◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2011/3/20

ライナー・クニツィアの革命万歳カードゲーム:ネズミがいないなら骨を齧ればいいじゃない  遊戯

クリックすると元のサイズで表示しますタイトル長っ!
今回はお初! ボクがゲームを紹介します!
クリックすると元のサイズで表示しますおおー、エシャ君もゲームやるんだ。でもいったい誰と遊んでるの?
友達、友達とですよ。
クリックすると元のサイズで表示しますImaginary?
さて、「もはや無冠じゃない」クニツィア博士のカードゲームのご紹介です!
クリックすると元のサイズで表示します……()こんど一緒に遊ぼうね。

ライナー・クニツィアの革命万歳カードゲーム』(以下『革命万歳』)はホビージャパンから日本語版が発売されたばかりのホットなカードゲームです。旧態依然として腐敗した犬どもの王党派を、自由を求める誇り高い猫たち革命派が打倒して民主政権を樹立するという素晴らしいテーマです。3〜5人用。
クリックすると元のサイズで表示します待て、凄まじいバイアスがかかってる気がするんだが。
一応ゲーム的な勝敗は王党派と革命派のどちらにうまく肩入れできたかで決まりますけど、プレイヤー個人の心情としてどちらを贔屓にしても構わないでしょう?
クリックすると元のサイズで表示しますでもそれじゃあ「エシャ君は革命派を勝たせようとしてる」ってまわりにバレるんじゃないの?
あ、その辺は心に棚を作っているから全然大丈夫です。
クリックすると元のサイズで表示します……(恐ろしい子っ!)

クリックすると元のサイズで表示します
【カードはエンボス加工されておりまする】

『革命万歳』にはクニツィア博士お得意のジレンマが2段階仕込まれてます。手札として配られた11枚のカードから各プレイヤーが1枚ずつ出し、王党派と革命派のどちらが勝ったかを決めるんですが、数字の大きいカードを出したほうが陣営が勝つ可能性が上がる一方で、「勝った陣営の中で数字の小さいカードを出したプレイヤーが1得点する」というのがジレンマのひとつです。ついでに、この得点するカードを決めるとき(場に出たすべてのカードの中で)バッティングした数字は無効というルールもあります。
クリックすると元のサイズで表示します数字の大小で単純な優劣はないわけだ。もうひとつのジレンマは?
このトリックテイクを続けて、先に4勝した側が最終的な勝利陣営となってゲーム終了です。このとき、「手札に残っている勝利陣営のカード1枚につき1得点」となって得点の多いプレイヤーの勝ちになります。勝つと思う陣営のカードは残しておきたいけれど、だからといって反対陣営のカードばかり出しているとそっちが勝ってしまうかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示しますその辺は他のプレイヤーが出したカードや場の流れを睨みながら臨機応変ってことだね。
このゲームには、カードを一斉に裏向きで出す「ロシア革命ルール」と、1枚ずつ出していく「フランス革命ルール」があって、かなり違う感じになると思います。ボクはロシア革命しかやってないので明言は避けますが。
クリックすると元のサイズで表示しますじゃあそろそろまとめてもらおうか。
混迷の時代を生き抜くために、情勢を見抜く目を養うために、ぜひこのゲームで日和見の極意を習得しましょう。革命大好きな世代のおじさんにもお勧めです。
クリックすると元のサイズで表示します言ってることが滅茶苦茶すぎるわ! ていうかシステム的なところにも言及してくれ、一応。
はーい。ルールはかなり簡単な部類で、お手軽にクニツィア・ジレンマが体験できます。テーマは生々しいですけどイラストは可愛らしくてお子様にも安心。特に赤いカードのイラストは見ているだけで心踊りますよ。
クリックすると元のサイズで表示しますだからポジショントークはやめろって
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ