2007/11/30

平成19年座間市議会第4回定例会第2日  議会

 今日は第4回定例会の2日目でした。
昨日の採決の後、すでに市長からの市政近況、各議案の提案説明は終了していましたので、朝から各党、各会派の総括質疑に入り、共産党の柏木議員、自民党明政会の安斉議員、市民連合の竹市議員、公明党の木村議員が登壇をしました。私たちは政和会からは、4番目に会派を代表して佐藤議員が壇上にあがりました。
 総括質疑終了後、自民党明政会、市政クラブ、公明党、そして私たち政和会、以上4会派の議員18名が提出者となっている議員提出議案「座間市議会議員定数条例の一部を改正する条例」の提案説明を18人を代表して政和会の山本議員がおこない、共産党の中澤議員、市民連合の竹市議員の質疑を受けました。この議員提出議案の内容は、現在の議員定数26名を24名に減らそうというもので、今日の提案説明、質疑をスタートとして、これからは議案付託された議会運営委員会に舞台移し賛否両論、白熱した議論が展開されるものと思います。市民の皆さん方は、本会議だけでなく、もちろん委員会の傍聴もできますので、お時間がありましたらぜひ足を運んでいただけたらと思います。
 後日、この「議員定数削減」については機会を見て書き込みをいたします。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ