2012/11/5

ふるさとまつりと中仙会  活動報告

 昨日4日はちょっとひんやりした朝でしたが、雲一つない最高の天気に恵まれ、第27回座間市民ふるさとまつりが座間中学校の会場を中心に開催されました。
 座間少女マーチングバンドの演奏をオープニングに、9時頃から開会式が始まり、開会式終了後、座間中会場をとりあえずひと回りしてから、とてつもなく良い匂いに誘われてまずはシュハスコを1串。もうひと回りしておそばを1杯。お腹も満たされて、大仙、須賀川それぞれの特産品をおみやげに買って次はふれあい広場の会場へ。
 ふれあい広場は議長と2人で回り、消防団OB会のブースが、復興支援の一助となる宮城県女川町の名産品などを地元の方々と販売しており、私はさんまのみりん干しと剣道の竹刀で作ったという孫の手を、議長は箱詰めのさしみ蒲鉾を買って、最後は商工会青年部が販売する名物アーミードッグを買ってふれあい広場を後にしました。唯一ふるさとまつりの欠点は、ブースで売られる食べ物が、どれもこれもが美味しそうで、どれもこれもが食べたくて・・・。
 さて夜は、昨夜に続いて大仙の皆さんとの交流会。「ドンパンふるさと中仙会」という会を中心とした集まりに、大先輩である浜野修司元座間市議よりお声をかけていただき、いろいろな種類の秋田の美味しい日本酒を飲みながら皆で大いに盛り上がりました。
 ちなみに大仙市は、平成17年3月に大曲市と神岡町、西仙北町、協和町、南外村、仙北町、太田町、そして中仙町の仙北郡7町村が合併して誕生し、座間市と旧中仙町は1998年5月に災害時における相互応援に関する協定を締結し、その切っ掛けとなったのは座間市在住の当時の「ふるさと中仙会」の役員である戸嶋良盛氏と今回お声をかけていただいた浜野修司氏ということでした。もう20年以上の歴史を持つ素晴らしい人の繋がりです。
4



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ