2007/10/7

歌う韋駄天!  地域活動

 昨日6日は、私の住んでいる座間河原宿地区の氏神さま天照皇大神宮のお祭り、そして今日は、座間中宿地区にある座間不動尊のお祭りでした。お祭り自体は、地域の人たちとお酒を酌み交わしたりしてとっても楽しいのですが・・・。
 実は二つのお祭りともりっぱな舞台が作られ、夜になると地域の人たちがカラオケを歌ったり、踊りを踊ったりする演芸大会が開かれます。そこで毎年、飛び入りで歌を1曲をとのご指名がかかるわけで、自慢じゃないですけど、子どもの頃の私の音楽の成績は5段階評価で「3」以外は取ったことがなく、つまり歌とか踊りとかは、はっきり言って得意じゃないんです。(歌については7/3、踊りについては8/4の記事で書き込んでいます)それに付け加え、なお自分的に厳しくなるのは、地元の出演者の皆さんたちの歌も踊りもうまいこと、うまいこと。本当に芸達者の人たちが多いことにはいつも驚かされます。
 さて今年はと言うと、毎年、前もって曲目を一応は役員さんに伝えておくのですが、今年は2ヶ所とも当日になってしまい、なおさら焦りに焦ってしまいましたが、天照皇大神宮のお祭りでは、数枚のレーザーディスクから選んだ千昌男の「北国の春」(カラオケで歌うのは初めて)、座間不動尊のお祭りでは2年前のデータが残っていると言うことで再チャレンジで新沼謙治の「嫁に来ないか」を熱唱?させていただきました。どちらのお祭りでも舞台から降りると、今年も「愛嬌があっていいや!」とか「議員はあんまりうまくない方がいいんだよ。」とか「声はよく出てたぞ」などと最高の慰めの言葉をいただきました。
 最後に本音を言いますと、上手い下手は別として、また皆さんの評価も別として、あのような舞台で歌うのは本人結構気持ちがいいもんで、快感を感じて歌っている自分に今年初めて気づいてしまいました!だからと言って、これからもいらぬ期待はしないでくださいね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ