◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2011/10/23

封建領主の黄昏:その1  遊戯

クリックすると元のサイズで表示しますエッセン! エッセン!
今年も新作ボドゲの季節がやってまいりました。
クリックすると元のサイズで表示します諸般の事情で抑え気味だったボドゲ熱もさすがに再燃しつつあります。
注目の新作はありますか?
クリックすると元のサイズで表示しますいきなり新作じゃないけど、まず購入予定なのは『プエルトリコ:10周年記念版』だね。10年前にかなり熱中していた思い出のゲームなので、これを機にまたプレイしたいものだ。それから『MIL(1049)』かな。
どんなゲームですか?
クリックすると元のサイズで表示します中世の封建領主になって領地を経営し、子孫に受け継いでいくゲーム。すごく『ペンドラゴン』ライクでヤバい。あと日本語版が出るローゼンベルグの『祈り、働け』と、同じくルックアウトゲームズの『封建領主』に注目してる。
中世ヨーロッパの経営モノばっかじゃないですか!
クリックすると元のサイズで表示しますそういえばそうだな。『祈り〜』は『ルアーブル』の発展版と聞けば是非遊びたいし、『封建領主』はサイコロで座標指定するシステムが琴線に触れるんだ。
『封建領主』はドイツ語ルールしか公開されてませんね。Z-manから英語版が出るんですね。
クリックすると元のサイズで表示しますそう、入手するなら英語版がいいと思うけど、ドイツ語版に突撃しかねない気持ちではある。で、BGGのフォーラムに英語でルールを要約してくれた人がいたので、ざっと訳してみました。
まずはルール部分のみです。「続きを読む」からどうぞ。

セットアップ:
各プレイヤーは1本の川といくつかの山を含むボード(領地)を受け取る。そのボードの上部に4枚の要塞タイルを置く。加えて、城タイル(4×4マス分)と森タイル1枚を受け取る。この2枚をボード上の任意の場所に配置する。城を川の上に置くことはできない。山の上に城を配置した場合はボーナス資源を得られる(普通の山なら鉄1個、双子山なら鉄2個)。森タイルはどこに置いてもよい。

その後、各プレイヤーはすべての資源(食料、木材、石、鉄、金)を3個ずつ受け取る。

要塞の1枚(塔)を城の上に配置する。サイコロで指定されたとき防御とVPを生む。

各プレイヤーは人物コマを2個受け取り、1個をVPトラックに置く。もう1個はサイコロで指定されたマスを示すのに用いる。

残った王国タイルは袋に入れて「シャッフル」する。スタートプレイヤーは袋からランダムにタイルを引く。枚数はプレイヤー人数による(2人なら5枚など)。 これらのタイルはVPトラックボードの下部に並べる。このとき、VPシンボルの描かれたタイルは袋に戻して引き直す。そののち、スタートプレイヤーから『カタン』方式のドラフトでタイルを2枚ずつ獲得する(2人なら1-2-2-1の順)。獲得したタイルを無料で自分のボードに配置する。

イベントカードをシャッフルする。

スタートプレイヤーはスタートカードとサイコロを受け取る。

勝利条件:
2〜3人:14VP
4〜5人:13VP
6人:12VP


ゲームプレイ:
スタートカードを持つプレイヤーが6フェイズを行う。

1:サイコロを振り、全プレイヤーが収入を得る
2:イベントカードを引いて解決する
3:全プレイヤーはタイルを1枚購入してもよい
4:バロンアクション(後述)
5:労働者に食料を供給する
6:スタートカードとサイコロを左隣のプレイヤーに渡し、勝利状況を確認する

用語解説:
隣接:周囲8マスを示す
交易:同じ種類の資源4個を任意の資源と交換できる。行商人タイルは3:1交換を可能にする。

第1フェイズ:サイコロを振る
出目によって「アクションの中心」が決まる。各プレイヤーは出目で指定されたマスに人物コマを置く。そのマスおよび隣接する8マスが「アクションエリア」となる。各プレイヤーはアクションエリア内のタイルから1枚を選んでそのボーナスを得る。このボーナスはたいていVPか資源だが、要塞タイルの場合はVPか資源のどちらかを選ぶ。サイコロがゾロ目だったら、このフェイズを繰り返す(何度でも)。

第2フェイズ:イベントカード
第1ターンはこのフェイズを飛ばす。イベントカードを1枚引いて解決する。その内容が全プレイヤーに影響することもあれば、行動プレイヤーしか影響を受けないこともある。カードの内容は後述する。

第3フェイズ:王国タイル購入
袋からランダムにタイルを引いてVPトラックボードの下部に並べる。タイルの数はプレイヤー人数の2倍となる。各プレイヤーは順番にタイルを1枚買うことができる。セットアップ時とは異なり、タイルのコストを払わねばならない。山に配置せねばならない「鉱山」や、川に置くと食料増産となるような特殊な条件を持つタイルもある。
王国タイルの代わりに自分のボード上部に置いた要塞タイルを買ってもよい。
全員が買うかパスするかしたのち、買われなかったタイルをすべて取り除く(袋に戻さない)。

第4フェイズ:バロンアクション
行動プレイヤーはバロンアクションを2回行う。最初のアクションとして、自分の王国タイルの1枚を起動して資源を得る。このときVPを得ることはできない!

2回目のアクションでは同じ事をするか(同じタイルでもよい)、以下から1つを選ぶ。
・王(女王)との秘め事
サイコロを2個振って出目を合計し、2〜4なら捕らえられて1VPを失う。9以上なら1VPを得る。

・妨害工作
1D8金のコストがかかる(払えないならアクションは終了)。コストを払ったら、他のプレイヤー1人のタイル1枚を破壊するために工作員を送り込む。両プレイヤーは2個のサイコロを振る。攻撃プレイヤーがより高い目を出せば破壊は成功する。引き分け以下なら防御プレイヤーが攻撃プレイヤーから1VPを奪う。攻撃プレイヤーがVPを持っていなければこのアクションは選べない。

・攻撃!
他のプレイヤー1人か、中立州であるサンタパラヴィアまたはフィウマッチオのうち1つを攻撃する。サンタパラヴィアの防御力は14、フィウマッチオは19である。プレイヤーの防御力は要塞と軍事ユニットの合計値となる。攻撃プレイヤーは2個のサイコロの出目と軍事力で防御力を打ち負かさねばならない。攻撃力と防御力の差によって資源を獲得できる。4以上上回ったら追加で1VPを奪うことができる。

攻撃側のマイナス点:
攻撃に参加したユニットにつき1個のサイコロを振り、偶数なら生き残るが奇数なら死亡する。「僧侶」のような「治癒」能力を持っていればユニットの死亡を防ぐことができる。防御側は被害を受けない。

第5フェイズ:供給(行動プレイヤーのみ)
自分の領地にあるタイル5枚ごとに食料1個を消費する必要がある。食料が足りなければ供給可能な数までタイルを減らさねばならない! 城以外のタイルはすべて(要塞と兵士も含めて)数える。「穀倉」は供給数を倍にする(1枚あれば10タイルごとに食料1個、2枚で20タイルごと)。

第6フェイズ:ターン終了
行動プレイヤーはサイコロとスタートカードを左隣に渡す。
また、勝利条件を満たしているかどうかをチェックする。同点の場合、最も要塞化したプレイヤーが勝利し、それも同点なら軍事力の高いほうが勝つ。それも同点ならば引き分け。


面白そうですが、アクションがサイコロの出目次第だったり直接攻撃があったりで危険な臭いもしますね。
クリックすると元のサイズで表示しますそこも含めて惹かれるものがあるのよねえ。タイル構成やイベントカードの内容についてはのちほど。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ