◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2011/3/17

ヴィーナス ニーズ メン!:地球人捕獲大作戦!  遊戯

クリックすると元のサイズで表示しますさあてどんどん行くよ〜
行きますよ〜
クリックすると元のサイズで表示します今回ご紹介するのは『ヴィーナス ニーズ メン!(Venus Needs Men!)』だ!
これはまたキワモノを……
クリックすると元のサイズで表示しますタイトルは「金星人が人間を求めている!」ってことだが、ゲームの内容は金星人やガニメデ人や冥王星人やらが地球にやってきて人類を捕獲しまくるというSFロマン溢れるものとなっている。2〜6人用。
すでに目眩がしてきました。

クリックすると元のサイズで表示しますさて、実際に遊ぶとなると基本ルールと上級ルールの2種類あって、勝利条件となる人間の数を変えることでプレイ時間の調整もできる。基本ルール、最短、6人でやってみた。6人プレイの場合、各プレイヤーは火星、金星、ガニメデ、タイタン、冥王星、地球をそれぞれ担当する。
地球!?
クリックすると元のサイズで表示します地球プレイヤーは地球上の人類を地下のジオフロントに保護するのが目的になる。やることはインベーダーたちと何も変わらないがね。
↓これがゲームボードですね。

クリックすると元のサイズで表示します
【緑と赤のチップが地球人口(緑1枚で2500万人、赤は緑5枚分)】

クリックすると元のサイズで表示しますプレイヤーは自分の手番に以下から1つ選んで行動する(以下すべて基本ルールです)。

建設:本拠地で宇宙船を1基作る(地球から遠いタイタンは2基、冥王星は3基建設できる)。
移動:自分の宇宙船をすべて1マスずつ移動する。
攻撃:自分の宇宙船1基につき1回ずつ他の宇宙船を攻撃する。10面サイコロを2個振って8以上が1個でも出れば敵機破壊。
捕獲:自分の宇宙船1基につき1人口チップを捕獲して即座に本拠地に送る。

攻撃だけがサイコロ判定なんですね。
クリックすると元のサイズで表示します一見よくありそうなシステムだが、実はそこのところが非常にいやらしいということがやってみてわかった。基本ルールだと、各星の違いは初期の宇宙船数と地球までの距離と宇宙船建設能力だけなので、地球に宇宙船を下ろして人間を捕獲するという一連の流れは揺るぎがない。つまり、勝利条件(最短ゲームだと13チップ)にリーチしたプレイヤーの次の手番までに誰かが攻撃するなりして妨害しなければ、即ゲーム終了となってしまう。
そこのところが運次第ってわけですか。え、それってク○ゲー……
クリックすると元のサイズで表示しますおいおいw、アメゲーらしく大味なのは確かだけど、もうひとつ要素がある。この「ZAPカード」だ。
反逆者を抹殺するんですね。
クリックすると元のサイズで表示しますお約束のネタは置いといて、要は特殊効果カードだ。基本的にいつでも使えて使い捨て。全部で36枚をプレイヤーに配りきるので6人プレイだと6枚ずつ、そこから3枚引いて手札にする。
どんなカードがあるんですか?
クリックすると元のサイズで表示します重複カードはほとんどなくて効果は様々だ。特定のアクションを禁止したり、他のプレイヤーと同盟を結んだり、他のカードをキャンセルしたり。さらに、カードを捨てて追加アクションを行えるというルールがある。例えば攻撃を選んだ時に手札が3枚あれば、追加で3回までの攻撃を行える。捕獲で使えば一気に勝利条件を満たすことも可能だ。ZAPカードの使い方がこのゲームの肝だろうね。
むしろより大味要素な気がするんですが。
クリックすると元のサイズで表示しますまあ配カード次第でダメダメ展開もありえるけど、こないだ遊んだときはけっこう絶妙な展開になったよ。それよりも露骨なのが、ボドゲ界隈でよく話題になる「キングメーカー問題」とか「お仕事問題」ってやつなんだな、これが。
下位のプレイヤーの行動が勝者を決めてしまうとか、自分の勝利を捨ててトップを止めるかとかの問題ですね。
クリックすると元のサイズで表示しますそうそう。さっきも言ったようにリーチがかかったプレイヤーは誰かが(あるいは総出で)止めなくちゃならない。でも攻撃を選べば自分の捕獲が遅れて勝てない。できればこの「お仕事」は下家に回したい。でも下家が攻撃判定に失敗すれば自分も負ける。手札のZAPカードを有効利用できるか否か。この「お仕事」押し付け合いの攻防が実に醜……もとい白熱して楽しかったのだよ。
楽しかったんですか!?
クリックすると元のサイズで表示します一応みんなゲーマーだったからね。慣れてない人にこのゲームは出さないよ。ZAPカードも日本語訳してないし。というわけで、B級SFノリと露骨なお仕事合戦に耐性のある方には積極的にお勧めします(ネタとして)。ちなみに私は冥王星人担当で惑星除外の恨みを晴らすべく頑張ったけどタイタンに勝利を攫われました。早めにリーチまで行ったんだけどなあ
金星人のお姉ちゃんにはちょっと捕獲されてみたい(ボックスアート参照)。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ