◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2011/12/23

俗語論:ルネサンスの徒花  遊戯

クリックすると元のサイズで表示します相変わらずの更新速度で申し訳ございませんが、激動の2011年もあとわずかということで、まだ書いてないゲームの感想など出来る限り上げていきたい所存です。
こんにちは。TGWのサイト史に取り上げられない休眠過疎ブログのマスコット、エシャです。今年も我慢強くご訪問いただきありがとうございました。恐縮ですが来年もよろしくお願いします。
クリックすると元のサイズで表示します毒がキツいよ、毒が! まあそのくらいの立場のほうが気が楽さね。ホントに皆様ありがとうございます。というわけで、今年遊んだボードゲームの中で『豚小屋』と『イノベーション』に次ぐ思い入れと労力を注ぎ込んだといえる『俗語論』の感想など。


俗語論[2-5人:120分:Z-Man Games]

クリックすると元のサイズで表示しますデザイナーのマリオ・パピーニ氏は『シエナ』が有名かな。私は遊んだことないんだが、ローマのゲームショップ「strategia e tattica」を訪れたときに店のお兄さんにお勧めされた思い出がある。
やっぱりイタリアものを勧めるんですね。
クリックすると元のサイズで表示しますそりゃそうだろ。日本のゲームショップに外国人が来たら戦国ものとか国産ゲーム勧めるだろうし。そんな感じでほとんど注目してなかったデザイナーなんだけど、『俗語論』はテーマとデザインに当てられて即購入を決めた。しかし公称プレイ時間が120分だし、ルールやプレイがごちゃごちゃしてそうだし、遊ぶ機会はほぼないかと覚悟はしてたな。自宅ゲーム会で5人プレイすることができたのは幸いだった。
『俗語論』はフィレンツェの詩人ダンテの著作のことですね。『神曲』のほうが有名ですけど。ゲームにもダンテが出てくるんですか?
クリックすると元のサイズで表示します直接は出てこない。が、プレイヤーたちはダンテになったつもりでイタリアの俗語を収集研究することもできる。
「も」できるってことは、他の道もあるんですね。
クリックすると元のサイズで表示しますそこがこのゲームの面白いポイントでね。各プレイヤーは自分のキャリアパスを計画しなきゃならない。最初は全員が商人なんだが、早々に出家して研究に精を出すもよし、商人のまま金やコネを貯めて終盤に地位を上げてもよし、なんとなれば教皇の座を狙うこともできる。当然ながら他のプレイヤーの動向を睨みながらやるはずなんだが、初プレイということでみんな我が道を行ったなあ。
具体的には?
クリックすると元のサイズで表示します私はすぐに出家して会士になり、ひたすら知識を上げてイタリア各地で写本を集めまくった。最終的には知識トラックが振りきれて1冊しかない8VPの写本をゲット。2人は商人のまま金とキューブ(最終的に選挙の票になったりする)を集めつつ、枢機卿から教皇になるのを目指した。残りの2人は早めに枢機卿まで昇進しながら各種アクションでVPを獲得する準備をしてた。
で、誰が勝ったんですか?
クリックすると元のサイズで表示します俗語を極めた私でも、最終的に教皇に登りつめたY原君でもなく、商人で稼ぎつつ適度に写本もキューブも集めていたM元が勝った。意外とバランスが大事なのかもしれん。

クリックすると元のサイズで表示します
【クラマートラックと見せかけて知識トラック】

システムとしては見るところありますか? 聞いている限りあんまり洗練されてるようには思えませんけど。
クリックすると元のサイズで表示しますアクションポイントを移動や知識・資金獲得や様々なトラックにつぎ込むシステムなんで、特に目新しいことはない。取れる選択肢が10以上あって最初は何をしていいかわからないし、全体にプレイ時間が長いのも今のご時世じゃマイナスかな。中盤以降になると自分の戦略も固まってきて行動の幅は減り、終盤になるとAPの使い道がなくなる場面もあってプレイ時間は凝縮されるね。
プレイヤー間の絡みはどんな具合です?
クリックすると元のサイズで表示しますいろいろある。商人は出家したプレイヤーに毎ターン寄進しなきゃならないとか、各種トラックは基本的に競争だとか、数が限られたキューブの取り合いだとか、各地に散らばるイベントや各種写本は早い者勝ちだとか。会士と枢機卿にレベルアップするときはキャラクターの特殊能力を先着順で選べるとか、教皇になれるのは1人きりってのもあるな。まあ、なんのかんのとルール多めのゲームですわ。
それでリファレンスを自作したんですね。BGGにアップされてたのをパクったやつ。
クリックすると元のサイズで表示しますこらこら人聞きの悪い。↓これね。

自作リファレンス

クリックすると元のサイズで表示します誠にすみませんが訂正があります。1枚目「ターン前半の処理:2.キューブ」に「現ターンの空きスペースに移す」とあるのは基本的に誤りで、正しくは「一番近い空きのあるターンのスペースに移す」です。7ターン目まではキューブが埋まっているので8ターン以降のスペースを埋めていくことになります。
改訂版をアップするってのが筋では?
クリックすると元のサイズで表示しますそうしたいところだがね。なかなかね。とりあえずは修正して使ってみてください。いろいろ言いましたが不思議と悪くない遊び口のゲームです。テーマがお好きならぜひ遊んでみて欲しく。
通好みすなあ。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ