2007/8/25

総合防災訓練  活動報告

 朝の9時より、相模が丘小学校で総合防災訓練が行われ見学をしてまいりました。これは、毎年9月1日の防災の日を前に、今年は相模が丘、相武台、広野台の各自治会の方々を中心に参加をいただいて訓練が行われました。昨年は、確か入谷小学校で、座間、入谷、新田宿、四ッ谷地区が対象だったと思います。過去に参加いただいた方はご記憶にあるかと思いますが、行政、自治会、消防、警察、自衛隊、災害協定を結ぶ各種団体などが一体となって、かなり大がかり防災訓練になっています。
 訓練項目は「情報収集及び広報訓練」から始まり、「避難誘導訓練」、「避難所開設運営訓練」、「炊き出し訓練」、「救助・救出訓練」、「救急手当訓練」など20項目以上にわたります。あくまで『訓練』ですから、すべてが臨場感あふれ緊張したなかでとはいきませんが、どの訓練も『体験』しておくことが重要であり、万が一の時には必ずその『体験』が活かされることと思います。
 1つの例を申し上げますと、備蓄食糧(アルファ米)を利用した「炊き出し訓練」で出される鶏五目ごはん。作ることも訓練でしょうが、実際に口にしておくことも訓練の1つだと思います。実はこの鶏五目ごはんがなかなか美味しいんです。薄味ながらしっかりとした味付けで、お年寄り、小さな子どもさんでも、1度口にしておけば、実際に食べることになってもまず抵抗はないはずです。我が家では2年前の防災訓練の時に、私が余った分を譲り受け、家族全員に食べさせて『体験』をさせてあります。
 1年に1回ですが、今後皆さまのお住まいの地域対象で総合防災訓練がありましたら、ぜひ参加していただくことをお勧めしますし、また地域ごとの自主防災組織の訓練などにも積極的にご参加いただきますようお願いいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
炊き出し訓練の様子



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ