2007/9/16

“憎き石ころ”が・・・。  プライベート

 う〜ん、腰が痛い。昨夜の夕飯時ぐらいから気になり出しました。
 「今日、西中の体育祭で大縄跳びをやったから、この前痛めたのがぶり返したのかな?」
などと女房と話していたのが9時頃でした。
 しかし夜11時頃になるとその痛みは激しくなり、とにかく寝てしまおうと床に就きましたが、上を向いても、横を向いても、うつ伏せになっても痛くて寝れません。この痛みは、先日痛めたせいのものではないと気付き始めた午前0時頃、恐る恐るトイレへ。ガーン!不安は的中、ウーロン茶のような尿が出てしまいました。これ血尿なんです。“憎き石ころ”が活動を始めたに違いありません。
 実は私、過去、30代に腎臓結石で2回入院したことがあり、2回づつ計4回の結石破砕手術を受けているんです。その後も2度ほど症状が出ましたが、薬で落としたりして入院まではいかなかったんですが、医者からは、体質から来るもので、結石とは一生付き合うようかもしれないと言われていました。
 午前2時頃、もう痛みに耐えられません、ギブアップです。女房を起こして、まずは入院をしたことのある病院に電話。残念ながら土、日ということで専門医がいないとのこと。それでは仕方ないと、次に夜間救急の当番医に電話。しかし、当番医には重症患者が運ばれているということで、少し自宅待機してほしいとのこと。2度ほど電話でやり取りした後、結局、重症患者から目が離せなく診察できないということで、3時過ぎにはその病院から3つの病院を紹介してもらう。が、紹介してもらった病院でも、病状から診察することはできても、その場での検査や投薬はできなとのこと。もー最悪です。
 最後の手段、救急車を要請したほうがいいとの女房の意見でしたが、ほんの気持ち痛みのピークが過ぎたと感じ、ふと冷静になり、
「そんな簡単に救急車呼んじゃあいけないんだよ。だってなんとか歩けそうだし。消防署に電話して相談してみよう。」
そこで消防署に電話。症状を話し、どこか診てもらえる病院を探してほしいと依頼。確か10数分で折り返し電話をもらい、大和と厚木の夜間救急当番医が受入れOKとのこと。厚木を選び、事前に消防署から連絡をしてくれるということで女房の運転で厚木の病院に向かう。これが4時過ぎていたでしょうか。
 病院では、採尿、超音波、レントゲンの各検査をしていただきましたが、結果は予想通りの最悪のものでした。右の腎臓がかなり腫れていて、右の腎臓に1cmほどの結石、左にも小さいが結石ありとの診断で、薬とかで溶かすのはまず無理とのことです。3日分の痛み止めなどの薬をもらって家に戻ったのは6時過ぎていたかなぁ?あまりよく覚えていないんです。(以上、2時からのことは激しい痛みのためにうろ覚えで、多少のやり取りの違い、時間的誤差があるかもしれません)
 入院したことのある病院、当日の座間の夜間救急当番医、紹介された3つの病院、それぞれご配慮いただいた応対をしてくださいました。皆さんありがとうございました。
そして、もちろん受け入れ先を探していただいた座間の消防署員さん、診察、検査をしていただいた厚木の病院(東名の厚木インターの近くです)の先生、看護士さん、本当に心から感謝をしております。
 火曜日の休み明けには、とにかく入院したことのある病院に行って、あらためてしっかりと検査をすることとします。大丈夫、不死身の韋駄天です!
0

2007/9/15

体育祭 昔は韋駄天?  活動報告

 午後から、ご案内をいただいていた座間西中の体育祭に行きました。長男が中1にいますので、朝から行ってもおかしくないのですが、私用があったのとご本人の意見(「走りは苦手なんで出番のない午後から来てくれ!」「そんなことわかっとるわい!」)を尊重して、午後の応援合戦から見させてもらいました。
 応援合戦はなかなか感動します。学年の枠を超えて6つの色に分かれて、各色2分30秒の持ち時間で、ダンス、小芝居、歌などを織り交ぜて応援を繰り広げます。あの一体感が素晴らしく、発表が終わった後に抱き合う生徒を見ていると、「まさに青春!」といった感じで、おじさんも遠い昔を思い出し鳥肌がたってしまいます。ただ、私の時代は、このような形の応援合戦はなかったような気がします。多分・・・。
 西中体育祭での思い出は中3の時のリレー。色別対抗か学年別対抗か忘れましたが、とにかくリレーに出場して二人を抜いたことです。当時は校内で1番、2番とはいきませんが、そこは野球部、なかなかの「韋駄天 」ぶりだったんです。ちなみに抜いた二人とも、私と競っている時に転んじゃったんですけど
 話しは変わり、PTA種目の「大縄跳び」に、去年に続き参加をしました。痛めていた腰も、若さ?でほぼ完治しており、生徒なんぞに負けてたまるかと、チームを組んだ保護者の皆さんと気合いを入れて臨みましたが・・・。「せーの、1!2!ありゃ〜。」「みんなで声を合わせて、せーの、1!ありゃ〜。」結局入れた気合いは空回り、記録はなんとたった2回。8チーム中もちろん最下位でしたが、大騒ぎ、大笑いをしての数分間、とても楽しかったです。


クリックすると元のサイズで表示します

応援合戦1 女子生徒が団長、かっこいい!


クリックすると元のサイズで表示します

応援合戦2 仮装のレベルも毎年アップ!
0

2007/9/13

建設水道常任委員会  議会

 私が委員長を務める座間市議会建設水道常任委員会が、朝9時より委員会室で開催されました。建設水道常任委員会は、都市部と上下水道部が所管する事項を審査し、今定例会では8件の議案を審査いたしました。
 建設水道常任委員会では、特に毎年この第3回定例会(9月議会)に座間市水道事業会計決算の認定があり、3月の予算、11月の決算に続いてボリュームのある審査内容となります。水道事業会計決算の認定についての質疑は、先日の総括質疑と同じく、給水原価が供給単価を上回る逆ザヤ現象について、県水受水について、地域水道ビジョンの策定について、監査委員の指摘事項についてを中心として、18年度の決算報告が厳しく審査されました。
 委員会での質疑内容は、総括質疑と重複する部分が多くあるのですが、議場で登壇しての総括質疑(発言制限時間60分、登壇3回まで)と違い制限がありませんので、しかも1問1答のように当局とやりとりができるので、委員はより詳しく、より深く質疑が
行えます。
 審査の結果、委員会審議では、水道事業会計決算は認定され、ほかの7件の議案もすべて可決され本会議に送られることとなりました。午後2時半頃、委員会は閉会され、1年間の委員会審議はすべて終了しました。残された委員長の役目は、委員会報告の作成と、議会最終日登壇しての委員長報告となります。
 委員長という大役を仰せつかり、学ぶことがたくさんあり、とてもいい経験となったことは言うまでもありません。キャリアのない分、先輩議員の皆様、また当局の方々にもご指導、ご協力をいただき、1年間、委員会を運営することができました。まだすべては終わっていませんが、心から感謝を申し上げる次第であります。
0

2007/9/12

安倍首相辞任  国政

 安倍首相が辞任をしました。それもこの時期に突然に・・・。テレビ、新聞の多くで報道されているのと同じように、ここでもあらためて“批判”したところで仕方ないでしょう。
 民主党の鳩山幹事長が、テレビのインタビューで
「トップバッターで入るはずだったのに、投手(党首)がマウンドにいなかった!」
と、今日行われるはずだった代表質問のことをコメントしていました。う〜ん、うまい!座布団3枚!変なところに感心してしまいました。
 そこで私も自作の『お話』を一筆。

 Aくんは、野球チームの監督で、しかも選手としてもピッチャーで4番、まさにチームの中心でした。
 今年の夏の大会、Aくんのチームは決勝戦まで進みましたが、Oくん率いるチームに大敗をきっして敗れました。Aくん自身も、3打数ノーヒット、投げては打たれに打たれて10失点。チーム創設以来の屈辱的な負け方でした。
 負けた試合後のミーティングでは、Aくんの采配を批判する選手、エースピッチャーとしての力に疑問を投げかけるチーム関係者もいましたが、Aくんは責任は認めるも、監督、エースの座を降りることはなく、次の秋の大会に全力を尽くすことを誓いました。そして、秋の大会の優勝を勝ち取るために、コーチを入れ替え、またレギュラー選手の一部も入れ替え、チーム規則もあらためて厳しくして「チーム改革」を図りました。
 さあ、いよいよ秋の大会が開幕。今日はAくんのチームの1回戦。2日前のミーティングでは、チームの監督として、Aくんも「必ず優勝!」と力強く宣言をし、選手たちの士気を高めました。しかし・・・。
 それは試合開始の数時間前のことでした。突然、Aくんが監督を辞める、レギュラーも外れると言いだしたのです。選手たちは何が何だか全く理解できません。理由を問い詰めると、自分が監督、レギュラーをやっていてもOくんのチームには勝てないからというものでした。「なぜ、試合前の今なんだ!」「辞めるんだったら、夏の大会に負けた時だったろう!」「コーチ、レギュラーをなんで入れ替えたんだ!」などの声が上がりましたがAくんの意思は固いものでした。
 これからこのAくんのチームはどうなるのでしょうか?新しい監督が就任するも、勢いのあるOくんのチームを始め、打倒Aくんチームを目指していた他のチームともどう対戦していくのでしょうか?チーム再生も大切ですが、今回のAくんのとった行動になによりもがっかりしたのは、今までAくんのチームを、そしてAくん自身を応援していた多くの人たちだと思います。                 終わり
 
0

2007/9/11

平成19年第3回定例会一般質問・その2  一般質問

 今回の2項目目は、「公園の再整備について」。
 まずは7月中旬に建設水道常任委員会で行政視察に行った福岡県大野城市の「公園再整備のすすめ事業」を紹介し市長の所見を伺いました。また、再整備ではありませんが、「公園再整備のすすめ事業」の手法を参考に、再検討の余地はあるのではないかという見地にたって、前回の定例会の一般質問で吉田議員さんが提案されていた「芝生の広場」について同調させていただくかたちで、これから着手を始める芹沢公園の3、4工区の件に触れました。現在市内に存在しない「少年サッカー場」については、再質問でその考えを伺いました。
 ちなみに一般質問のルールは、座間市議会の場合(各市議会によってそれぞれです)、3回までの登壇が許されていて発言時間は合計で60分以内ということになっています。
 昨日書き込んだとおり、実際とは多少違っていますが、質問内容の原文は「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
続きを読む
0

2007/9/10

平成19年第3回定例会一般質問・その1  一般質問

 午後1時20分、一般質問で登壇。腰の痛みは残っていましたが、「でも、そんなの関係ねぇ!」(今流行りの新人芸人のギャグです)と、気合を入れて市長、当局に質問をぶつけました。
 1項目目は「屋外スポーツ施設の整備・充実について」。座間市民球場と新田宿グラウンド本球場の観戦スタンドについて、そして今回はこちらがメインとなる両球場のトイレ施設について、それぞれの現状を訴え、整備、改善を求めました。
 実際、壇上ではしゃべり言葉になっていますので多少違っていますが、質問内容の原文は「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
続きを読む
0

2007/9/9

救急の日。私としたことが・・・  プライベート

 9月9日、今日は「救急の日」。
 朝、6時半に起きて、市秋季大会が行われている新田宿グラウンドと市民球場に顔出し。ついでに明日の一般質問を控えて、再度、両球場のトイレをチェック。9時前に家に戻り、午前中は一般質問の原稿の修正など再整理。
 午後2時頃からは気分転換と思い座間小に行き、パイレーツの練習に参加して子どもたちの指導。暴投した子どもの球を、いささか無理な体勢で取りにいきギックリ・・・。あれ?なんだぁ?こ、腰が・・・。ギックリ腰までとはいきませんが、間違いなく腰に違和感があると言うか、い、痛い
 夜、お風呂に入った後に湿布をしていますが痛みは治まらず、腰をかばいながらそ〜っとしか歩けまへん。私としたことが、明日は一般質問で登壇なのに本当の「救急の日」になってしまいました。
 
0

2007/9/7

台風9号上陸  出来事

 昨日から台風9号の影響で天気は大荒れ、結局、今日の午前2時頃、台風は小田原市付近に上陸し、県内各地に被害をもたらしました。
 通勤、通学時間帯には、市内はまだ暴風域圏内ではありましたが、台風通過後ということで、交通機関のダイヤの乱れは残ったものの落ち着きを取り戻し、議会の方も通常より30分遅れの9時30分より開会され、昨日に続き一般質問、5名の質問者が登壇をしました。
 開会が30分遅れたのは、開会前に各派代表者会議が開かれ、これまでの台風9号による市内の被害状況について説明があったからでした。報告によると市内での台風のピークとなった時間帯は、午前1時から2時の間で、1時間13mmの雨量、最大瞬間風速32.1mという記録であったそうです。数ヶ所で木が倒れるなどの被害はありましたが、何よりもケガをされた方などはなく、ホッと胸を撫で下ろすものでありました。
 私は、昨日の夕方と夜の2回、いわゆるパトロールのつもりで地元地域を車で回り、また今朝は、相模川がかなり増水しているとのことで、相模川多目的グラウンドが心配になり登庁前に様子を見に走りました。幸い、川の水の浸水はなく、Aグラウンドには雨水が溜まったものの、B、C、Dグラウンドには大きな影響がないようでした。
 今回の台風9号上陸に備え、約80人の職員の方々がほぼ徹夜の状態で役所に泊り込み、また多くの職員の方々が自宅待機という体制をとっていただきました。お疲れになられたことと思います。ありがとうございました。
 議会の方はというと、台風の影響だけではありませんがダイヤが少し乱れ?夜の8時頃までかかって一般質問5人しか進みませんでしたので、私の登壇は、どうやら10日月曜日の午後一あたりにズレ込みそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

7日午前8時頃の相模川グラウンド付近の様子。グラウンドのすぐ下まで“川”になっています


クリックすると元のサイズで表示します

7日午後12時頃。かなり水がひいて、いつもの川原が見えてきました
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ