2006/8/24

かき氷  太郎

クリックすると元のサイズで表示します
暑さに喘いでいたら、父がかき氷を作って持って来てくれた
ミルクメロン味。
そして、どうしても太郎の話題になると食べ物が多くなってしまう
最初は2羽で不思議そうに見ていたが、冷たい冷気に首を振って千はさっさと遊びに戻っていった。
太郎はどうしても気になるらしく、側から離れないで器とスプーンが消える口元を交互に観察。
そしてとうとう嘴が出てしまったが、冷たいから慌てて首を振っていた

クリックすると元のサイズで表示します
これで諦めると思って、下に降ろしたがこれが全然諦めていない
見る!見る!と大騒ぎしてよじ登ってきてず〜っと観察され続けるのはちょっと苦痛です。
結局最後まで観察しつづけ、空になった器から離れませんでした
仕方ないので、粟穂を少しあげてしまった。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ