2007/8/5

過去の一般質問から・その3の2について  一般質問

 まず、再度この時期に指定校変更の件について質問したのは、3月ということから、小学6年生の進路もほぼ決定したと思われる中で、4月から市内中学校へ入学する生徒及びその保護者から中学校の部活動に関する相談あるいは問い合わせがあったかどうかということを確認したいということからでした。
 当局のお答えは、その時現在では、教育委員会へ、そのような相談あるいは問い合わせというようなことは入っていないということで、部活動の教育的効果が大きいことを踏まえた上で、各学校において生徒の希望を取り入れ、できる限りの部の開設に努めてきているとして、昨年9月の質問時と変わらず現時点では部活動による指定校の変更を認めるといった考えには至っていないということでした。
 次の部活指導協力者の人選については、専門的な技術を有すること、学校の教育活動の一環として展開されているので、学校の教育方針、顧問の指導方針や指導計画についての理解、中学生に対し適切な指導ができる人が最適であると考え、学校から適任者を推薦し教育委員会が決定しているとのことでありました。
 中学校部活動はクラブチーム、団体とは違い、あくまで中学校教育の一環であるので、人選に関しての答弁内容は当たり前でしょうが、上記の「学校→教育委員会」の決定図式だけではなく、「地域推薦→教育委員会決定・紹介→学校」のような図式も、ここ近年、特に地域との結びつきに重きを置くようになった学校現場にとって考えうることだと思います。これについては、この日2回目、3回目の再質問で提言しましたが、私自信、更なる情報収集、勉強が必要であると感じました。
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ