2012/6/13

まさにドラマ  野球

 先日の日曜日、 市学童軟式野球夏季大会の決勝戦、3位決定戦の2試合が栗原遊水地スポーツ広場で行われ、準決勝でイエロースネークスに敗れた我が座間パイレーツは、座間ワールドベアーズとの3位決定戦に臨み、最終回逆転サヨナラの4対3で勝ち、春季大会に続き3位という結果となりました。最終回の逆転サヨナラ、まるで映画か漫画の世界のような、そこにはまさにドラマがありました。 ̄ー ̄
 時間切れで最終回となる相手の表の攻撃で2点を奪われ、1対3と2点ビハインドでむかえた最後の攻撃、先頭打者が右中間を破る3塁打で出塁、1人倒れて続く打者が四球を選びすぐさま2盗、走者2、3塁から次に逆転3ランかと思わせるセンターオーバーの2塁打が飛び出しまずは3対3の同点。これだけでも十分なドラマ  ̄ー ̄。1死走者2塁から次打者もしぶとくセンター前に打ち返し1、3塁、そこで代打が登場し・・・。^v ゜
 代打でバッターボックスに立った選手は控えに回っている6年生で、最近の大会ではなかなか出場機会がありませんでしたが、たとえ控えであろうと黙々と練習に励み、試合では進んでランナーコーチや裏方の仕事に徹し、それでも試合に出ている5年生にも優しく接することができる子どもでした。
 代打の彼の放った鋭い打球が外野まで運ばれた瞬間、もう、それは鳥肌もので、ベンチからは「やったー!」との声とともに誰もが グー ガッツポーズで喜びを表し、特に6年生が塁上から戻る彼に駆け寄って行く姿はまさにドラマでありました。その光景を見て、応援の保護者の中には涙ぐんでいる人さえいました。
 試合後、興奮もおさまって監督が子どもたちに話していたことは、もちろん代打で逆転サヨナラヒットを打った選手を讃えたうえで、その逆転の瞬間まで、先にバッターボックスに立った選手も次に次へと繋いだこと、そしてベンチの選手も含めて逆転を信じて最後まであきらめなかったことがこの感動を呼ぶ勝利を導いたと・・・。
 先日も使ったばっかりのセリフですが、やっぱり野球っていいですねぇ〜。スポーツっていいですねぇ〜。 
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ