2007/10/24

平成19年第3回定例会一般質問・その1について  一般質問

 今回の一般質問の1項目目は「屋外スポーツ施設の整備・充実について」。座間市民球場と新田宿グラウンド本球場の観戦スタンドについて、そして同じく両球場のトイレ施設について、それぞれの現状を訴え、整備、改善を求めたものです。市長、当局からいただいた1回目の答弁の概要は以下のとおりでした。
1.市民球場の観戦スタンドについて
 昭和57年に1塁側4段45人、3塁側6段89人の仕様で、消防法及び火災予防条例に基 づき椅子の背の間隔、座席幅、座数など、駐車場を除いた空間スペースに設置した。 今後の改修、整備については、スペースあるいは駐車場の確保といったことから難しい状況であると考える。(教育部長)
2.新田宿グラウンド本球場の観戦スタンドについて
 東側が市道23号線、南側が市道新田宿47号線との狭隘なところに位置していて、現状のスペースでの設置は不可能であると考える。(教育部長)
3.市民球場のトイレについて
 トイレに関しても限られたスペースの中で施設づくりをしてきた。現在施設内の改修計画は持ち合わせていないので、大会使用時には相模中学校の校庭わきにある屋外水洗トイレを利用できるように働きかけをして施設運営に努めてまいりたい。(教育部長)
4.新田宿グラウンド本球場のトイレについて
 この地域は下水道の未整備もあって現在の施設対応になっている。施設管理については清掃業務の実施を中心として、水の補給など衛生管理に努めている。夏場の臭気については、よく調査をし、例えば脱臭剤の導入、あるいは芳香剤などを設置するなどして脱臭対策をしてまいりたい。(教育部長)

以上の答弁を受け、当然再質問をしました。再質問、それに対する再答弁の概要は以下のとおりです。
1.市民球場の観戦スタンドについて
 *今後積極的に考えていただきたい。(要望)
2.新田宿グラウンド本球場の観戦スタンドについて
 *今の現状で何か工夫はできないか。(再質)
 *設置した後の事故とか、安全性の問題も当然加味しなければならないので、今言えることは非常に危険性があってスペース的にも、あらゆる関係、物理的にも難しいと判断している。(市長)
3.市民球場のトイレについて
 *最近、世間ではのぞきや盗撮などの犯罪が多くなっている。ここはそのような犯罪が起こりうる危険性のあるスペースになっている。もし、そういう犯罪が公共施設、市が管理しているものの中で起きたらどうするのか。そういうような施設のままでいいのか。(再質)
 *担当としては今の現状ではなかなか難しい、考え方は持ち得てないと。よくまた意見を聞いてみたいと思う。(市長)
4.新田宿グラウンド本球場のトイレについて
 *熱い盛りの中、芳香剤で臭いが消えるわけがない。他市から来られた方が、トイレ内に並んでいるペットボトルを手にとって水を流す、「座間市はどうなっているの?」と思う方がいらっしゃると思う。苦情が耳に入れば、議員としても本当に悲しくなる。浄化槽式の水洗トイレなら不可能でないはず、予算的な問題があるならせめて簡易水洗式トイレの設置を強く訴える!(再質)
 *確かに限られた条件の中、環境の中で設置をしている状況で、当然あそこは調整区域だから下水道が引けない環境である。簡易水洗トイレ的な要素の検討をとも話しがあったが、部長は調査をしてという答弁をしたと思うが、調査をしてからまた私も相談を受けたいと思っている。(市長)

さらに再々質問のやりとりは
2.新田宿グラウンド本球場の観戦スタンドについて
 *今すぐ工夫と言ってもなかなか出てこないだろうから、また質問の機会をつくりたいと思うのでご検討をいただきたい。(要望)
3.4.両球場のトイレについて
 *市長も当局の方も調査、研究をしていただけるとのことだが、本当に一緒に調査にいきましょう。調査するまでもないが、実際にトイレを使ってみてどういう状況なのか認識してほしい。(再質)
 *もう調査するまでもないということだが、担当として調査をすると答えている。私もやらないと言っていないから、調査したものを踏まえて協議をすると言っているのだから、そのまま理解して欲しい。それで協議をして必要ならば措置をするという考え方でいる。(市長)

以上、今回の1項目目の「屋外スポーツ施設の整備・充実について」の答弁、再質などの概要であります。

クリックすると元のサイズで表示します

市民球場のトイレ。奥の和式トイレの仕切りが高くなっているのがわかりますか?でも、この環境じゃあ女性は入り難いですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
 これが新田宿グラウンド本球場のトイレ。“セルフ水洗”用?のペットボトルが並んでいます。この環境で、おまけに臭いがキツイので皆さんが敬遠するわけです。


0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ