◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2009/5/31

GM2009:日記編  日記

※当日遊んだゲームの感想は別記事にて。

去年と同様、今年のゲームマーケットにもそれほど関心がなかったのだが、溜息しか出ないような素晴らしいデザインセンスのサイト「賽苑」が今回初めてオリジナルゲームを出品すると知って俄然興味が増幅し、ほかの出品情報もチェックしていたところ、「クロックワイズ」や「チームきりたんぽ」のゲームなども欲しくなってしまった。しかしすべて入手するためには4階と5階を回らねばならない。人気ゲームはわりと早く売り切れるので、賽苑のゲームだけで我慢するしかないかと思っていたら、まさかのRYOが参加してくれるとは!救世主よ!(結果、財布が薄くなったとも言うが……)

当日は5時過ぎに目が覚めてしまう(遠足の日の小学生かよ)。せっかくなのでゆっくり準備して8時に出発し、前日夜に録音しておいたタマフルを聴きながら徒歩にて浅草に向かった。9時前くらいに到着かと見当をつけていたが浅草って意外と近い。30分強で雷門に着いてしまった。4階入り口前で10分ほど受付開始を待ってから5階の待機列に並んだ。RYOも予定より早めに来てくれたので、入場券を渡して4階列に並んでもらった。賽苑は頼んだぜ!

10時ぴったりに開場。まずクロックワイズで『Mine Out』等を買い、きりたんぽで伝説のダイスバランスゲー『バベル5』を確保(『仔豚急便』も欲しかったが予算的に見合わせた)。結果から見れば、開場1時間前に並ぶ必要はないくらい余裕があった。急にすることがなくなったため、5階をしばらくぶらついたあと4階に下りる。RYOは賽苑ゲームをしっかり確保したあと「Hammer Works」の列に並んで『ひも電』購入待ちだった。その間に私は「すごろくや」で『タブラの友(2009年版)』と『ドミニオンパンツ』、別のブースで厚紙製ダイスタワーを購入。その後RYOはバネストの列に並んで自分の買物として『Giro d'Italia』とカードゲームを確保した。この時点で今日の目的はほぼ果たしたんですけどね

フリースペースで休憩しつつ確保物の確認したり『Giro d'Italia:カードゲーム』を遊んだりしていたところ、非常にご無沙汰なMT氏と遭遇。せっかくなので3人で昼食に出て、せっかくなのでインドカレー屋でカレーを食いつつ雑談した。戻り、4階のフリースペースは公開オークションで一時撤去されるため、安住の地を求めて彷徨う。すでに購入予算限度一杯だったのだが、5階の「Origins研究会」にて『American Megafauna』のサプリメントを確保しておいた。公開オークション直前の4階に戻り、折しも空いていた賽苑・すごろくや間のフリー卓をお借りした。ここで「カワサキファクトリー」に予約しておいた『賭博英雄伝セブン』と『クイズいいセン行きまSHOW!』を受け取りに行った。

卓に戻るや否や、私が着ていた微妙な目印『2 de Mayo』Tシャツを発見した海長さんが声をかけてくださる。去年のGMをはじめ様々な場所でニアミスしてきた2人がついに邂逅である。やはり実際に会うとテキストだけの印象とはまったく違うものだ。爽やかなナイスガイでしたよ、奥さん。で、せっかくなのでやはり『2 de Mayo』を遊んだ。結果は私(フランス)の大敗だったが、普段遊んでいる友人以外の人とボドゲをやるのは実に新鮮だった。海長さん、ありがとうございました。またやりやしょう

『2 de Mayo』を遊んでいると、通りかかる人たちがチラチラと見ますね。その中でじっくり見物してた人を誘ってRYOと遊んでもらった。「gen X games」からTシャツとかを貰った恩義をこうして少しは返せただろうか。問題はこのゲームが現在日本で入手できないってとこだが(アメリカのB&Bには在庫あり。国内ではバネストがまた『1808年5月2日』というタイトルで扱うかもしれない)。その後は賽苑の『ネオス』など遊びながらダラダラと過ごし、4時過ぎに受付で委託販売の清算をしてもらってから会場を出た。3時ごろから降り始めた強い雨がまだ止んでいなかったため、帰りは電車。

ウチに戻って少し休憩してから仕事に出かける。終わってから、お誘いを受けていたヒョンの部屋に赴き、オモニの美味しいご飯をいただきながらビールを飲みながら11時過ぎまで過ごす。自宅に帰ってから改めて購入物の確認をして就寝。企図していたものはすべて確保できたが、自分で予算一杯まで計画を組んでいたためサプライズがなかったのが残念といえば残念。来年はもう少し自由枠を設定しときたい。あとはいろんな人と遊べれば。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ