2007/9/26

西中学校防災訓練  活動報告

 午後から西中学校の防災訓練を見学に行きました。普通、学校でよく行われるのは、校内で火災報知器が鳴り、校庭などに避難するといった一般的な避難訓練に留まります。しかし、西中で行われているのは、全校生徒による避難訓練の後に、「救助訓練、救援のお手伝い」を体験することにより、いざというときに救援のための行動が率先してとれるなど、地域の一員としての自覚を育てることを目的として、行政、消防署、地元消防団の協力のもと防火・防災訓練という形で、3年生による体験学習が実施されます。
 体験学習の内容は
@煙体験ハウス
A消防梯子車体験
B非常食の炊き出し体験
C簡易トイレの組み立て体験
D避難所への傷病者搬送体験
Eテント設営体験
F水消火器体験
の7項目です。臨場感を出して真剣にというのはちょっと多くを求めすぎで、どの生徒も楽しみながらの体験ですが、それで「十分良し」とするところです。何よりも経験することが大切で、このたった1回の経験が、もしもの時の大きな戦力になるかもしれないわけです。
 この防災訓練体験学習は、現在、市内では西中学校だけでしか行われていません。ご協力をいただいている行政、消防署、地元消防団の皆さんにはご苦労をかけることとなりますが、市内全中学校で開催されることを望みます。それだけ“価値ある授業”だということです。

クリックすると元のサイズで表示します

煙体験ハウス。煙がモクモクとすごいですが、この煙が摩訶不思議。バニラアイスのようなとっても甘〜い香りなんです。


クリックすると元のサイズで表示します

高所恐怖症の私には絶対無理!消防梯子車体験
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ