合間の拙速翻訳につき誤訳御免。【11/6:ウィリアムとアドソの段落の大幅な訳抜け修正】

After all this rushing around collecting pre-orders and other goodies, we finally sat down to play a game. The Ravensburger area had two games we wanted to try out and we luckily found a newly-vacated table to sit at. This game only came in German, but we had the rules explained to us and the only text is on six event cards which weren't too difficult to translate.
【プレオーダー品とその他のグッズを集めまわったのち、私達は座ってゲームをプレイすることにした。ラベンスバーガーのエリアではやってみたいゲームが2つあり、幸運にもテーブルが空いていた。このゲームはドイツ語ルールしかないが、ルールは説明してもらったし、6枚のイベントカードに書かれたテキストも容易に翻訳できた。】

There are six coloured monks on the monastery board and each player represents one of them, although the other players do not know who is which monk. It's a secret! Any player can move a monk by playing a card of that monk's colour - the monk can then move to any building. Alternatively, you could play a building card and move any monk to that particular building.
【ボード上には6色の修道僧が置かれ、各プレイヤーはそのうち1人を担当するのだが、他のプレイヤーには秘匿される。修道僧カードをプレイすれば誰でも該当する色の修道僧を任意の建物へ動かすことができる。また建物カードをプレイすれば該当する建物に任意の修道僧を移動させられる。】

Each building has two coloured, numbered tokens in it. If a monk is moved into a building which does not contain a token of his colour, he is deemed to be acting suspiciously - there is no work in that building for him to do, so why is he going there? That monk's marker is moved up on the suspicion track by a number of spaces equal to the total on the two tokens in the building. If a monk moves to a building in which there is a token of his colour, the active player keeps the coloured token and the monk's marker is moved down the suspicion track by the value on the token.
【各建物には色と数字が示されたトークンが2枚置かれている。自分と同じ色のトークンが無い建物に修道僧が入ったら疑わしい行動とみなされ(「彼の日課ではないはずなのにどうしてあそこに行ったのだろう?」)、その修道僧のマーカーが疑惑トラック上を2枚のトークンの数値合計分前進する。同色のトークンがある建物に入った場合、手番プレイヤーはそのトークンを手元に置き、修道僧のマーカーは疑惑トラック上をトークンの数値分後退する。】

Collecting these tokens is useful, because each card played has a cost in hours. Once the total cost of cards played by all players exceeds 24, the day ends. You don't want to be the player who causes the day to end because you then have to take a penalty of 2 points in the final scoring. To stop the day ending, you can reduce the time cost of a card you play by expending one token per hour of reduction.
【カードのプレイには時間というコストがかかるため、トークンを集めるのは有効だ。というのも、全プレイヤーによってプレイされたカードのコストが合計24を上回ったら一日が終了する。一日を終わらせたプレイヤーは最終計算時に2点のペナルティを受けるため、できるだけ回避したほうがいい。トークンを1枚消費するごとにカードのコストを1時間減らせるのだ。】

At the end of the day, the relative position of the monks on the suspicion track is converted into real evidence on the evidence track (5,4,3,2,1,0). After six days, the monk with the least evidence against him is the winner.
【一日の終わりに、疑惑トラック上の修道僧の順位によって証拠トラック上のマーカーが前進する(順に5,4,3,2,1,0)。6日が過ぎたとき、証拠トラック上で最も後ろにいる修道僧が勝者となる。】

Event cards modify the rules slightly each day and after days 1, 3 and 5 there is a pause while players choose one colour of monk to reveal to the other players. This is to indicate one monk they are NOT. At the end of the game everyone has to try and guess which player was which coloured monk. If your colour was guessed correctly, you move up on the evidence track by a number of points depending on the number of players in the game. This is a bad thing, so you want to try and keep your monk identity a secret. I was terrible at this! Both my opponents knew I was the blue monk by about day two and my attempts to throw them off the scent were to no avail.
【イベントカードはルールをわずかに修正し、第1・3・5日目の終わりにはプレイヤー達が1色の修道僧を選んで他のプレイヤーに明かす。自分が担当してない修道僧を示すためだ。ゲーム終了時に、全プレイヤーは誰がどの修道僧を担当しているかを推測する。自分の担当を当てられたら、プレイヤー数によって決まっている分だけ証拠トラック上の自分のマーカーを前進させねばならない。これはよろしくないので、自分の正体をできるだけ隠しつづけることになる。私はダメダメだった!私の対戦相手2人は私が青の修道僧であることを2日目くらいには気づき、彼らを陥れようとする私の試みは無駄だった。】

There are two brown monks, William and Adso, who can only be moved by playing a special card. You then have two choices: you can either pay 0 hours and move Adso, or 5 hours to move William. Any monks in the building Adso moves to can be moved up or down 5 spaces on the suspicion track. Any monks where William moves to can be moved up or down 3 spaces on the evidence track. These effects are really powerful, which left me feeling that the players who drew most of these 0/5 cards would have more control over the game. Usually your hand of three cards gives you enough choice over actions, but it felt like if you were lucky and drew more 0/5s you would inevitably do better than your opponents.
【スペシャルカードによってのみ移動するウィリアムとアドソという2人の茶色の修道僧がいる。時間コストを払わないでアドソを動かすか、5時間を費やしてウィリアムを動かすかという選択肢がある。アドソの移動先にいる修道僧は疑惑トラック上を5つ前進または後退し、ウィリアムの移動先にいる修道僧は証拠トラック上を3つ前進または後退する。この効果は非常に強力で、0/5カードをたくさん引いたプレイヤーがゲームをコントロールするような印象を受けた。通常は3枚の手札からのアクション選択に大いに迷うのだが、幸運にも0/5カードをたくさん引ければ、対戦相手よりずいぶんと有利になるような気がした。】

The game was reasonably good fun; a family game and not one for over-analysis. I can see it running a bit long with players who really want to think through their actions, but an hour should be about right for this game. I thought the theme and feel of the book was really well represented and my only annoyance was with the 0/5 cards described above. Phil bought this one, so I didn't feel the need to.
【このゲームは充分に楽しかった。ファミリーゲームであり、過度に分析を要するゲームではない。私は行動を熟慮するプレイヤーたちとやや時間をかけて走らせたのだが、普通は1時間もあれば終わるだろう。テーマと原作の雰囲気は充分に表現されており、唯一の不満点は上述した0/5カードについてである。Philが買ったので、私は買わないと思う。】


このレポはともかくエッセンでの評判はあまりよろしくなかったようだが、予想外に軽めのシステムらしい。このくらいの情報があればドイツ語ルールを頑張って訳さずとも何とか遊べそう。ありがたや〜。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ