2007/11/11

“花嫁の父”モード  プライベート

 夕方6時過ぎに仙台から戻りました。やっぱり体調はイマイチなんでしょう、正直疲れました。大学時代の仲間たちといましたから、なおさらテンションは上がりっぱなしで楽しくて、楽しくて・・・。その分、皆と別れると淋しさが疲れに変わるのかもしれません。
 もう、結婚式とかダメですね。“花嫁の父”モードになってしまって。新婦の「感謝の手紙」、あれは最悪です。まあ、確かに楽しくてめでたくて日本酒のヒヤをやや飲みすぎていましたが、もう自分の娘とダブってしまって目がウルウルを通り過ぎ、涙が頬をつたわってしまいます。
「伊田、ナニ泣いちゃってんの?」
「おまえなんかにわかんねぇよ!」
「まさか・・・。お姉ちゃん、まだ高校生だろ?早いでしょ?」
「うるさいよ!話しかけんじゃないよ、黙ってろよ!」
「マジに怒んなよぉ〜。」
だってさあ、明日でも結婚できる歳なんだぜ、もう。」
「・・・。」
「絶対、半端な男にはやらねぇぞ!」
「お、おい、落ち着けよ。」

*大学時代の同級生との会話にて乱暴な言葉使いをお許しください。また、この度結婚した友人は、りっぱな男でありまして、決して半端な男ではありません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ